よ う こ そ ! こ こ は 林 信 夫 の 日 本 画 教 室 生 徒 さ ん の 作 品 集 で す
林 信 夫 の 日 本 画 教 室 磯 部 由 子 さ ん の 作 品 集
平  塚 厚  木 相 模 原 古  淵 南 林 間 座 間
ト ッ プ ペ ー ジ 展 覧 会 連 絡 先 リ ン ク  林 信 夫 と は ? ブ ロ グ

磯 部 由 子 さ ん の 作 品 集 で す
ただいま制作中です
廃れた窯の入り口に白い椿の花を生けて描かれました
揉み紙の柔らかな風合いがもろい土壁のはかなさを表現し
しっとり咲いた白椿のみずみずしさを巧みに引き立てています
ただいま制作中です
透き通って流れる湿原に咲くリュウキンカの花を描かれました
塗り重ねて輝く黄色の岩絵の具が輝く初夏の光を表現しています
艶やかな葉の奥に流れる雪融け水の冷たさまで感じさせる爽やかな作品です
海辺の片隅でひっそりと咲くイソギクの花を描かれました
見過ごされるような場所で咲く花を慈しむように見守る作者の
やさしい眼差しが暖かい色調の画面から感じられます
ハマボウフウ咲く海辺の景色を郷愁を込めて描かれました
淡く霞む海と空とシャープに描かれた花が画面に奥行きを作り出し
初夏の爽やかにそよぐ海風まで感じさせる作品となりました
薄水色の朝もやのなかで咲く昼顔の花を描かれました
胡粉下地に描かれた花びらは柔らかな手触りまで感じさせて
漂い流れる朝もやとともに画面に奥行きを作り出しています
オキナグサ群れ咲く早春の山里の景色を描かれました
恥らうように咲くオキナグサは朝露にキラキラと輝いています
青く霞む山のシルエットが暖かい春の訪れを予感させています
赤いツルバラ咲く夏の夜を情感たっぷりに描かれました
艶やかな葉は黒々と描かれて宵闇に溶け込んでいきます
金色に輝くシベがしっとり深まる夏の夜の空気を醸し出しています
朝もやの中にふっくらと咲いた白い牡丹の花を描かれました
透き通った薄い花びらも力強い葉も巧みに描き分けられて
抑えた色調がクラシックな味わい深さを醸し出しています
静まり返った山の奥深くで白い椿がひっそりと咲いています
柔らかくて厚い花びらも硬い葉の手触りまで描き出されて
揉み紙に岩絵の具を垂らした絵肌とともに深い味わいを生み出しました
新緑萌える森の奥でコオニユリの赤い花がひっそりと咲いています
丹念に塗りボカした明緑色の背景は湿り気を帯びた初夏の空気を感じさせ
花や葉の輪郭線や塗り重ねた岩絵の具の重厚さを鮮やかに引き立てています
参道を狭めるほどにアジサイがボリュームたっぷりに咲いています
艶やかに濡れた石段や朝もやに霞む山門は白い光に溶け込んで
もの皆雨に濡れそぼる梅雨の朝の光景を情感込めて描かれました
尾瀬ヶ原の木道が真っ直ぐ燧ケ岳に向かって伸びています
木道の枯れた質感を薄墨の垂らし込みで丹念に描き出しました
秋晴れの空に青く霞む燧ケ岳が画面のの奥行きを作り出しました
春の光あふれる丹沢の山懐に立つ風の釣り橋を描かれました
細やかに描かれた橋脚も柔らかに霞む対岸の緑も光に包まれ
水仙の香りが画面からあふれ出てくるような作品となりました
春まだ早い満月の冷え込む空を渋めの薄紫色で表すことで
梅の柔らかく白い花びらをシャープに引き立てることに成功しました
枝は生き物のようにうねり古木の生命力を見事に表現しています
雪の積もった凍てつく川の向こうには霧氷輝く森が広がっています
丹念に塗り重ねられた空の青は透明感にあふれて奥行きを表現し
光る薄氷の下の水は深い色合いを潜ませて流れていきます
キラキラと輝くススキの後ろには紅葉したカラマツ林が広がり
その奥にはうっすらと初雪を冠った浅間山が聳え立っています
どこまでも澄み切った秋の高原の空気を感じる作品となりました
柔らかい丘陵一面に光り輝きながらコスモスが咲いています
手前のコスモスは細密に描写され奥の花畑は適切に省略して
難しい深い奥行きのある空間を見事に描かれました
隠し味のように雪の白の中に色々な色彩を入れています
明快な描写で画面がキリッと引き締まって心地良く
北の漁港の冷たく沈んだ雰囲気がでています
雪解け前のブナ林がどこまでも広がっています
ブナの表皮の模様を丹念に描写されたので
説得力のある力強い絵になりました
春のエネルギーがあふれる作品です
近景から遠景まで手を抜かず描き込まれました
千曲川の岸に咲く菜の花のボリュームが迫力を与えています
遠くに北アルプスの連峰が見え
冬の安曇野の家並みは日差しを浴びて輝いています
の棚田が作るリズムが力強く引き締めています
朝もやの中でシャクヤクが開き始めました
丹念に塗り重ねられた胡粉の柔らかい輝きが
何十枚もの花びらの重さを表現しています
黄色は何十回も塗り重ねなければ綺麗に発色しませんが
磯部さんは我慢強く重ねられてはボカシ重ねられてはボカシて
高山の春に咲くリュウキンカの柔らかい力強さを表現されました
柔らかい日差しがアケビの茂み越しに人物に降り注いでいます
ピンク色のセーターの描写も柔らかく出来ましたね
縦長の画面を生かして睡蓮沼の奥行きが良く出ています
手前から奥まで水面の変化をじっくりと描き込まれています
ギボウシの花の繊細な描写が山野草の優しさを表現しています
銀箔の揉み紙の効果で光あふれる絵になりました
白いクレマチスの群生が闇の中でしっとりと光っています
花びらの細かい描写が説得力のある絵にしています
    
このサイトに使われている画像の無断転載を禁じます
Copyright(C) Nobuo Hayashi.All Right Reseved