澤熊講師と歩く  
伯母子峠


0
茶屋町7:00発 南阪奈=R68=道の駅・大塔 野迫川村・大股
大股 萱小屋跡 伯母子峠 上i西家跡 十津川村・三田谷



今回は小辺路の最高点・伯母子峠を越えました。

距離は15`、三浦峠越えは12`、果無峠越えは10`弱なので
小辺路の中では一番長い・・・山道の15`は半端じゃ〜ない。

その上、雨の一日 、
降水確率90%・・・残り10%の「降らない確率」に
望みを託して出かけましたが、

最近の天気予報は良く当たるexclamation
 雨徹底的に雨  雨何が何でも雨 雨真剣に雨 雨一生懸命に雨

身体もカメラも、完全武装して挑みましたが・・・
ビショビショの5時間半でございました。
0

コースマップを眺めると、大股から三田谷まで、
身震いするほどの急坂が続いてます。




萱小屋跡
半端じゃ〜ない急な登りを、
やっとの思いで第一関門の萱小屋跡に到着
新しい小屋が建設中でした。
暫しの休息・・・雨は相変わらず・・・視界は霧のため零です。

しかし、本日の予定行程15`の内、
2`にも達していないと聞いてガックリ


桧 峠
「急な登りは桧峠マデです」と聞いておりました。

なるほど急な登りは無くなりましたが、
3月の末だというのに残雪が・・・手袋が必要です。


伯母子峠
雨と霧で、何にも見えません・・・
なまじ休んでいると寒い・・・三田谷まで12`の立て札が
えッ、まだそんなにあるの?



峠を過ぎると道幅が極端に狭くなります。(肩幅より狭い)
加えて片側が急斜面・・・
落ちたらザイルで引っぱり上げなくては・・・
用心・用心、ソロリソロリと進みます。


上西家跡
昭和の初め頃までは旅籠があったらしいですが、
今は石垣と杉の古木が残っているダケです。


0
「ココから降りの道が険しくなります。気を引きしめて…」
の声を合図に後半戦の開始ですが、
歩き始めて・・・急に「厳しい登り」があらわれて吃驚
・・・なんか騙された感じ・・・

0
尾根の登りを過ぎると、いよいよ「悪名高き下り」が
我々を待ち構えています。

0


アブナイ!
一人…落ちました、女の方です。
幸いにも木立の多い個所で・・・途中で止まりました・・・
やれやれ



水ケ元茶屋跡

膝がガクガク・・・もう限界ダー、
と悲鳴が出かかった頃、小さなお地蔵様と出逢います。
耳を澄ますと微かな水音が聞こえてきます。
ゴールの神納川かナ?

0
赤い鉄橋が木立の間にチラッと見えてくると・・・
本日のゴール・三田谷は目と鼻の先です。
0

              
               


                                   
高野山〜熊野本宮のコースマップは