☆ カチン語とは

 中国雲南省からビルマ北部にかけて居住している「カチン族」の言語である。
 「カチン族」という呼称は、ジンポー族、ラフ族、マルー族、ラシー族、アツィー族、ヌン族、ラワン族という7部族の総称である。
 ここでは、ビルマ北部にあるカチン州の州都ミッチーナに住むジンポー族が使用している言語について解説する。



                            作者:菅光晴
                            ~アジア旅行愛好家~


☆ カチン語の特徴

語順は99%日本語と同じであり、助詞(てにをは)や助動詞が豊富にある。

ローマ字で表記され、分かち書きされる。

すべて表記どおりに発音され、表記と発音の不一致がない。すなわち、「は」と表記して“wa”と発音したり、“knight”と表記してkghを発音しなかったり、といった発音上の例外がない。

韓国語と同様、有気音と無気音の対立があるうえ、パッチム([t][k][p]などの子音で終わるが呼気を漏らさない音節)がある。

用言(動詞・形容詞)の基本形はすべて「-ai」で終わる。



☆ 発音上の注意

① [t]
[d][n]は、日本語のそれよりも調音点が後ろである。すなわち、ほんのわずかだけ舌を巻くようにして「タ」、「ダ」、「ナ」と発音すると、カチン語らしい音になる。

② -oiとつづられた部分は[we:]と発音する。

ngaは、発音記号で表せば[?a]であり、鼻濁音の「が」である。

子音の前に[h]がついていなければ無気音である。声門で呼気を制御しながら緊張感のある音を出す。たとえば、taは、「待った」の「た」に近い音である。一方、子音の前に[h]がついているのは有気音である。息を勢いよく出しながら発音する。

    ka
(無気音) ⇔ hka (有気音)

    ta
(無気音) ⇔ hta (有気音)

    pa
(無気音) ⇔ hpa (有気音)

    kra
(無気音)⇔ hkra(有気音)

    pra
(無気音)⇔ hpra(有気音)






※ PDFファイルになっています

人称代名詞、人称や数に応じた文末表現の変化、「AはBです」など

自己紹介、現在進行形、形容詞の最上級

数の表現、存在を表す文、疑問詞疑問文、補助動詞の入った表現

命令形、接続表現

動詞につく特殊な活用語尾、さまざまな完了時制、比較表現

対義語で覚える基本100動詞

「食べ物・飲み物」の名前





<語法および例文>

 (1) ~ (10)

(11) ~ (20)





<会話例>

会話例 (1)

会話例 (2)

会話例 (3)

会話例 (4)

会話例 (5)

会話例 (6)



カ チ ン 語 基 本 文 法