より良い未来を実現するために・・・

福田高規先生の講演会


☆地球はこの永遠を生きている魂の試練の場である。魂は肉体と顕在意識の
心を持って地上に生まれ、生命の営みである愛を表現することを営んでいる。
私たち人間は、やがて自分の想いに出会って、実際にその想いを体験して生
命の営みを学ぶ。そして体験を積み重ねて、やっと自分の最奥にある生命 
本来の働きに自分をまかせることが最良の生き方だということに気づく。 

☆私たちの地上での体験の結果を興味深く眺めている意識がある。それは日
頃の私たちの想いの奥に存在している巨大な潜在意識だ。地上での一日の生
活が終ると、自分の潜在意識は肉体と顕在意識を眠らせて、その日の想いと
行為が生命の働きにそっていたか、それとも自分勝手であったかをチェックす
る。それをそっくり記録し、査定して私たちに警告や支持を発しているのが潜在
意識であり、その報告が夢だ   −魂からの警告より− 

 《人間の4つの意識》 

 〈身体〉   〈意識〉   〈状態〉 

  肉体    五官     魂体が見ている夢か幻 

  メンタル体  顕在意識  地上での一時の生命 

  魂体    潜在意識  永遠の生命 

  霊体    超意識    存在・法則 

 (生命体)           完全・協調・不変・愛・無限 


<参加者の感想> 

*夢をもっと意識してメモするようにしたいそしてもっと楽しい人生にしていきた
い。 

*心の持ち方が如何に大切かがわかった。 

*愛について体験しようと思った。 

*人間とは永遠を生きる意識であるという大きなテーマが、少しづつかみしめる
ことができた。 

*相手に対する祈りの意味が“ほめ讃える”&“相手の素晴らしさを見る”という
ことがわかって良かった。 

*先生のお話を伺っていると、パラメモリーを付けた時のように、手足、体全体が
温かくなり、不思議に思った。 

*夢からの警告が生命を生きさせる。意識を決意しないと夢が生かせない。目
先を見るよりももっと先を見るのが大切だ。 

*“愛は悲しい”という言葉が印象的だった 



TOP   体を健康  心を健康  能力を開発  講演会  セミナー

能力開発お話    講座テキスト    新聞紹介記事

政木先生   石川先生T  U  V   志賀先生   福田先生





トップへ
トップ
戻る
戻る