home  ozawa's  artisit interview  event  futari power meeting












川染喜弘インタビュー







「カニバリズムガンジーバンド」。


きっとこのバンドに、取り返しのつかない心の傷を
付けられた方はたくさんいるだろう。
「今日のライブは一体何をやるのだろう?」
常に客の期待を持たせ続けた、そしてそんな大きな
期待を屁ともせず、悠々と、アイデア満載のライブ
を仕掛け、こなして来た、伝説とも言っていいバン
ドだ。


繰り返すが、このバンドに魅了された人は本当に多
い。


残念ながら「カニバリズムガンジーバンド」として
の活動は現在行われていない。しかし、バンド名を
改めて、カニバリズムガンジーバンドのメンバー
3人で活動を始めるかも知れない、と言う情報も入
って来ている。本当に心から期待したい。


そのカニバリズムガンジーバンドの1人、川染喜弘氏
に今回、メール・インタビューを行った。
川染喜弘氏のソロ・パフォーマンスも、自分の表現が
どんどん湧き出て楽しくて楽しくてたまらない、と言
う様な、素晴らしいパフォーマンスを見せつけてくれ
る。


今までの、過去の活動の状況をつらつらと書き上げよ
うとも思ったが、彼等が「カニバリズムガンジーバン
ド」に区切りを付け、改めて新しい歩みを進めて行こ
うという動きに反する。もう、これまでの事なんて置
いておいて、これからの川染氏、そしてカニバリズム
ガンジーバンドのメンバー達の活動に目を向けて行こ
う。
今回のインタビューから、彼の、彼等の”これから”
を探る、その手掛かりになると思う。


(2003年1月 メール・インタビュー 編集:オザワ)


back     next