より良い未来を実現するために・・・

気功講座テキスト<T>


T 気功について

気功とは何か・・・・呼吸法+精神鍛錬法→中国秘伝の健康法 

1ー1気について
                      精気 ・・・・父母より得た気 
              先天の気   
                      元気 ・・・・持って生まれた気 
 気 = 生命エネルギー 
                      天気 ・・・・宇宙の気・呼吸する気 
 [微細粒子の流れ] 後天の気 
                      地気 ・・・・口から入る気 
    ☆ 気の流れにより・・・                  [大宇宙] 
        目に見えない磁力・赤外線等が派生する 

    ☆ 気の特質                         銀河系 
        気そのものを見ることはできないが、 
        体感することはできる 
                                     太陽系 

1ー2 気功(静功)
            *リラックスした姿勢 
    腹式呼吸 
            *ゆったりとした呼吸        地球 
     | 
     | ← 気を丹田に集中する 
     ↓ 
            *雑念がなく精神が集中している 
    入 静 
            *外界の刺激を受けず、静かで安らか   
[小宇宙] 
     | 
     | ← 脳を正常化する 
     ↓ 
            *健康の回復 
    生命力の発揮 
            *病気の予防 

  <静功と動功> 
  静 功 ・・・体の動きを伴わない気功。内臓の働きや外分泌 
        機能が活発になる。熟達まで時間がかかる。 
  動 功 ・・・体のさまざまな動きを伴う気功。動きは気の流れ 
      をスムーズにするためのもの。気感が早く得られる。 

1ー3 気功の分類 

      硬 気 功 ・・・・・・“気力”を強調。精力を保ち、気を練り、心を養う 
       (武術気功) 
  気 功           外 気 功 ・・・・自分の“内気”を相手に放射する 

      軟 気 功             静 功 ・・・臥式・座式・立式 
     (医療気功)                  (吐納功・放松功・他) 

      "リラックス"を強調 内 気 功 
                        動 功 ・・・・有意動功・無意動功 
                              (易筋経・大極拳・他) 

1ー4 気功の成果(4大効応) 
    @ 病気の治療と予防 
    A 健康の増進と身体の強化 
    B 老いに歯止めをかける 
    C 寿命を延ばし、天命を全うする 
       (超能力・・・透視、念写、ETC) 

  <気功の源流> 
 1)儒教気功 ・ 社会的に有用な人材になるための脳力開発。 
 2)道教気功 ・ 不老長寿をめざす。根元的な生命との融合。 
 3)武術気功 ・・・ 瞬間的な破壊力を身につける。 
 4)仏教気功 ・・・ 自己の本質の追求。悟り。 
 5)医療気功 ・・・ 病気の治療や予防。養生。 

1ー5 心構え 
  松   全身をリラックスする(意識してゆるめる) 
  静   平静になる(我欲を捨てて、呼吸を柔らげる) 
  自然  自然体になる(呼吸も姿勢も自然になる) 


U 練功について

練功とは・・・・気を練り、気を養い、真気を生み出す身体を作る修練法 

2ー1 腹式深呼吸法 
1 時間 朝夜明けに目が覚めた時、夜寝る前、昼間 
  最初は10回位〜慣れたら100回位(5分〜1時間位まで) 
2 場所 野外・室内(空気が新鮮な所を選ぶ) 
3 姿勢 臥式・・・・両足をまっすぐ伸ばし足先で交差。 
      坐式・・・・明るい方向に向かって座布団に座る。 
      立式・・・・両足を肩幅くらいに開いて、自然に立つ。 
  <座式の姿勢> 
   @腰を伸ばして、背筋をまっすぐにして座る。 
   A両手を重ねて丹田の上に置く(男は左手下、女は反対) 
   B舌先を上アゴの歯のつけ根に軽く触れる。 
   C目は閉じて行う。 

4 方法 鼻から吸って口からゆっくり吐き出す。 
     吸う:止める:吐く:止める=1:3:3:1 
     3秒・・・9秒・・・9秒・・・3秒   
     4秒・・12秒・・12秒・・4秒 

5 精神 一切の雑念を捨てて、意識を丹田に集中する。 

6 気の強化の手順 
   1)腹式深呼吸を行いながら、小腹に気を集中させる 
   2)小腹→尾てい骨→脊髄→頭→顔→胸→腹の順に気を 
     巡らす(熱団を感じながらできるとよい) 

7 その他 リラックスして、リズムをもって無理なく、深く長く、  
  自然で細く、ゆっくり行う。明るく楽しいイメージをする。 

2ー2 入 静 
入静とは・・・・大脳の安静と安心が保たれ、雑念のない休息状態のこと 

<段階の目安> 
浅い段階  外界の刺激をあまり受けず、頭脳はさわやかに  
     目覚め精神は安定し、体内の気脈の流れを感じる。 
深い段階  雑念がなくなり、体が暖かくなったり、軽く感じた  
     り、手足の無意識な動きが出たりする。 
最高の段階 気息と血脈はあたかも全身を貫くように流れ、手 
     足の感覚はなくなり、頭脳は明晰になる。さらに全身  
     が軽く心地よく感じられる。  

<留意点> 
1)入静は練功の過程で、無意識の中で得られるもので、入静を求めすぎると、
  主観的な意識が参加し大脳は興奮し入静は不可能となる。 
2)最初は十分な入静でなくても、小さな成果に喜びを感じ、心地よい気持ちに
  なることが大切で序々に深い入静へと進むことが肝心 

2ー3 生理現象
1)練功を始めてから数日後位に、息を吐くときにみぞおちからへその下までの
 一直線の間に、わずかに熱い感覚がある。 
2)1カ月位で、熱気がはっきりと現れてくる。 
3)2カ月位で、熱気が小腹のへそ下あたりに蓄積される感じが出る 
4)3カ月位で、熱気は増大し、呼吸を始めて数回で、熱気が現れる。胃腸が活
 動し、コロコロと音がすることもある。 
        ・・・・ 以上が第一段階 

2ー4 練功の3原則 
  調心・・・・こころを整える(大脳のやすらぎと安定) 
  調息・・・・呼吸を整える(深く長い呼吸を自然に行う) 
  調身・・・・正しい姿勢を保つ(リラックスする) 



TOP   体を健康  心を健康  能力を開発  講演会  セミナー

能力開発お話    講座テキスト    新聞紹介記事

足もみ   イメコン   速 読   記憶力   気功T   気功U





トップへ
トップ
戻る
戻る