名古屋近代文学史研究会

山中散生略年譜(黒沢義輝・編)




山中散生の生涯

1905年(明治38年)

5月7日

愛知県名古屋市に生まれる。本名・山中利行。

1918年(大正7年)

4月

名古屋中学校入学。

関連リンク

1923年(大正12年)

4月

名古屋高等商業学校(現在の国立名古屋大学経済学部)入学。

関連リンク

1925年(大正14年)

4月

西脇(後、横部と改姓)得三郎(後、慶應義塾大学教授)、名高商に赴任、山中との終生の交友はじまる。

関連リンク

1926年(大正15年)

3月

名古屋高等商業学校卒業。

関連リンク
8月

NHK東海支部(当時)に就職。

関連リンク

1929年(昭和4年)

2月

詩と映画評論の雑誌『Ciné』創刊 (翌年まで全9号発行)。
本誌は第3号よりシュルレアリスム受容の先端的な場となる。

関連リンク

1932年(昭和7年)

9月

訳書『ボオドレエル論』(プルウスト著 金星堂)刊行。

関連リンク

1933年(昭和8年)

この年からエリュアールとの文通がはじまり、その輪はブルトン、ツァラ、ユニエ、シャール、マン・レイ、ダリ、ベルメールらに広がっていく。

7月

訳書『ラディゲ遺墨』(春秋書房)刊行。

1934年(昭和9年)

7月

山中編集『HOMMAGE À PAUL ÉLUARD』(海盤車刊行所)刊行。

11月

訳書『放縦』(アラゴン著 ボン書店)刊行。

1935年(昭和10年)

6月

『JOUER AU FEU (山中散生詩集)』(ボン書店)刊行。

1936年(昭和11年)

5月

訳書『童貞女受胎』(ブルトン、エリュアール ボン書店)刊行。
(同日発禁。「恋愛」の章削除の後、発行許可。)

10月

山中編集『超現実主義の交流(L' ÉCHANGE SURRÉALISTE)』(ボン書店)刊行。

10月〜

美術雑誌『みづゑ』に「ダダ精神」を連載。
これを皮切りに、以後同誌に精力的に海外シュルレアリストの活動・作品を紹介。

関連リンク

1937年(昭和12年)

5月

瀧口修造、山中共編『海外超現実主義作品集(ALBUM SURRÉALISTE)』(みづゑ臨時増刊 春鳥会)刊行。

関連リンク
6月〜7月

「海外超現実主義作品展」開催 (東京、京都、大阪、名古屋の4都市を巡回)。
山中は瀧口とともに本展の日本委員としてその開催・啓蒙に尽力する。

関連リンク
7月

訳書『或一生の内幕或は人間の尖塔』(エリュアール 春鳥会)刊行。

関連リンク

1938年(昭和13年)

1月

ブルトン/エリュアール編『シュルレアリスム簡約辞典』に瀧口とともに山中の名が登録される。

YAMANAKA
日本のシュルレアリスム運動の推進者。シュルレアリスムの詩人、作家。
関連リンク
11月

山本悍右編集、山中協力による詩誌『夜の噴水』創刊 (翌年まで全4号発行)。

1941年(昭和16年)

3月

東京本局へ転任、名古屋を去る。

関連リンク

1945年(昭和20年)

11月

富山放送局へ転任。

関連リンク

1946年(昭和21年)

6月

札幌中央放送局へ転任。

関連リンク

1947年(昭和22年)

この年の9月に設立された「日本アヴァンギャルド美術家クラブ」に加わる。

1948年(昭和23年)

5月

静岡放送局へ転任。

関連リンク

1950年(昭和25年)

7月〜8月

『みづゑ』に「戦後シュルレアリスムの動向」を発表。

関連リンク

1955年(昭和30年)

3月

松江放送局へ転任。

関連リンク

1956年(昭和31年)

詩集『黄昏の人』(国文社)刊行。

関連リンク

1958年(昭和33年)

6月

東京本局へ転任。

関連リンク

1961年(昭和36年)

5月

NHKを退職。
翌月よりNHK放送文化研究所に勤務、『日本放送史』の編纂に関わる。

関連リンク

1963年(昭和38年)

9月

詩集『夜の噴水』(プレス・ビブリオマーヌ)刊行。

1967年(昭和42年)

6月

詩集『砂の楽器』(国文社)刊行。

関連リンク

1971年(昭和46年)

6月

『シュルレアリスム 資料と回想』(美術出版社)刊行。

関連リンク

1975年(昭和50年)

6月

『ダダ論考』(国文社)刊行。

関連リンク

1976年(昭和51年)

11月〜

『古沢岩美美術館月報』に「シュルレアリスム雑考」の連載を開始。

1977年(昭和52年)

リンパ系白血病のため死去。

没後

1982年(昭和57年)

山中散生コレクション創設

1981年晩秋、横部得三郎が、海外のシュルレアリストから山中宛に送られた文献資料が未亡人のものとに保管されていることを確認。横部の仲介により、翌年、慶應義塾大学に収蔵され、<山中散生コレクション>が創設される。

関連リンク

1986年〜1987年(昭和61年〜昭和62年)

「前衛芸術の日本 1910-1970」展(1986年12月〜1987年3月 ポンピドゥーセンター・パリ)に<山中散生コレクション>から手紙8通と『海外超現実主義作品展目録』が展示される。

関連リンク

付記

本年譜は、講演会「シュルレアリスム紹介のパイオニア 山中散生」の配布資料(黒沢義輝氏編)をもとに構成し、関連リンクを加えました。(管理人)

関連リンク

名古屋近代文学史研究会 URL http://www.geocities.jp/nkbk1970/ メール nkbk1970@yahoo.co.jp

最終更新 2009年5月14日 ページ開設 2008年2月2日 サイト開設 2007年8月5日