チリから鮭が




サーモンと云えば北海道やアラスカのイメージが私達には強く感じられます。
所が今やサーモンと云えば、ノルウェー、チリ産のサーモンがスーパーに圧倒的に多く並んでいるのです。
ノルウェーは北半球の北緯60度から65度に対してチリの南端は南緯55度位です。
北でも南でも同じ様な緯度ならサーモンの養殖が出来るのです。
私がチリ産のサーモンと出会ったのは、今から数年前に東京の築地にあるY家の朝の定食を食べてから、N冷の本社を
訪問した時に、N冷の冷凍部長から、「朝食はどちらでとられました」と聞かれたので、「そこのY家の鮭定食ですよ」
と答えたら「チリ産のサーモンですね」とさらりと云われたのです。
「えっ、チリ産ですか」「最近、チリからサーモンが入って来ているのですよ」と冷凍部長が云っていたのが最初でした。

今チリ産のサーモンには、マラカイトグリーンと言う、抗ミズカビ剤が使用され問題となっています。
受精卵や稚魚をこれで処理し、2年近く養殖すると、数グラムから4〜5キロになり水揚げされるのです。
昭和56年、米国食品医薬品局は、マラカイトグリーンの発がん性を確認し、食品関連の使用を禁止した。
それにならって、日本の水産庁は次のような長官通達を出した。
食品として使用する魚(養殖魚)のミズカビ予防・治療にマラカイトグリーンを使わない事となっている。
サーモンにマラカイトグリーンを使用してはいけないのに、使用しているチリ産が輸入されるのはどうしてでしょう。

そして、そのチリ産のサーモンのお陰でノルウェーのサーモン業者が破綻しようとしています。
ノルウェイ鮭のミニマム価格、それ以下では販売しないと云う規制ががなくなり、現在欧州サーモン市況は
大暴落しているのです。
半数近くのノルウェーの鮭養殖業者がチリ産のサーモンのせいで、つぶれるかもと云われています。

アトランティック・サーモンは大西洋にいる鮭で、産卵期が最も美味しく、身はオレンジ色で背部に黒い斑点が
あるのが特徴で、脂がのりフライ、ムニエル、塩焼きなど、いろいろ使えます。天然種は一度川に上ると餌を食べず、
産卵後、海に戻る時には体重が激減し、味落ちが著しい、ため食用には向きません。
北海道でも川に遡上して産卵後の鮭をほっちゃれと呼びます、味落ちが著しくただ同様の価格となります。 

カナダ南西部に位置するケベックのガスペー半島のガスペーとはミックマック・インディアンが大地の果てと呼んだ。
私はこのガスペー半島の中ほどにあるパスペビアックと云う小さな町にいたのです。
セント・ローレンス川河口に沿って突き出たこの半島は、九州と同等の広さを持ち、今世紀初頭までは陸の孤島だった。
現在でも大地のほとんどが深い森と湖に覆われ、フランスのブルターニュ地方から入植した住民たちが古い伝統に
のっとった生活を営んでいます。
12月から4月までの氷に閉ざされた長い冬が終わると、ガスぺ半島はメープルの目の覚めるような新緑に覆われるのです。
そして6月に入ると大西洋の荒波を乗り越えたアトランティックサーモンが故郷の川に遡上を開始する。
サーモンは産卵すると死んでしまうと云うイメージを持っていると思いますが、このアトランティック・サーモンは
産卵後も海に戻り死ぬ事はありません、勿論寿命がくれば死ぬのですが。
大きくなります、キング・サーモンの様に1m30とか20キロとかになるのです。
サーモンが遡上する時は、私の仕事が一番忙しい時で、カナダと日本を毎月行ったり来たりですから、
サーモンを釣る機会はありませんでした。
そう云えば、日本の東京でキング・サーモンの剥製を見ました。バスプロの泉和摩さんのお店で「ハンクル」に2匹
大物が飾ってあります。
一度釣ってみたいものです。




私のいた会社の副社長はサーモンが遡上する川のライセンスを所有していました。
彼専用の川なのです、云わば個人でサーモンが遡上する川を持っているのです。