TCG of the week13 BOSS-TCG

 

目をゆっくりと開ける。
耳障りな雨音がいつの間にか消えていた。

家から出ると白靄の町並み。
朝だ。
空は曇天。

昨日の立ちションの跡も雨で流れたみたいだった。
その時、クラクション。
すっころんでガスの臭いを嗅ぐ。

クソ野郎!
少し胃から返るが、それは喉で押しとどめる。
道路の先、近めの遠くを乱視で眺めれば、
朝日で厚雲が焼き切られていた。灰を裂く金色の炎。

世界が始まったのだ。

俺はといえば、今日が週末だと思い出し、
もう、酒を飲んで夜を迎えることを考えていた。

週末の夜は宴だ。薄暗い奴らの集まる、楽しげな宴がある。

 

TCG13 BOSS-TCG

次へ