清洲城



 上の写真は復元された清洲城
である、三層四階建の模城である。
織田信長公は弘治元年に守護代
織田信友を自害させ、
那古野城か
ら清洲城へ移った。
 永禄三年に桶狭間に出陣する際
に敦盛を舞って出陣したのが、この
清洲城である、この時に建てられて
いたのが下の写真であるが、
現在地より五条川を挟み
反対の地にあった。
 上の写真は若き日の織田信長公の銅像
である。今にも馬に跨って出陣しそうな勇
猛な表情でつくられている。
 下の写真は濃姫(帰蝶)であるが、信長公
とはちがい信長公の出陣を見守る武将の嫁
の顔と、その裏には主人の無事を祈る女の
顔がみられる。
 このニ体の銅像は清洲公園の中に立てら
れているのであるが、五条川を境に分けら
れている。
 信長公ファンとしては、同じ所にニ体を並
べて頂きたいものである。


戻る