ようこそ! 訪問者数:Counter

おことわり:本HPは無料サイトを利用しているため宣伝のバナー等が表示されますが、HPの内容とは一切関係ございません。
あらかじめご承知おきください。


(仮称)平塚袖ヶ浜計画



JR平塚駅南口から海岸へ向かう「湘南なぎさプロムナード」、海岸よりに位置する「杏雲堂平塚病院」跡地に16階建て(計画)高さ50メートルの高層マンション建築が計画されている。

地域住民の要望や平塚市の指導を受け入れる意思の無いこと、法に準拠していればかまわないという思想の事業主。
折り合いのつかない中、業者は基本的に「対決姿勢」。



建設予定地が過去病院跡地ということと、再三にわたる隠蔽等の不祥事事件を起こしている三菱グループが事業主。

買う方も、かつて何に使われていた土地なのかを調べ、汚染の有無を確かめる慎重さが必要になってきた。

解ったこと

ここには過去結核患者収容病棟があった。

この敷地の一部で過去医療器具等を焼却し埋伏していた。

道をはさんで向かい側の高浜台ハイツの公園からはいまも土を掘ると簡単に医療廃棄物が出てくる。

目下、解体作業が進む看護師寮は当時は死体置き場だった(第I期工事B棟建設予定地)。

淺沼組の現場責任者安部氏は、看護師寮付近の竹林を刈っていて、急に具合が悪くなったそうである。

ライト工業という会社が一部の土壌入れ替え作業を請け負った。掘ると次から次へ医療廃棄物が出てきたものだから、種分けしてコンテナに詰め院外廃棄する作業と、土壌を選別する作業とで4ヶ月を費やした。


購入者は事前にこの様な土地に立てられる建物だと知らされてるのだろうか?

事業主はどこまで情報を開示するのであろうか?

購入後このような事を知りえた場合、購入者はどうするのか?

購入者は自分の目で確かめるべし!

あなたならどうしますか?
以下にゲストブックを立てます。幅広いご意見をお聞かせください。
ゲストブックへ


Links
湘南なぎさプロムナードの環境を守る会
東急不動産・東急リバブル不買運動
三菱グループ不祥事事件(盛り沢山でリンクしきれません)
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 三菱地所社長ら書類送血 OAP汚染で大阪府警
建設計画事業者
事業主: 東京建物株式会社
東急不動産株式会社
三菱地所株式会社
総合企画: 株式会社メイズ・プラン
設計・施工: 株式会社淺沼組東京本店



禁隠蔽! 情報は正しく開示しよう! (C)2005 困ってます


サーチ用keyワード:平塚袖ヶ浜計画 袖ヶ浜計画 no16F no16fno 杏雲堂平塚病院