竹中氏陣屋

 天正16年(1588)、竹中重門が菩提山城の
山麓に陣屋を築く。
 
 現在では跡地は岩手小学校と幼稚園と
なっており櫓門・水掘一部・石垣一部が
残るのみである。
門前には竹中重治(半兵衛)の像が建つ。
 櫓門を潜ると櫓門へあがる石段がある、
階段をあがると石垣の上に立つが櫓門に
使われている屋根瓦には
竹中家の丸に九枚笹の立派な瓦が
使われている。
 石垣からみる掘は2メートルほどである。
関ヶ原の合戦で竹中氏は色々な功を
挙げたことと領地も戦場になったため戦後、
家康より供養料と1千石の米を下賜され
千石で築かれた外掘は「千石掘」と呼ばれる。

戻る