マカ

マカ

マカは、アブラナ科に属し高度4000m前後のアンデスの耕地で栽培されたものが良質であり、ボンボン高原が最適な栽培地とされています。マカは強烈な紫外線と酸性土壌でしかも夏でも気温が昼間20℃夜間はマイナス15℃の温度差の厳しい自然環境の中で育つ植物です。またその豊富な栄養をあらわす話として、マカを一度栽培すると、 その土地は数年は不毛になります。大地のあらゆる栄養素を凝縮して一身に取り込むからなのです。マカにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれていて、そのバランスの素晴らしさから「完全食」ともいわれています。 インカ帝国の時代より「湧き出る活力の源・若さを保つ秘訣」の食品としても現在もアンデス山脈の高地に住む人々の栄養食として老若男女問わず日常の食生活に欠かせない食品なのです。マカはプレインカの時代から今日まで3000年余りの年月、アンデスの山々の人々に受け継がれてきた「生命の糧」といわれています。 3800m以上で気温差が激しく、太陽光線を一杯に浴びることの必要のあるマカは古代においては、貴重品で一部の貴族階級のみしか食することのできない超高級品で、神に捧げる供え物として非常に大事にされていたようです。


"FEEL THE POWER OF THE INCA
マカ


マカ(MACA)は、NASAの宇宙食にも採用されている

マカは性的不能、不妊症解消の為の栄養食として、世界的に注目されています。
マカを食べて性的能力を取り戻した、マカを食べて不妊症が治ったという事例が多くのマスコミに取り上げられ、欧米では専門の研究機関も設立されるほど人々の最大の関心を集めています。
自然に誕生した植物でありながら、マカの栄養素は滋養強壮・精力増強の為に生まれたとしか言えないほど正に奇跡的なものです。
その類まれな栄養素に注目したアメリカのNASAは、極限の状況で体調維持に努めなければならない宇宙飛行士の為の宇宙食にマカを採用しています。

    マカとは     マカの効果     マカとオーガニック
    歴史       マカとアミノ酸   マカ伝説
    マカは完全食

アンデス山脈中央に住む人々によれば、マカを摂取する人間は頑健、長寿で、理性に富むという。このため、マカは別名「マカシ博士」とも呼ばれている。見かけ上か、あるいは実質的に催淫効果があるのかの詮索はともかく、とにかく、多産に良く、月経の周期の正常化に役立つことは証明されている。全ての証言が示すところによると、素晴らしい強精強壮剤である。マカは、高度4000メートル以上でも栽培できる唯一の薬効のある栄養素豊かな烏物である。
マカは健康増進や精力アップに不可欠な栄養素がギッシリ詰まった、別名「栄養の缶詰」☆

このサイトを快適にご利用いただくために、NetscapeNavigator6.2以上、InternetExplorer5.5以上を推奨いたします。
link | Copyright (C) 2005 FMS Japan. All Rights Reserved.

当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、盗用を禁じます。
<気になるページ&お役立ちリンク集>| マカは優良食品 | 健康倶楽部 | マカ 通信 | マカ百科 | マカと栄養 | マカ |