独り言

ここでは、私が日々考えてることや感じていることをなどを農業にこだわらないで書いていくつもりです。
農業のニュースで個人的に注目したものも取り上げていきたいと思ってます。
まあ、日記代わりということで・・・(ただし不定期更新^^;)

過去ログ
2002年1月6日〜5月15日
2001年11月16日〜12月30日
2001年9月10日〜11月14日 

photo日記はこちら


2002年09月24日

取りあえず、祝!巨人セリーグ優勝。
(う〜ん、勝って決めたかった・・・)


2002年09月23日

21日にドライブがてら早来町まで行って来ました。
目的は生産者の直売所はやこい市です。
地元生産者の方が消費者へ直接、新鮮な農産物を届けたい!と昨年から始めた直売所。
その日の朝に採れた野菜を並べるために開店時間を11時に設定、毎週土曜日開催されてます。
そして、ここでは何と牛肉の直売までやってるんです!
私はトマト、とうもろこし、だだちゃ豆、牛肉を買ってみました。
当然、美味しかったのは言うまでもなし(^ ^)
はやこい市の様子はこちら


2002年09月11日

最初のBSEが発見されて1年が経ちます。
既に喉元過ぎれば・・・との考えも多いのは事実。
責任論から一向に事態は進んでいないとすら思います。
未だ風評被害は止まず、むしろ「食の安全」への不信が広がっています。
私は一消費者として言いたい。消費者は利口になろうよ、と。そして我侭と権利は違うよ、と。
一役人としても言いたい。教訓を生かしているか?と。他人事と思っていないか?と。
私はBSEに関してはド素人です。しかし、1年BSEを追いかけ、勉強し続けています。
おそらく、これからも追いかけます。
理不尽を見過ごすことも出来ないし、農業を愛する者として看過できないからです。
これは良い機会なのです。各々が「食」について考えるための。
安全な食とは?食の信頼とは?本気で考える機会だと思うのです。
皆で本気で考えれば答えはみつかる。
何かの受け売りだけでなく、世の中の空気に流されるだけでなく、自分の頭で本気で考えよう。
諦観も怒りも情緒的・感情的な反応であるのには変わりない。
冷静に、したたかに、そして前向きに。
BSE清浄国になるのには最低7年、現実的に見て10年はかかると考えるべきと思うんですが、
それだけ長い戦いになるのです。
観念論は意味がない!ひたすら現実を見つめ、もう一度、本当の自分に戻ろう。
おそらく一部の人が変わったところで何の変化も生み出さないでしょう。
皆の協力が必要なのです。
生産・流通・消費、企業・国・マスコミ、全てが当事者です。
流される者は“BSEに屈した”のと同じです。
私はBSEなんかに屈しない!


2002年09月10日

HP開設1周年!

これまでアクセスしてくれた7000人余りの人達にはただただ感謝です。
今後ともnorth agriをご贔屓に! m(_ _)m


2002年09月05日

さて、食欲の秋。
これにピッタリのイベントをご紹介。

まずは北海道新聞社主催のイベント「もっと北海道フェア」。

札幌ドームを舞台に様々な催しがありますが、中でもふるさと市場が注目!
明日から3日間開催されます。

また、さらに注目なのがごちパラ北海道
道内各地で9月1日〜11月30日の3ヶ月間にわたり、イベントや協賛スポットでのサービスが
行われています。
個人的に注目はイベント列車が走ることかな?


2002年09月02日

列車の旅が好きなもので、今回休みを利用して稚内まで行ってきました。
稚内でレンタカーを利用して猿払村まで足を伸ばしてみました。
広い土地で放牧されている牛たち、豊富な海の幸、温泉と、道北も実に魅力的です。
今回の旅行の様子をちょっとだけ写真に収めてきました。こちら


2002年08月28日

今日から遅い夏休み。ちょいと一人旅へ行ってきます。


2002年08月23日

考察“狂牛病とは?”に加筆しました。


2002年08月22日

5頭目のBSE感染牛が全頭検査で見つかりました。
もちろん、検査で見つかった感染牛は食肉に廻らないわけで、何も不安を感じる必要はないのですが。。
今の日ハム騒動を見てると「負の相乗効果」で何か影響が出るかもしれない。
生産者は踏ん張りどころかもしれない。頑張ろう。
消費者は冷静な行動を取ろう。
食肉業界は知らん振りしてないで、自分達の出来ることを考えよう。
マスコミは煽らず、全頭検査の意義でも報じて下さい。日ハムより大事だよ。
なお、日ハム騒動については牛肉偽装についてで私の考えを述べています。


2002年08月21日

最近、買った本。

2000年有珠山噴火(北海道新聞社)

発信北の食材(北海道新聞社)

北海道 列車の旅(北海道新聞社)

朝日新聞の大研究(扶桑社)


2002年08月13日

新コーナー食べ物ネットアンケートを始めます!
アンケート「100人に聞きました」というサイトを利用したネットアンケートです。

ちなみに第1回のお題はスイカVSメロンです。
皆さんのスイカやメロンに対する思い入れなんかも聞かせてくれると嬉しいです。
気軽に参加して下さいませ!


2002年08月10日

寒いっす。。


2002年08月05日

昨日、やくも牧場まつりが開かれました。
前日は雨、当日も曇天・霧で天気に恵まれたとはいえなかったのですが・・・
当日の様子はこちら


2002年08月03日

今、出ている「SAPIO」という雑誌に“世界食材のワナ”という特集があったので読んでみました。
最近、問題になっている中国からの輸入食材について触れられている章では、思わず“う〜む・・・”と唸ってしまった。
ぜひ、読んでみて欲しいです。


2002年07月25日

8月4日に八雲町営乳牛育成牧場にてやくも牧場まつりが開催されます!
※問い合わせは町商工観光労政課 2−2111


2002年07月17日

ずーっと天気悪いです。八雲町では例年通りと言われればそれまでなんですが・・・

それにしても今年は変ですね。
台風もちょくちょく来るし。エルニーニョも起きてるとか。
93年の米の不作のときもエルニーニョだったとか。
ちょっと、これから先が心配です。

一応、リンク貼っておこう。

Y!ニュース - 大雨、台風情報
Y!ニュース - エルニーニョ現象


2002年07月15日

学生さんが農業に関してのネットアンケートを行ってるのを農業広場さんの掲示板で知りまして
ちょっと面白いと思ったのでここでご紹介。

生産者向けアンケート

消費者向けアンケート

もしくは匿名掲示板の*野菜を選ぶ基準って?*というスレッドをご覧ください。


2002年06月30日

食の安全リンク集を作りました。
ここでは食の安全のための様々な取り組みなどを掲載していきたいと思います。
BSEや中国からの輸入野菜・食品添加物問題など関心が高いであろうというのはもちろんですが。。
私が思うに食の安全に関する報道は扱いが小さく、かつ少ない!
そして「あれが危険だ」という情報のみセンセーショナルに取り上げがちだと思うのです。
今のマスコミの報道姿勢が続くと普通の消費者は、逆に選択肢が減ってしまうだけと思うのです。

これでは、何のための情報か分からない。
消費者は○○は食べない!といった行動を取るしかない。
冷静な判断と選択肢の提供の一助になれば、と作ったリンク集です。
もちろん、様々な取り組みが広がっていけば、という思いもあります。

あまりマスコミに取り上げられない情報なども掲載できれば、と思ってます。
(例えば、各地で開催されている草の根の勉強会や生産者と消費者の交流会など)
もし、情報などありましたらメールで教えてもらえれば助かります。


2002年06月28日

今日の日本農業新聞の北海道版によると八雲町にて7月4日にBSEについて講演会があるようです。

場所 八雲町民センター
日時 7月4日 14:00〜15:30
参加費は無料、問い合わせはJA新はこだて八雲支店酪農課 (01376)2―2121

佐呂間町長が「BSE問題と今後の酪農畜産振興について」と題して講演します。


2002年06月19日

昨日は残念だった〜悔しいィ!!
でも、頑張りましたよね日本。
それにしても韓国にビックリ!こちらも頑張って欲しい!


2002年06月17日

北海道独自の減農薬表示  登録産地が拡大(日本農業新聞)


2002年06月14日

予選1位でW杯決勝T進出!!

\(^o^)/\(;o;)/\(^o^)/\(^_^)/\(^o^)/


2002年06月10日

「農の風景・食の風景 −10人の発言ー」という本を読みました。
1998年発行のため95〜97年当時の状況で様々な提言がされてるのですが、内容的には古くは感じませんでした。
特に生産調整についての論じている話は、むしろ、今こそ読んで欲しいですね。


2002年06月09日

祝!W杯日本初勝利!!


2002年06月08日

話題を3つほど。

「いま 日本の農業がおもしろい その変化と対応 パートU ─ 新しい世紀の食・農・くらし ─」
をテーマにヤンマーで学生さんの論文を募集してました。
ヤンマー学生懸賞論文・作文募集

農産物の流通の構造改革に不可欠であろう卸売市場の改革について農水省で意見を求めています。
卸売市場競争力強化総合検討委員会・中間報告についての意見・要望の募集について

昨日の日本農業新聞の記事で、福井県の肉牛農家がBSE対策などの視察に英国やドイツを視察し
たことが掲載されていました。←webでも掲載して欲しいなぁ・・・
視察の報告会があるようです。告知のページを見つけたので、ここでご紹介。
2002年第2回おけら塾


2002年06月04日

特にサッカーファンではないのですが、やはり応援しましたW杯。
勝っていた!絶対に勝っていたっ!
惜しかった・・・


2002年05月21日

「安ければ、それでいいのか!?」という本を読みました。
私は某ハンバーガー店の○○円バーガーなんて「原価いくらだよ?」と思ってしまい、手を出そうとも思いませんが(苦笑)
この本でかなり謎が解けました。
しかし、日本の農産物が高いという話はありますが、モノの価値を考えると・・・
例えば、コンビニでおにぎり一個VSパン一個VS缶ジュース一本で値段を比べてみて下さい。
米って高いんでしょうか?
牛乳が水より安いのは妥当でしょうか?
紹介した本は消費者にも生産者にも今後の生活へのヒントを与えてくれます。オススメです。


2002年05月20日

始まりましたIWC下関会議
捕鯨問題です。ニュースでもしきりにやってますが。。。
私はギリギリですがクジラカツなんかが給食に出ていた世代で、しかも好物だったので食べれるものなら食べたいっす。
食文化には文句は言って欲しくないし、増えているのであれば、問題は無いと思うけどなぁ。
・・・しかし、このクジラ問題は、考えてみると食文化を考える上では興味深い。
私より下の世代では反捕鯨には抵抗が無い人もいます。
そりゃそーだ。クジラなんて食べてない世代だから、食べなくても支障は無いですから。
一世代途切れると、そんな状態になることはた易いのです。
捕鯨の是非は横に置いて、伝えるべき食文化は次の世代に継承されるか?
ちょっと食をないがしろにしていれば、次の世代はその食文化など関係なくなります。
捕鯨問題はそんなことを示唆する問題としても注目しておいて損はないのでは?と思います。

Y!ニュース - 捕鯨とクジラ保護


2002年05月19日

BSEに関して良い本があったので紹介します。

狂牛病と人間 (岩波ブックレット No.557)

内容もやさしく、コンパクトにまとめられていて1時間程度で読める小冊子?です。
値段は480円。BSEが心配な方は必読です。


2002年05月18日

“補助金農政”との批判は多いですが。。

農業助成額、大幅に減少  UR約束水準の8割減

5月14日の農業新聞で取り上げられてますが、199年度の日本の助成合計額が7,478億円(前年比3%減)とのことです。
ウルグアイラウンド約束水準の8割減とのこと。
ちなみにアメリカは1兆3,302億円。大幅に増加しています。

皆さんは、どんな感想を持ちますか?


home