翻訳の王様
   取込み方法


       

      ホーム          W目次
               Office キャラクター おしゃべり キャラクターに使う方法
                              (1と2は、エクスプローラ使用)


1. C:\Program Files \Microsoft Office \Office10 にある(のらくろ)マークの付いたキャラクターをコピーする。
    プロパティ → バージョン でキャラクターの確認ができます。
     プログラムとプレビュー用の2種類あります。プログラムの方をコピーする。
     対象は、SAEKO, OFFCAT, MNKYKING, DOLPHIN, ROCKY, CLIPPIT, LOGO, F1の他、プレビューのみの MNATURE,DOT など。 
     エージェント&オフィスキャラクター競演 のページをご参照ください。


2. コピーしたキャラクターファイルを :\windows \msagent \chars フォルダ内へ貼り付ける。


3. ホームページビルダーのHTMLソース欄

@ AgentControl.Characters.load ("Genie","Genie.acs"); など使いたいキャラクターに書き換える。

  「冴子先生」なら AgentControl.Characters.load("Genie","SAEKO.acs"); のように。

  「孫悟空」なら、AgentControl.Characters.load("Genie","MNKYKING.acs"); のように。

A プレビューしてみる。エラーもなくキャラクターが出れば出来上がりです。


4. キャラクターの移動、退席などは出来ます。
    おしゃべり音声は、まだ確認されておりません。文字表示はできます。
    アニメ効果も出来ます(テスト中)。
    このページは、QPON様からのQリンクメールを要約したものです。

※1. ワード・エクセルなどのオフィースキャラクターは、機種によっても異なります。
    キャラクターが異なれば、パソコンは認識しませんので見ることが出来ません。
    反対にエージェントマーリン・ジニー・ロビィ・ピーディなどワードやエクセルなどの
    キャラクターを「オフィス」に持っていくことは可能です。
    プログラムフアィルにまだ無い方は、試してみてはいかがですか。

※2. オフィスアシスタントキャラクターとして、マーリン等を使用させるには?  
     ※1で十分出来ます。

※3. アニメ効果のテスト用に

※4. マイクロソフトのアシスタントキャラクターの追加方法

※5. エージェントのアニメ効果・音声をオフィスで使用する方法

※6. キャラクターのデザイン(2000)

※7. アニメーションのデザイン キャラクター一覧

※8. オフィスのメッセージ表示方法

※9. Microsoft Agent Character Editor の使用方法
     XP: C:\Program Files \Microsoft Agent \tools
                \ace (Microsoft Agent Character Editor)