パソコン「パーツの交換」・「故障を自分で修理」・「分解・組立」は専門知識がなくても作業自体はわりと簡単ですが、パソコンメーカー等の保証の対象外になる場合があります。これは「保証期間中のメーカー製パソコンに限ります、また自作機は対象外」です。実行する際は必ずパソコンメーカー等の保証書の内容をご確認下さい。また保証期間後は改造自由です。

交換や故障が自分で修理出来ればメーカーや業者に任せるより断然安上がり!

パソコンメーカー・修理業者のパソコン修理料金修理日数目安  料金¥10,000位〜¥50,000以上  修理日数 1週間〜1か月こんなに高額な費用を出すのは勿体ないです!是非自分で交換・修理しましょう!作業は初心者もOKです!

ユーザー自身が自分で修理交換の費用と作業時間  費用 2000円台〜  作業時間 30分位〜6時間位(パーツの準備時間は除く) 詳細はこちらへ

PC改良前後 の起動イメージ

 PC改良前後 の起動イメージ





マザーボードの規格・種類・価格 詳細


交換時の注意点:パソコンパーツの交換はパソコンを構成するパーツの規格が合わないと動作しません、一部の
パーツを交換するだけでは対応出来ない場合がありますので、パーツ入手時にはご注意下さい。そして、マザーボ
ード交換の際はCPU・メモリ等他のパーツ交換が必要な場合もありますのでご注意下さい。

交換前の旧マザーボード  


交換後の新マザーボード


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】


重要:パソコンパーツの交換・増設はパソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。

またパーツの交換・増設作業において取り外し・取り付け作業の失敗、動作不良、破損については筆者はその責を負いません。  交換・増設は全て自己責任において行なってください。


そして作業前の状態(パーツの取付位置や方向・ケーブル等の接続場所)をできればメモ又はデジカメなどで記録しておくと後で新パーツを取り付ける際に便利です(本当に必要です)。

交換の手順はこちらです

マザーボード交換


マザーボードをなぜ交換するのかというと

今まで使っていたパソコンの調子が不調・・・時々起動しなくなる。起動時間が非常に遅くなる時がある、BIOSのセットアップ時SATA接続のハードディスクが認識されないことがある。等々の症状がでる。

これらの状況を改善するには使用しているパーツ(メモリ・ハードディスク・SSD・CPU等)を最新のパーツに交換する。それにはマザーボードの交換が必要。それによって今よりパソコンの性能アップし・・・ストレス無く作業をしたい。

という理由でマザーボード交換やってみよう

しかしマザーボードなんかいじれないしそこでこのページを参照して自信をつけてマザー ボードの交換に挑戦



マザーボード交換時に関連パーツ同時交換のおすすめ・・・パソコンはいくつかのパーツのつながりで動作します、マザーボードを換える時にメモリCPUHDDの交換そしてSDDの増設をやってみてはいかがですか、パソコンの性能アップには非常に効果的です



パーツの交換はパソコンに詳しくなくても出来ます下表の作業手順をご参照ください。
交換パーツの費用と作業時間



マザーボード 交換費用は 4000円台〜

作業時間は3時間〜6時間ぐらい

マザーボード交換手順はこちらへ

マザーボードがこわれたらどうなるか
 CPU 






CPU交換 交換費用は5000円台から
作業時間は2時間〜4時間ぐらい




メモリ増設 交換費用は 2000円台〜

作業時間は30分〜1時間ぐらい

メモリの取り外し方




SSD増設交換費用は 8000台円位〜

作業時間は取付1時間OSの
移行設定に1〜2時間位

SSDの取り付け方




HDD交換増設 費用は4000円台〜


作業時間は30分ぐらい

 

ハードディスクが壊れる前兆はこれだ
マザーボード・メモリ・CPU・HDD・SDD の全てを
増設交換すると費用は28000円〜37000円位


 作業時間は半日〜1日位


 

 5Corei7



パソコンを故障させない秘訣 パソコンの分解・組立やってみよう 1万円台 価格別 激安中古パソコン  中古ノートパソコン 1万円台 価格別 激安中古パソコン 中古ノートパソコン


pointパソコン改良・改造の3原則

1.簡単に出来る自信のあることから手をつける。徐々に高度なことに挑戦する。

2.わからない自信のないことはやらない。無理に挑戦し、失敗すると折角入手したパーツが無駄になる。

3.パーツ入手の際は十分に規格が合っているかを確認する。規格が合っているか不明・不十分の場合は入手
前に説明書やメーカーのwebサイト等で確実に調べる。


パソコンパーツを安心して購入するには・・・

パソコンパーツはパーツ同士の相性で組み合わせによって正常に動かない場合があります、そのような時に
有償ですがパーツ交換保証制度のあるショップがあります。

その制度のあるショップはこちらです→


点検・修理時の基本事項

・点検・修理時は電源コードは必ず抜く。

・PC組み立てには静電気は禁物。

パーツに触る前に一度ケースのフレームなどの金属に触り、静電気を体から逃がしましょう。


パソコン性能アップのポイント

パソコンは複数パーツの組み合わせで構成されています

パソコンの性能アップを図るには単体パーツのみ性能アップでは

期待どうりの成果が出せなく,より効果を上げるには単体パーツの交換だけではなくCPU・メモリ・ハードディス
ク・SSD等
の同時増設・交換によって効果的な性能アップができます。

但し全てマザーボードの規格対応が必要、未対応の場合はマザーボードの交換
が必須条件です。

交換時の注意点:パソコンパーツの交換はパソコンを構成するパーツの規格が合わないと動作しません、一部のパーツを交換するだけでは対応出来ない場合がありますので、パーツ入手時にはご注意下さい。  そして、マザーボード交換の際はCPU・メモリ等他のパーツ交換が必要な場合もありますのでご注意下さい。




お手軽で効果抜群のパソコン性能アップ最新情報                            

SSDを使ってみよう

SSD とは 『Solid State Drive 』(ソリッドステート・ドライブ)」の略で、回転部分がない大容量のフラッシュメモリー記憶装置です。

SSDの長所

読み書きが速い ・低消費電力・低発熱・動作音無し・衝撃に強い                        

SSDの短所

価格が高い・長期間使用すると書き込み速度が僅かに低下する



SSD インストール 手順

まず前準備 MCLタイプのSSDは書き換え回数に限度があるので、より快適な状態を維持させるには、SSDへのデータの書き込みは極力最低限に抑える

そのためにはまず ローカルディスク(C:)にはデータ保管用フォルダ等は置かない他のHDDたとえばD:ドライブ等(筆者の場合外付けUSBHDD)にデータ保管用フォルダ等に作る、そしてローカルディスク(C:)に存在する「デスクトップ」「マイドキュメント」「マイ ピクチャ」「マイ ビデオ」「マイ ミュージック」「ダウンロード」等もフォルダの保管場所を他のドライブへ変更設定が可能なので、保存HDDを変更する。


保管場所を他のドライブへ変更設定の方法

スタートメニュー→コンピュータ→ローカルディスク(C:)→ユーザー→任意の設定したユーザー名フォルダー内の各フォルダーを右クリック「プロパティ」内の場所タブ内の移動ボタンをクリックし指示どうり移動先に同名のフォルダーを作成し適用ボタンで完了。

つぎに SSD を PC に接続する

PC に今まで使用していたHDD ローカルディスク(C:)はそのまま接続したままで新規に導入するSSDをSATA ケーブルで接続。


各SSDメーカー案内のOS引越しソフト・データ移行ツール等無料ソフトや手持ちのツール等を使用して、OSを移行する。

データ移行完了後は旧HDDは取り外す。



筆者体験感想
実際に購入したSSD:ADATA SP900 ASP900S3-256GM-C
スペック

●接続:SATA3.0(6Gb/s)●容量:256GB●転送速度:読込最大 555MB/s、書込最大 530MB/s
価格 :¥14,480(税込)
使用機器
CPU:Intel(R) Core(TM) i5-2500 CPU @ 3.30GHzメモリ:8192 MB
OS:Windows 7 Home Premium Edition, 64-bit Service Pack 1

上記スペックの条件にてHDDからSSDに換装後の動作時間の変化電源投入からログインまでの起動時間 HDD:約1分10秒からSSD:約38秒シャットダウンはHDD:約19秒からSDD:約10秒

起動・シャットダウン共に約半分の時間に短縮改善された


SSDの実際の取り付け方法はこちらへ



 各パーツの規格はこちらへ

 マザーボードの交換なんて面倒な方⇒低価格の高性能パソコンは使い物になるか  


メモリ増設のみでもパソコンの性能はかなりアップ


メモリ増設のみ実行したい方⇒メモリー増設のメリットは何か?

そして一歩踏み込んだ挑戦 自作パソコン組立

CPU 交換 メモリー 増設 やってみよう

   費用最少で自作パソコンの組立に挑戦



*注:費用・価格はサイト作成時に購入した価格です、ご参考としてご覧ください。価格は日々変動しますのでご注意下さい。

*重要:パソコンパーツの交換・増設はパソコンメーカー保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカー保証書の内容を全てよくご覧下さい。

 


損をしないためのパーツ購入策・チェックポイント・基本アドバイス

ネットショップ購入・パーツ交換が初めてでうまくできるか不安な方へ
初めてネットショップを利用する時は、注文品が間違いなく配達されて来るか心配ですね・・・そんな時は代金の支払い方法を手数料が発生するが代金引換が安心です。
そして購入時に何か質問や疑問があれば、メールや電話等にて応対して貰えるショップを選びましょう。
パーツ交換で困ったとき時・・・動作しない・動作が異常・などのトラブルが起きた時はパーツの説明書や取り付け方法を見直し間違い無いか確認する。それでも解決しない時は、購入ショップ・パーツメーカーなどの、サポートセンターへメールや電話で問い合わせる。
パーツ入手時のポイント
初めてパーツをネットショップで購入する方、パソコン改造初心者の方へ
購入品はバルク品(外装箱・マニュアル・接続ケーブルなどの同梱品やメーカー保証書を省き、簡素な包装で販売されている商品)ではなく、BOX品・パッケージ品・リテール品(外装箱・マニュアル・接続ケーブルなどの同梱品やメーカー保証書などが付属されて販売されている商品)をお奨めします。バルク品は価格は安価ですが取付時に接続方法がわかりづらかったり、接続ケーブルなどを別途用意しなければならなかったりします。

優良で安心なパーツネットショップの選択方法は!
1.現物を確認できないから、商品のスペック、適合機種、その商品を画像などによりできるかぎり詳細に説明してあるか。
2.初期不良品などの対処方法が解かり易いか。
3.代金の支払い方法は少し手間や経費が掛かるが,代金引換が安全・確実・迅速です。(特に初回購入の時)。
*重要* 当サイト管理者(筆者の私)がパーツ入手時に特に重点を置くことは
・購入時に何か質問や疑問があれば、メールや電話等にて応対して貰えるショップか
・商品のスペック、適合機種、その商品を画像など詳細な説明があるか
・初期不良品などの対処方法が解かり易いかそして、サポートに関しても万全か
・安心・格安(配送料も含めて)・迅速出荷なショップか

ページ作成者へのメールはこちらへ


関連サイトへのご案内

パソコン修理関連

パソコン保証期間後自分で直せば、そしてセルフ改造すれば業者費用の1割で済む 簡単に出来るパソコンの分解・組立 

パソコンを故障させない秘訣はこれ  

マザーボード交換費用は4000円台から  

パソコンが壊れた時に困らないようにするにはどうすればいいのか  

ハードディスクが壊れる前兆はこれだ  

ハードディスク交換修理4000円から  

パソコンの故障・修理費用は2000円から  

パソコン改良は業者に任すな、保証期間後セルフ改造は業者費用の1割で済む  

マザーボードがこわれたらどうなるか・マザーボードが故障した時の主な症状・故障の原因と格安に対処できる修理法  

パソコントラブル対処法保証期間後自分で直せば業者費用の1割で済む  

パソコン自分で修理は2000円〜パソコンが壊れた時・パソコンが不調になった時は費用を掛けずに自分で修理やってみよう  

メモリ交換が簡単にできます業者に依頼するより「超経済的」 

自作パソコン組立関連

パソコン改良グレードアップは 2000円位から  

Core i7・自作パソコン予算は約50,000円  

100円でパソコン修理,自分のパソコンは自分で直すメリット  


低価格パソコン関連

安心保証付き1万円台〜の激安中古パソコンの御案内  

低価格のパソコンは使い物になるか不安な方、低価格でも高品質なパソコンをお探しの方必見、きっとお気に入りが見つかります  

最新の新品パソコンを2万円台で入手する方法はこちらへ 


パソコンの購入時に用途に合った性能を選択しないと費用だけでなく、消費される電力も無駄になる「パソコン購入は用途別が得」 


ノートパソコン関連

古いノートパソコンを8千円台で超高性能パソコンに変身 



121125   160626  171206

  サイト所有者  kasisan   Eメールアドレス  kasisan33@ymail.plala.or.jp