札樽自動車道(札幌JCT.〜小樽I.C)

[ 2006/10 撮影 ]


札幌JCT.500手前

道央自動車道、苫小牧方面より。
札樽道と道央道旭川方面の分岐へ。


札樽自動車道小樽方面は直進、道央自動車道旭川方面は本線から分岐の形を取る。

札幌JCT. 札幌ジャンクション

伏古インター1匱蠢

札幌ジャンクションから札樽道に入り、最初の出口となる伏古(ふしこ)インターへ。


道央道札幌南I.Cから札樽道札幌西I.Cまでは料金均一区間のため、ハーフインターが多い。


札幌北インター

札幌北インターのインター番号は3番と4番になっており、道央道方面の出入口は3番、小樽方面出入口は4番が振られている。


小樽方面は、新川インターまでが料金均一区間となっている。

新川インター

札幌西本線料金所

道央道方面は札幌西インターから均一料金区間となるため、本線上に料金所が設置されている。


手稲インター出口へ。
出口標識のあるところからインターは見えないが、カーブの先にある。

手稲インター出口へ

手稲インター 手稲インター

この手稲インターも道央道方面のみのハーフインターとなっている。


札樽道で1箇所だけある金山パーキングエリア。

金山パーキングエリア

銭函I.C 銭函インター

銭函(ぜにばこ)インター。
国道5号、国道337号に接続している。


銭函インターを過ぎて。
カーブ半径400mの左急カーブがある。

銭函I.C〜朝里I.C間

銭函I.C〜朝里I.C間

そのカーブ半径400m区間。


銭函I.C〜朝里I.C間にある張碓トンネル。

張碓トンネル

銭函I.C〜朝里I.C間

札樽自動車道の中で、銭函I.C〜朝里I.C間の距離が一番長い。
張碓トンネルを抜けると、右手に海が見えてくる。


朝里インター手前で本線料金所の案内標識が出てくる。

朝里本線料金所へ

朝里インター

本線料金所は朝里(あさり)インターを過ぎた所に設置されている。


朝里トンネル 若竹トンネル

朝里I.C〜小樽I.C間にある朝里トンネルと若竹トンネル。


札樽自動車道終点の小樽インターへ。
出口は2ヶ所あり、まず国道5号に接続する出口がある。

小樽I.C 小樽インター(国道5号出口)

小樽インター

直進すると道道17号小樽港線に接続する。
小樽市街をパスするには小樽港線に出た方が便利だ。

mapion


 道央道(札幌JCT.〜深川JCT.)へ   道央道(札幌JCT.〜登別室蘭I.C)へ 



北海道方面メニューへ 全国版メニューへ トップページへ戻る

©2009 Rikijiro. All rights reserved.