道道 名寄遠別線(名寄市〜幌加内町)
幌加内町、遠別町の間は未開通
[ 2006/06 撮影 ]


名寄市街より道道 名寄遠別線で母子里(もしり)へ。

mapion


名寄市、幌加内町境の名母トンネルへ向けての登り。


名母トンネル(名寄市側)

長さ1842mの名母トンネルへ。
名寄側から名寄峠覆道、名母トンネル、母子里シェルターと連なっている。


名母トンネル入口から名寄市街を望む。
名寄市街に向けて急勾配・急カーブが4劼謀呂辰涜海。


名母トンネル(幌加内町側)

幌加内町側から見た名母トンネル入口。
名母トンネル開通により、JR深名線は廃止に。
現在はJRバスが名母トンネルを通っている。


名母トンネルから国道275号へ向けて。


母子里で国道275号と交差する。


国道275号交差点を過ぎ、蕗の台(ふきのだい)方面へ。


同じ地点には「遠別・板谷方面には通り抜け出来ません」という標識が。


通行不能地点の22匱蠢阿紡海、14匱蠢阿砲眛韻孤玄韻設置されている。


蕗の台で道道 蕗の台朱鞠内停車場線が分岐する。
標識がなければ見逃してしまいそうなぐらい分かりにくい。


こちらが蕗の台朱鞠内停車場線。
道道だが、もともと林道だったということで舗装もされていない。

道道 蕗の台朱鞠内停車場線

蕗の台朱鞠内停車場線分岐を過ぎ、3度目の通行不能を示す標識が。
名寄遠別線、板屋蕗の台線、どちらも行き止まりとなる。


通行不能地点へ向けて。
2車線の道が真っ直ぐ伸びている。


そして最後の通行止めを示す標識が。
遠別方面は5卆茵板谷方面は4卆茲任修譴召貭鵡垰澆瓩箸覆襦

mapion


標識のある場所から板屋蕗の台線は未舗装となっている。
建設続行の名寄遠別線に対し、板屋蕗の台線は未開通部の建設中止が決定された。

道道 板屋蕗の台線

名寄遠別線端点部 名寄遠別線 未開通部

こちらは名寄遠別線の未開通部。
しばらく道は続いてるようだが、ゲートが設置されていたのでここで引き返した。



北海道方面メニューへ 全国版メニューへ トップページへ戻る

©2012 Rikijiro. All rights reserved.