お知らせ 
<日朝交流学術訪朝団報告>

 2014年11月4日(火)午後6時半−9時

 アルカディア市ヶ谷(私学会館)7階会議室
JR・メトロ市ヶ谷駅下車5分、靖国神社
方面へ100米、道左側)

           参加費 1000円

      報告者 和田春樹、小此木政夫、小牧輝夫、吉田 進、木宮正史

     美根慶樹(元日朝交渉大使)、平井久志(元共同通信北京特派員) 

  竹中一雄(元国民経済研究協会会長)、布袋敏博(早稲田大学教授・朝鮮文学)

 このたび日朝国交促進国民協会がお世話をして、日朝交流学術訪朝団が10月6日より13日まで朝鮮民主主義人民共和国を訪問しました。
 代表団は北朝鮮の日朝交渉大使宋日昊氏、朝鮮外務省軍縮平和研究所所長馬東煕氏、社会科学院チュチェ文学研究所所長高方T氏、社会科学院経済研究所研究員姜哲敏氏と面談し、有意義な説明と意見交換を行うことができました。

 平壌では、祖国解放戦争勝利記念館、烈士墓地、三大革命勝利展示館、党創建史績館を参観し、いろいろな新しい発見がありました。さらに平壌交響楽団のマチネー演奏会を鑑賞しました。
 ついで元山地区を訪問し、まず馬息嶺スキー場の国際観光ホテルを見ました。次に元山港に停泊する汽船、万景峰92号を見ました。最後に松濤元国際少年団キャンプ地を見ました。
平壌でも元山でも、人々の生活が落ち着いていて、経済が安定的に発展しているようにみえました。

有益な訪問でした。訪問団に参加された方々からそれぞれ話していただきますので、ふるってご参加下さい。

                       連絡先    日朝国交促進国民協会

            〒178−0061 東京都練馬区大泉学園町7−6−5 和田方  

                       電話ファクス (3922)1219
Counter

 
 掲示板
 リンク
 連絡先
 
 
 
 
 
 役員の発言
 
 
 
 協会とは
     設立 宣言
     協会規約
 協会役員
 協会の活動
   活動日誌
  シンポジウム

  月例研究会
  訪朝記録
 ドキュメント
     協会の声明
     協会の書簡
更新履歴
 2014年 10月19日
 更新
 日朝国交促進国民協会の講演会についてのお知らせを掲載しました。

 日朝国交促進国民協会

 日本と朝鮮民主主義人民共和国との関係正常化を!!
新刊の紹介
     
 
日朝国交促進国民協会の新刊です。
是非お買い上げください。
領土問題をどう解決するか 
       
  
対立から対話へ
   
和田春樹
 
 2012年10月刊 800円+税 
平凡社

 
 当協会の出版物(詳しくは画をクリックして下さい)
   どうなる日朝国交交渉 
 日朝国交促進国民協会編
 
 ● A5判 並装 96頁

 ● 定価(本体800円+税)

 2003年2月25日発行
   日朝関係と六者協議
  日朝国交促進国民協会編
 
 ● A5判 並装 112頁

 ● 定価(本体1,000円+税)

 2005年5月25日発行
   拉致問題と過去の清算
  日朝国交促進国民協会編

 
 ● A5判 並装 73頁

 ● 定価(本体800円+税)

 2006年5月8日発行
 
   検証 日朝関係60年史
  
和田春樹 高崎宗司編
 
 
● 定価(本体2600円+税)
 2005年12月20日発行
拉致問題を考えなおす        
 なぜ拉致問題は行きづまったのか
蓮池透 和田春樹 菅沼光弘 
青木理 東海林勤

 
2010年9月刊1,500円+税 
青灯社
      
北朝鮮現代史 
 抗日闘争から金正日の死まで
   
和田春樹
2012年4月刊 820円+税 
岩波新書

 日朝関係基本文書
   日朝平壌宣言
   六者協議関連 
    拉致関連