野木手打ち蕎麦愛好会とは


 「蕎麦」は我が国の長い歴史と地域文化の中で育まれ、全国のふるさとを代表する食物として日本人の日常生活の中で脈々と受継がれています。
その伝統的な「蕎麦」特に「手打ち蕎麦」の文化は、今「安全で健康な食品志向」の高まりや「手作り文化」の復活、また、中高年齢層を中心とした人たちが「余暇を有効に活用するための趣味」として、関心が高まり全国的な広がりが見られています。
 野木手打ち蕎麦愛好会は、蕎麦打ちの魅力を体験し、蕎麦関連の知識を学び、蕎麦愛好者のネットワークを形成し、会員相互の 親睦を図るとともに、地域の蕎麦文化の発展及び活性化に寄与することを目的に活動をしています。
 月1回の稽古会を、野木町公民館で開催し、会員の蕎麦打ち技術のレベルアップを図っています。
又、社会福祉施設などでの奉仕活動にも積極的に取り組んでいます。
















そば( Wikipediaより)


ソバ(蕎麦、学名 Fagopyrum esculentum)
は、タデ科ソバ属の一年草。
一般に穀物は、イネ科(単子葉類)であるのに対して、ソバはタデ科、つまり双子葉類である。
このようにイネ科以外の穀類として、アマランサス(ヒユ科)、キノア(アカザ科)等があり、
これらは擬穀類とよばれる。利用方法として、主にソバの実の製粉し(蕎麦粉)として利用し、
それを用いた麺(蕎麦)は食用にされる。


蕎麦


蕎麦
(そば)は、穀物の実を原料として加工した、日本の麺類の一種、および、それを用いた料理で
ある。
蕎麦切り(そばきり)、日本蕎麦(にほんそば)とも呼ばれている。
歴史は古く、うどんや寿司、天麩羅と並ぶ代表的な日本料理である。
この蕎麦の調味として作られる「蕎麦つゆ」や「蕎麦汁」は、主に西と東では色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれる。 なお、蕎麦をゆでたゆで湯は蕎麦湯として
飲用に供される。

製法


手打ちそばの場合、蕎麦粉をこね鉢と呼ばれる木製の鉢に入れ、水を加えて練り上げる。
これを打ち粉をした木製の麺台などの上に移し、巻き棒と延し棒と呼ばれる麺棒を使って板状に延ばしてから、 まな板に移し、「小間板」(駒板)と呼ばれる定規を当てながら
蕎麦切り包丁で幅1 - 2mm程度の線状に切断して麺の形とする。 茹で上げて麺の完成となる。
蕎麦粉に含まれるタンパク質は小麦粉と違ってグルテンを形成しないので、水だけを加えて練ってもまとまりにくい。
粘り気を出すためのつなぎとして、小麦粉や山芋、玉子、布海苔オヤマボクチなどを混ぜることが多い。100%蕎麦粉だけでつくる蕎麦麺を「生粉打ち蕎麦」(十割蕎麦)という。
十割蕎麦では、湯を加えて蕎麦粉のデンプンの糊化を促進するか、別途蕎麦粉を糊化させたものをつなぎとして使用する場合もある。 その他、微細製粉により手打ち十割蕎麦をつくる方法、押し出し麺により製造する方法、粗挽き蕎麦粉を水練りにより製造する熟練の手打ち製法等がある。
十割蕎麦は小麦粉を「つなぎ」に使ったいわゆる二八蕎麦よりも切れやすく、江戸時代には今のように茹でる蕎麦ではなく、蒸籠に乗せて蒸し、そのまま客に供する形の蕎麦が主流だった。
現在も一般的なメニューとして名を連ねている「せいろそば」はその名残である。
蕎麦の太さと蕎麦の材料によって汁の絡み具合が変わる。細い蕎麦は汁が絡みやすい。
汁が絡みやすい蕎麦には濃い目の汁を少量つけて食べる。
蕎麦切りの太いものを「どじょう蕎麦」という。蕎麦を茹でた湯はごく薄い粥のようになる。
これを蕎麦湯(そばゆ)という。

食べ方


最も一般的な食べ方は、茹でた後にぬめりを取るために冷やしながらそばを洗い氷水等で締め、つゆにつけながら食べる盛りそばざるそばである。
また、茹でて冷やして締めたそばを暖めて丼に盛り、温かいつゆを張ったかけそばもある(語源は「つゆをぶっかける」が縮まったもの)。
そばの香りや喉越しを楽しむために食べるときに音を立てることが許され、その点ではうどんや中華麺などと並んで世界的にも稀有な食品である。
蕎麦好きな人の中には、蕎麦とは香りと歯触りを賞味すべきものであるとして、「そばはもり(そば)に限る」というこだわりを持つ人もいる。 食通で有名な文豪・池波正太郎の書生をつとめ、自らも蕎麦好きを自認するルポライターの佐藤隆介は、著書の中で「めんつゆに卵を入れようとしたところ、 卵など入れてはいけないと池波にたしなめられた」というエピソードや、ざるそばすら供さない名店のような例を挙げ、蕎麦切り本来の滋味を味わうにはもりが一番であると述べている 。
多くの蕎麦好きは、新蕎麦の季節ともなれば特に蕎麦の香りを重要視する。
そうした蕎麦の香りを存分に味わうには、空気と一緒に啜り込み、鼻孔から抜くようにして食べるのが最良であるとされる。
また、新蕎麦の香り・歯触り・喉越しを楽しむために、つゆの代わりに水につけて食べたり、塩をつけて食べる食べ方も存在する。

更新情報・お知らせ

会員へのお知らせ、活動情報をアップしました。
トピックスをアップしました。
トピックスをアップしました。
トピックスをアップしました。
会員へのお知らせ、活動情報をアップしました。
ホームページリニューアルしました。
会員へのお知らせ、活動情報をアップしました。
会員へのお知らせ、活動情報をアップしました。
カウンター

↑ PAGE TOP