国道122号線[蓮田バイパス]
蓮田バイパス開通前と開通後の様子
[ 2005/04 , 2006/07 撮影 ]


開通後 開通前

岩槻方面から羽生方面へ向かう。
蓮田バイパス(蓮田岩槻バイパス)開通に伴って標識も変更された。


東北道を越え、4車線区間に。
ここもバイパス開通前は2車線だった。


開通後 開通前

県道蓮田杉戸線の交差点から先が建設中だった。

mapion


開通後 開通前

県道蓮田杉戸線の交差点を過ぎると蓮田地下道へ。
地下道の上にはJR宇都宮線が走っている。


建設中だった蓮田地下道の岩槻方面入口。

蓮田中央小学校南側

開通後 開通前

蓮田地下道と関山北交差点の間。
羽生方面は右車線、県道さいたま栗橋線は左車線へ。


関山北交差点へ(開通後) 開通後 関山北交差点へ(開通前) 開通前

県道さいたま栗橋線とは立体交差となっている。
立体部は2車線構造となっている。


羽生方面より(開通後) 開通後 羽生方面より(開通前) 開通前

国道122号羽生方面より。
こちらも本線と側道が1車線ずつに分かれる。


関山北交差点(開通後) 関山北交差点(開通前)

側道部の開通前と開通後の様子。
開通前は、岩槻方面へ向かうのに、右折して現道に出るしかなかった。


こちらはバイパス開通前の現道の様子。
現道はJR宇都宮線を踏切で越える。
道幅が狭いため、大型車のすれ違いで度々渋滞していた。

岩槻第一踏切 国道122号現道



関東方面メニューへ 全国版メニューへ トップページへ戻る

©2005-2006 Rikijiro. All rights reserved.