環境について考えたことをメモメモ

ホーム


●地球温暖化係数

温室効果ガス地球温暖化係数
二酸化炭素
メタン21
一酸化ニ窒素310
トリフルオロメタン11700
ジフルオロメタン650
フルオロメタン150
1・1・1・2・2−ペンタフルオロエタン2800
1・1・2・2−テトラフルオロエタン1000
1・1・1・2−テトラフルオロエタン1300
1・1・2−トリフルオロエタン300
1・1・1−トリフルオロエタン3800
1・1−ジフルオロエタン140
1・1・1・2・3・3・3−ヘプタフルオロプロパン2900
1・1・1・3・3・3−ヘキサフルオロプロパン6300
1・1・2・2・3−ペンタフルオロプロパン560
1・1・1・2・3・4・4・5・5・5−デカフルオロペンタン1300
パーフルオロメタン6500
パーフルオロエタン9200
パーフルオロプロパン7000
パーフルオロブタン7000
パーフルオロシクロブタン8700
パーフルオロペンタン7500
パーフルオロヘキサン7400
六ふっ化硫黄23900

薪すなわち木を燃やすと、二酸化炭素を排出する。木は成長過程において二酸化炭素を 取り込み、酸素を放出し、炭素をみずからの体として成長する(炭酸同化)。

木を燃やした時、この炭素と空気中の酸素が結合し、二酸化炭素となる。排出される二酸化炭素は、 成長の時に取り込んだ二酸化酸素の量とほぼ同じである。

従って、地球上の大気にある二酸化炭素を、一時的に木の体に固定していたのに過ぎない。 これが木を「緑のタンク」という所以である。

木は放置され腐朽菌があると腐敗する。特に土と接していると、地面の湿気が移り 腐朽菌の温床となる。またこの環境はシロアリが好む。

木は腐敗して分解する過程でメタンガスを放出する。ただし腐朽菌もシロアリも地球の資源循環では 必要なものであり、存在不可欠な生態系の一部である。出展:環境省(2004/05/08up)

ホーム