鬼太郎 〜水木作品といえば、これですね〜

 『鬼太郎』にであったのは、私が小学生の時、学校の図書館でした。ここから、全てが始りました。

 最初に断っておきますが、アニメの「鬼太郎」については、全くと言っていいぐらいに知りません。
 また、今後アニメについて紹介していくことも無いでしょう。
 ですので、ここで紹介していく「鬼太郎」は、いわゆる「原作」といわれているものばかりです。
墓場鬼太郎が生まれるまで
 水木氏が始めて鬼太郎を描いたのは、紙芝居でした。
 戦前に関東で人気があったハカバキタロー(原作:伊藤正美、作画:辰巳恵洋)(ハカバ奇太郎と表記する説もあり)という紙芝居を、
当時の紙芝居元締めだった鈴木勝丸氏が水木氏に紹介し、それを元に'54年〜'55年の間に
蛇人』『空手家鬼太郎』『ガロア』『幽霊の手の4作品(紙芝居)を作りました。
この4作品の主人公が
墓場鬼太郎」でした。しかしこのときの鬼太郎は、ただの不幸な環境に生まれた子供でした。
この時、水木氏は実際の「キタロー」像を見ていなかったので、自身オリジナルの「鬼太郎」像を作りました。
 その顔は、貸し本時代作品にみられる鬼太郎と良く似ていたようです。
 ちなみに…「目玉親父」は、『空手家鬼太郎』で初めて登場してきます。
ただ、その後の「目玉親父」のように死んだ父親の目玉がドロっと出てきたわけではなく、
ポケットの中からひょっこり現れるという登場の仕方でした。
 紙芝居の鬼太郎は4作品で終わってしまうのですが、その後しばらくの間ですが氏は紙芝居作家として活動しました。
しかし、紙芝居も時代の流れに合わなくなり衰退していきました。
 そこで氏は、活動の場を「貸本」(貸し本)へと移し、1957年(昭和32年)に『ロケットマン』〔兎月書房〕を発刊し、
貸本作家としてデビューしました。その後、いくつかの作品や戦記物を発表していく中で、
1959年に『妖奇伝(1)』が発刊されました。
 この『妖奇伝』というのは今でいう漫画雑誌のようなもので、水木氏以外の作家の作品も掲載されていました。
水木氏は、この本の編集や表紙絵等も担当していました。
そして『妖奇伝(1)』で『幽霊一家』、『妖奇伝(2)』で『幽霊一家・墓場鬼太郎』が発表されました。
これが日本人にはとても馴染みの深いキャラクター「鬼太郎」の誕生となります。
『-怪奇オリンピック-アホな男』(1964年/佐藤プロダクション)
オリジナルです。
貸本まんが復刻版 墓場鬼太郎』全6巻〔角川書店〕

本の紹介 
 とても手に入れやすく、
オススメの本です。また鬼太郎好きとしては、必ず持っていて欲しい本です。
収録内容は、
●1巻…

「幽霊一家」〈妖奇伝(1)〉〔兎月書房〕、「幽霊一家・墓場鬼太郎」〈妖奇伝(2)〉〔兎月書房〕
「地獄の片道切符」〈墓場鬼太郎(1)〉〔兎月書房〕、「下宿屋」〈墓場鬼太郎(2)〉〔兎月書房〕
「あう時はいつも死人」〈墓場鬼太郎(3)〉〔兎月書房〕

●2巻…

「吸血鬼と猫娘」〈鬼太郎夜話(1)〉〔三洋社〕
「地獄の散歩道」〈鬼太郎夜話(2)〉〔三洋社〕

●3巻…

「水神様が町へやってきた」〈鬼太郎夜話(3)〉〔三洋社〕
「顔の中の敵」〈鬼太郎夜話(4)〉〔三洋社〕

●4巻…

「怪奇一番勝負」〈墓場鬼太郎長編読切シリーズ1「怪奇一番勝負」〉〔兎月書房〕
「霧の中のジョニー」〈墓場鬼太郎長編読切シリーズ「霧の中のジョニー」〉〔兎月書房〕

●5巻…

「おかしな奴」〈墓場鬼太郎「おかしな奴」〉〔佐藤プロダクション〕
「ボクは新入生」〈墓場鬼太郎「ボクは新入生」〉〔佐藤プロダクション〕

●6巻…

「−怪奇オリンピック−アホな男」
〈墓場鬼太郎「−怪奇オリンピック−アホな男」〉〔佐藤プロダクション〕
「ないしょの話」〈墓場鬼太郎長編読切「ないしょの話」〉〔東考社〕

《正義の味方・鬼太郎》像を持っていると、そのギャップに驚きます(タバコも吸うし…)。
のりっぷ的には、こちらの貸本時代作品の方が好きです。
ぜひ、ぜひ読んでみて下さい。
【貸本時代鬼太郎のいろいろ〜1〜】

初めはこんな顔でした・・・

ねずみ男も・・・
 さすが怪奇漫画。最初はこんなタッチでした。まあ、このタッチがいいんですけどね。
 ねずみ男は「下宿屋」で吸血鬼の下僕として初登場します。しかし、この兎月書房版鬼太郎は3巻で水木が止めてしまい、
その続き(19巻まで)を竹内寛行氏(故人)が描くのですが、竹内寛行版鬼太郎の4巻で死んでしまいます。
しかし水木氏は、「ねずみ男」をしっかりと作り上げ、今のあの愛すべきキャラクターとなりました。
【貸本時代鬼太郎のいろいろ〜2〜】
 鬼太郎は、その作品群の中で何回か顔が変わります。
 タッチが違うという問題ではなく、目の位置が変わってしまうのです。
 水木氏がそのことについてインタビューで答えているのですが、目の位置が変わってしまうのは「疲れていた」からだそうです。

図1

図2
 上記のコマは「下宿屋」からのものなのですが、この作品の中で最初の数ページだけ図1のような「右目鬼太郎」なのですが、
同じ作品内なのに途中から「左目鬼太郎」になってしまいます。
 きっと先生は「疲れて」いたんですねえ…。
 この「下宿屋」の他に、「怪奇一番勝負」「霧の中のジョニー」「ボクは新入生」の鬼太郎も「左目鬼太郎」です。
【貸本時代鬼太郎のいろいろ〜3〜よくある質問】
 鬼太郎は、基本的に「右目」しかありません。それでよく聞かれるのが「左目は?」ということです。
 なかには「目玉親父は、鬼太郎の左目」なんていう人もいますが、もちろん間違いで、
目玉親父はちゃんと鬼太郎の父親から生まれて(?)います。
 では、どうしたのか…。
 鬼太郎は、
生まれた時から(母親の墓から這い出してきた時から)、右目しかありませんでした。
しかし、「おかしな奴」では、ちがう話になっています。
 「おかしな奴」で鬼太郎の出生話が出てくるのですが、その時の鬼太郎はちゃんと両目があります。
 それで、墓から這い出してくるのですが(ここまでの話の流れはほとんど同じ)、
血液銀行員の水木に「化物のような子を生かしておいてはいけない」と投げ捨てられ、
その時に石塔(水木しげる、と書いてある)に目をぶつけてしまい、片目になったということになっています
 と、いろいろなんですよね。のりっぷはいつもこの質問には、上記の両方の話をしています。
【貸本時代鬼太郎のいろいろ〜4〜】
 三洋社版鬼太郎は、「鬼太郎夜話」というシリーズです。
さて問題です。「鬼太郎夜話」に振り仮名を付けてみましょう。
 …わかりますか?
 正解は、「きたろう
よばなし「きたろうやわです。
 そうなんですよ。答えが2個あるんですよ!!
 「吸血鬼と猫娘」の表紙では「よばなし」表記で、「顔の中の敵」の表紙では「やわ」表記です。
 う〜ん、これも「疲れ」なのかなあ…。
 さて「鬼太郎夜話」ですが、実は5巻目が存在していました。
 その題名は、
カメ男の巻。ですが、残念なことに原稿が紛失したとかで出版されていません。
 どんな話だったのか読んでみたいものですね。

 

さて、貸本版の鬼太郎は、一応これにて終了です。
しかしその後も「鬼太郎」は描き続けられ、何度もアニメになり(実写版にもなり)、
日本の代表的なキャラクターとなっていきます。

そのあたりの鬼太郎は、またの機会に紹介していきますね。

一つ戻る