どんな時も傍にいて感じられる存在。

いつも感謝するココロを忘れないなんて―
当り前なことを思い出させてくれる。


君の存在をこれからもずっと感じて生きてゆきたい―


これが・・・在る限り―