*

PROJECT Nobana-shi

〜吃スレス Kissless・野バナシ Nobana-shi〜
HOME
東京公演
2005.2.5/6
初演in松山
2004.3.28
飯田茂実
プロフィール
飯田茂実
インタビュー
メンバー紹介
飯田茂実から
7つの質問
のばなしノートへ

最新 飯田茂実 Iida Shigemi プロフィール


長めヴァージョンはコチラ

短めヴァージョンはコチラ





以下は2004年の詳細プロフィールです

*ダンサー・文学者・演出家・音楽家*

 大野一雄・大野慶人両氏に師事した後、ダンス・各種パフォーマンス・文学作品の執筆・作曲・舞台演出など、幅広い活動を展開。1998年より〈収穫祭プロジェクト〉のコンセプトクリエイター・ダンサー・音楽監督として、また演出家・詩人・マルチパフォーマーとして、世界各地でパフォーマンスをおこなう。2000年から戯曲の執筆を始め、第1戯曲・第2戯曲は、それぞれ第1回・第2回近松賞の大賞候補作品となる。昨年は、韓国の新世代を代表する劇団〈ノットル〉に招かれて、新作『クィーファン』の主演・振付・場面設計・音楽監督を兼任。今年の春には、谷在野との共作『ナムダンス』を初演したほか、2つの新作『吃スレス Kissless』『野バナシ』を演出して舞台芸術の新分野を開拓。ポストドラマ演劇の新作『じゃぐちをひねればみずはでる』では、原作・テキスト・振付・音楽監修・出演を兼ねた。著書『一行物語集 世界は蜜でみたされる』(水声社)は現在6ヶ国語に翻訳進行中。ドキュメンタリー映画『 IIDA;My Japanese friend 』(パク ・キーヒョン監督/韓国)が、近く海外で公開予定。国内外の美術館でのパフォーマンスのほか、海外のビエンナーレ・カトリエンナーレへの参加など、現代美術のフィールドでも活躍中。2002年から始めた総合アートワークショップ『ぱふぉーまんすが生まれます』も各地で好評を得ている。瞑想家タイプの兄(文学・作曲・美術・コンセプト担当)と活動家タイプの弟(ダンス・演出・演奏・WS担当)による、双子の兄弟ユニットだという説もある。