主要目次へ

                                                                      
 

53.程度・比較・限定

      53.1 程度:ほど・くらい       53.2 比較:より・ほど               53.3 限定:だけ・ばかり・しか 53.1 程度:ホド・クライ 53.1.1 交換できる場合 [N/V ほど/くらい 〜Nはない] 53.1.2 交換できない場合 [〜ば〜ほど] 53.2 比較:ヨリ・ホド 53.3 限定 53.3.1 ダケ  舛世韻澄´◆舛世院◆繊 ´〜だけに/だけあって 53.3.2 バカリ  53.3.3 シカ

53.1 程度:ホド・クライ

「程度」は、前の「様子」に近いものですが、主節の述語に対して連用節が 述語の程度を表わすものです。単文での程度の副詞に当たります。「ほど」と 「くらい(ぐらい)」を使います。  「ほど」「くらい」が名詞などをうける用法は「18. 副助詞」で扱いました。 ここでは述語をうける用法を見てみます。

53.1.1 ホド・クライが交換できる場合

 「ほど」と「くらい」が交換可能な用法があります。形容詞や動詞によって 表される状態の程度を「V−ほど/くらい」が示します。「非常に〜」である ことを、印象的に、多少極端な言い方で表します。  この「V」の内容は、実際のことである場合と、単なるたとえの場合があり ます。否定形も受けられます。  まず、文末の述語を修飾している例から。 あの映像は悲しくなるほど/くらい 美しい。 歩けないほど/くらい、酔ってしまった。 このテーブルは10人でも持てないほど/ぐらい 重い。 ここのラーメンは新聞にも載ったほど/くらい 有名だ。      殺してやりたいほど/くらい 憎い。 日曜にも働かなければならないほど/くらい 忙しい。      死ぬほど疲れた。(×死ぬくらい)  初めの例で「あの映像が美しい」程度は、「あまり美しくて悲しくなる」と いうことになる・・・(ここでどうしても「ほどだった」と言いたくなるところで す)レベルだった、ということです。「死ぬほど」は慣用的な表現として固定 しているようで、「くらい」では言えません。  「くらい」のほうが「ほど」より少し話しことば的です。  「しそうだ」「V−かもしれない」を受けることができます。      うちの子は将棋が好きで、もう私も負けそうなほど強くなった。 私たちにも買えるかもしれないくらい安くなってきました。  「〜だろう」「〜らしい」は使えません。  あとに「に」をつけて、「V−ほどに」「V−くらいに」とすることもでき ます。そうすると少し重々しい感じがします。 疑問語は、「どれ/どの くらい」「どれほど」です。      その恐竜はどのくらい大きかったんですか。  これらの「ほど」と「くらい」はお互いに入れ換えることができます。以下 の例でも同様です。  次に、文末以外の位置にある述語を修飾する場合の例。 びっくりするほどきれいに撮れた。(びっくりするくらい) 知らない人はないほど有名な話だ。 向こう岸が見えないくらい広い川だ。 やめたくなるくらいきつく、つらい仕事です。      いやになるくらい面白くない映画だった。      一つもできなかったほどむずかしい試験だった。 最初の例で「びっくりするほど」が修飾している「きれいに」は、それ自体 が「撮れた」の修飾語になっていますが、「びっくりするほど」の修飾語とい う役割は変わりません。修飾語の修飾語になっています。 この「ほど」「くらい」は「だ」をつけて文末におくこともできます。 あの映像は(とても)美しくて、悲しくなるほどだ。      酔ってしまって、歩けないほどだった。      箱は重くて、一人では持てないくらいだった。(〜くらい重い)      その苦しさは、耐えきれないほどだった。(〜ほどの苦しさだった)  上の三つの例は「〜て」の形を受けています。「原因」の「〜て」です。 「〜ので」でも言えますが、二つの節の関係が直接的なので、「〜て」のほう が自然な感じがします。   最後の例は名詞を受けていますが、「苦しさ」は「苦しい」と同じようにそ の程度を考えることができます。  また、「〜ほど/くらいのN」の形にもなります。      食べきれないほど/くらい の食べ物  この場合はもちろん「食べきれないほどたくさんの」という意味合いです。      息苦しくなるほどの映像美   (〜ほど美しい)      一人では持てないほどの重さ      向こう岸が見えないほどの(広い)川  この「広い」は省略できます。「〜ほどの川」だけで、広さが問題になって いることがすぐに了解できるからです。また、「〜ほど広い川」でもいいわけ です。  「〜だ」が「〜になる」になる例。      コートが要らないぐらいになった。(〜ぐらい暖かくなった)      枝が伸びて、屋根に届くほどになった。(〜ほど長くなった))  それぞれ、「暖かく」「長く」の省略と考えられます。

[N/V ほど/くらい 〜Nはない]

 他にないのですから、「いちばん・・・だ」という意味を表します。      この湖ほど美しいところはない。      この問題ほど難しい問題はない。      あいつをだます(こと)ぐらい/ほど 簡単なことはない。  「こと」が入れば名詞節を受けることになります。

53.1.2 ホド・クライが交換できない場合

 さて、「ほど」と「くらい」の言い換えのできない場合があります。 プロと比べられるほど上手ではありません。     ?プロと比べられるくらい上手ではありません。      プロと比べられるほど/くらい 上手です。 「くらい」はどうも安定しません。単に否定だからだめだということでもあ りません。      食べる物が買えないほど/くらい お金がなかった。      皆が途中で帰ってしまうほど/くらい つまらない講演だった。 言いかえられる例では「Aほど/くらいB」のAとBの関係は「BだからA」 という関係です。      お金がない→食べ物が買えない      つまらない→帰ってしまう  それに対して、上の言いかえられない例は、      上手ではない→プロと比べられる となりません。否定をAとBの関係の外に出して、      [上手だ→プロと比べられる]ではない と考えればいいわけです。もとの文に戻して、 [プロと比べられるほど上手]ではありません。 のような構造だと考えられます。      ヨットが買えるほどお金持ちではないよ。(×くらい)      ヨットが買えるほどのお金はないよ。(?くらいの)      僕のお小遣いで買えないほど高くはなかった。(×くらい)      どうしても結婚したいというほど愛してはいなかった。(×くらい)  「ほど」を文末に移した例。 速いといっても、入賞するほどではなかった。(×くらい)  次の例も「くらい」では言えません。      君が言うほど難しくなかったよ。       ×君が言うくらい難しくなかったよ。  修飾される述語を肯定にすると、「ほど」でも変です。     ×君が言うほど難しかった。 「難しい」程度は「君が言う(言った)」では示せません。  これは否定と共に使われる「ほど」で、「比較」に近い文型です。  上でも簡単に述べましたが、これまで多く見てきた「ほど・くらい」の言い 換えのできる例の場合は、      びっくりするほど難しかった。 のように、「AほどB」のAとBの関係は、      とてもBなので、Aするほどだ となり、AはBの程度を強く印象づける内容になっています。  しかし、この用法は、A程度をかなり高いものとして予想した上での表現 で、実際にはBはその程度まで届かない、という否定的な内容です。      政府が繰り返し強調したほど重大な問題ではなかった。      行く前に想像したほどは大きくはなかった。      現地へ行ってみると、言われているほど汚染は進んでいなかった。  これらはそれぞれ、      政府が繰り返し「重大だ」と強調したほど〜      行く前に「大きいだろう」と想像したほどは〜      「汚染がひどい」と言われているほど〜 というようなことが前提になっています。「ほど」の前の動詞は言語・心理関 係の動詞で、「引用」のできる動詞です。(→「58. 引用」)実際に知る前に 「程度が高い」という予測があったが、実際はそうではなかった、というのが この用法です。  単文の比較の文型で、      AはBほど大きくない というとき、Bはある程度「大きい」ものであるのと並行しています。  「君が言うほど〜」の例も、      君が「難しいぞ」と言う(言った)ほど難しくなかった。 と考えられますが、「言った」を「言う」で言えるのは、この動詞の特性です。  「見る」は引用の動詞ではありませんが、「〜を〜と見る」という文型に なる動詞です。      この仕事は、はたで見るほど楽じゃないよ。(×くらい)     (周りの人が、この仕事を「楽だ」と見るほど、楽じゃない)  次に、「くらい」のほうが自然な例。「最低」を示す「くらい」は「ほど」では 言えません。      ここに入っちゃいけない(こと)ぐらい知ってるでしょう? 入賞したぐらいで喜んではいけない。      休みの日でも警備員をおくぐらいできるだろう。(ぐらいのことは)      彼女じゃあ、即席ラーメンを作るくらいが関の山だ。 ちょっとビールを飲むくらい、いいじゃないか。  「〜ことくらい」または「〜くらいのこと(+助詞)」でも言えます。前者は 「名詞節+くらい」で、つまりは「Nくらい」と同じことになります。      市の大会で入賞するぐらい、大したことじゃない。 「入賞することは大したことではない」という意味ですが、      市の大会で入賞するほど、大したことじゃない。 とすると、「このこと(何かはわかりませんが)は、市の大会で入賞することほ ど素晴らしいことではない」という、まったく違った意味になります。  また、「ちょうどその分くらい」という意味の場合も、「ほど」では言いに くいか、「ほど」で言うと意味が多少変わってきます。 この小さな店がちょうどいっぱいになるぐらい、客が来た。      車ならちょうど10分かかるくらいの距離だ。      「会費はどのくらいになりそうですか」「そうですねえ。1万円で      お釣りがくるくらいです」  「ほど」の「君が言うほど難しくなかった」に対応する「くらい」の例。      ちょうど君が言っていたくらい難しかったよ。      ちょうど君が言っていたくらいの難しさだったよ。  「君が『このぐらい難しい』と言っていた」のと同じくらい難しかった、と いう意味です。なぜか名詞文にしたほうが安定した感じがしますが。  

[〜ば〜ほど]

        「ほど」は「AばBほど」の形で、Aの程度が上がるに従って、Bの程度も 上がることを表す文型に使われます。「Aば」が省略された形でもよく使われ ます。 飲めば飲むほど、体が軽くなる。      安くなればなるほどたくさん売れる。      南へ行くほど暖かくなる。 大きいほどいいんですが。 (大きければ〜)

53.2 比較:ヨリ・ホド

単文の「17.比較構文」のところでも述べたように、そしてすぐ上でみた、 「ほど」「くらい」の用法の広がりを見てもわかるように、程度と比較は関係 の深いものですので、程度の連用節に続けて比較構文をとりあげることにしま す。  比較構文で名詞が入るところに節を入れることができます。これは名詞節の 一つの用法と考えることもできますが、「の」も「こと」も使わず、述語に直 接「より」が接続できるところに特徴があるので、名詞節とは別にしておきま す。  まず、動詞が入る例から。「AよりBほうが」または「BほうがAより」の 形。 渋滞すると、車より自転車のほうが速い。(名詞の例) 渋滞すると、車に乗っているより降りて歩く/歩いた ほうが速い。 店で買うより自分で作る/作った ほうが安く上がる。 でかけるより家で寝ている/いた ほうが楽だ。      手紙を書くより電話する/した ほうが時間の節約になる。        ワープロを使うほうが手で書くよりかえって時間がかかるよ。      手で書くよりワープロを使ったほうがきれいに書けるよ。        宗教の教えは、人を生かすより殺すほうが多い。(×殺した)      車を買うほうが免許をとるよりやさしい。(×買った)      離婚するほうが結婚するよりはるかに難しい。(×離婚した)  単文では、「NよりNのほうが」という形でした。節が入ると、      A(現在形)より B(現在形/過去形)ほうが〜 となり、Bの現在形と過去形は多くの場合入れ替え可能です。ただ、過去形の ほうが仮想的で、「望ましいこと」という意味合いがあり、「忠告」の「V− たほうがいい」に近くなります。  「望ましい」という意味合いがない、「生かすより殺すほうが」以下の例で は「殺したほうが」は言えません。もちろん、それぞれの動詞が過去形になら ないということではありません。      むだに苦しませるより、早く殺したほうが動物にとってもいいんだ。      離婚したほうが、憎み合って暮らすよりずっと精神的にいいさ。  「AはBより」の形。Aは「〜の/こと」の名詞節になります。      失敗から学ぶことは、たまたま成功してしまうより価値がある。      車を買うのは、免許をとるよりやさしい。       離婚するのは結婚するよりはるかに難しい。 「どちら/どっち」による疑問文は「〜の/こと」名詞節を使います。 車に乗るのと、歩くのと、どちらが好きですか。 でかけるのと、家で寝ているのと、どっちがいい?      人を疑うことと、信じることとでは、どちらがより難しいことだろ      うか。 節内の述語が動詞以外の例。ナ形容詞では「である」または「なの」を使い ます。名詞述語は「である」を使います。「こと」を入れれば名詞節となり、 単文の比較構文と同じになります。 女性は美しいよりやさしいほうが私には望ましい。      男性にとって、妻がきれいであるよりその性格がおだやかなほうが      重要なことだ。      病気で暇(なの)より、元気で忙しいほうがいい。      安い(こと)よりおいしい(ことの)ほうが大事(なこと)だ。      この車は、音がうるさいことより排気ガスが多いことのほうが大き      な欠点だ。       cf. この車は、その大きさより燃費の悪さが大きな欠点だ。      忙しい金持ちであるより、暇な貧乏人であるほうがいい。      私は指導者であるより、一市民として参加したい。  これまでの例とはちょっと違った形の例文を少しあげておきます。主節の述 語や節の助詞が違うものです。      給料を上げることより、休暇を増やすこと(のほう)を要求した。      初任給を上げるより、休暇を増やすことで大学生を引きつけた。      自分で努力することより、幸運に恵まれることに頼っている。      夫の死を嘆き悲しむより、子どもを育てるのに忙しかった。      私は、腹を立てるよりもあきれかえってしまった。      うちへ帰るよりもまず一杯だ。 手で書くより、ワープロで書くといいよ。      人に頼るより、自分でやってみることを考えたらどうだ。 話を聞くより、ただ相手の顔を見てばかりいた。  最後のほうは、「〜より」があるだけで、比較の文型とは呼びがたいもので す。  否定は「名詞節+ほど」を使います。            禁煙を始めるのは、続けることほど難しくない。何度もやった。      冒険をして失敗することは、恐れて何もせぬことほど悪くない。      子どもを育てるのは、子供を作ることほど簡単ではありません。 次の例は、前にとりあげた「程度」の例です。比較ではありません。   車を運転するのは、思っていたほど難しくなかった。      何事も実行するのは口で言うほどやさしくない。    「より」を使うこともできます。「こと」はなくてもかまいません。      三日後の天気を正確に当てることは、ロケットを月に当てるよりも      やさしくないのです。  比較で「同程度」を表すには、名詞節にしてしまって、      山道を降りるのは、登るのと同じくらい注意が必要だ。 のように、      〜の/こと は 〜の/こと と同じくらい〜 という形にします。  これは単文の比較表現の、      AはちょうどB(と同じ)くらい難しい。      AはちょうどB(と同じ)くらいの難しさだ。 に対応する文型です。

53.3 限定

 単文の「18.副助詞」で取り上げた「だけ・ばかり・しか」が述語を受ける 用法を見てみましょう。基本的な意味は「限定」です。連用節としての用法だ けでなく、「〜だ」の形で文末に来る用法、つまり助動詞的な用法もここでみ ていきます。

53.3.1 だけ 

 屐舛世韻澄

 「Nだけ」の一つの意味は、述語の表す意味に該当する名詞はこのN以外 にない、というような意味でした。「〜だけだ」の形で述語を受ける場合も、基 本的には同じです。  事柄の描写として正しいのはこの述語以外にない、という意味を表します。 「〜だけで、〜」の主節は、否定的とは限りません。      新幹線なんて速いだけだ。      眠いので寝ていただけです。病気ではありません。    この辞書は厚いだけで、内容はさっぱりだ。      時々会議に出るだけで、外には何もしなくていいんですよ。      参考書を買ってきただけで、ぜんぜん読んでいない。      漢字がいくつかわからないだけで、内容は全部わかりました。  な形容詞は連体形の「−な」を使います。      デザインがちょっと変なだけで、性能は最高だ。  名詞節の「〜こと」ももちろん受けられます。      私の今日の仕事は会議に出席することだけです。 主節は、推量や命令や意志を表すこともできます。      あいさつがちょっとあるだけで、あとは気楽な会になるだろう。      おもちゃは見るだけで帰ってきなさい。買っちゃだめよ。      彼女と週に一度会うだけで我慢しよう。毎日会ったら勉強できない。  「Aだけでなく、B」の形で、もう一つの述語も成り立つことを表します。 この部屋は明るいだけでなく、風通しもいいね。 このリンゴは形が悪いだけじゃなくて、味も悪い。買って損した。      見舞いに来ただけでなく、仕事の話を持ってきてくれた。      ただ量を走るだけでなく、フォームを考えて走りなさい。  最初の二つの例は、類似のことを単純に並べただけなので「〜し、〜」に置 き換えられます。主節のほうに「Nも」が現れています。最後の例は述語は同 じ「走る」ですが、修飾語の内容が違います。「だけでなく」で否定されてい るのは「量を(走る)」です。これは「〜し、〜」では言えません。また、主節 に命令や意志の表現を使うことができます。  「だけだ」の「だ」が他の形になり、他の文型との組み合わせもいろいろで きます。      見るだけの客      行って帰ってくるだけの仕事       安いだけなら、ほかにもある。 安いだけでは、売れない。      試合に出られただけで十分です。(〜で十分だ)      一度失敗しただけだろう?まだまだこれからだよ。      口で言うだけならかんたんだ。      ちょっと顔を出してくれるだけでもいいんだけどなあ。      叱るだけじゃダメだ。たまにはほめてやらないと。  「V−だけにする」という表現もあります。      今日は仕事の手順を決めるだけにして、作業は明日からにしよう。      今回は会って話すだけにしよう。取引は別の機会にしたい。。 慣用的な表現で、「〜だけがNだ」という言い方があります。      足が速いだけがあいつの取り柄だ。      おまけが付いているだけが魅力のお菓子だが、子供は欲しがる。      大きいだけが売りものの冷蔵庫だね。工夫がないね。

◆屐舛世院◆繊

 「Nだけ」のNが分量の時、「ちょうどその分」という意味がありました。 「それ以上ではない」ということですが、否定的な評価はありません。述語を 受ける場合にも、同じような使い方があります。「ちょうどその分」です。      テレビも見られるだけ、こっちのパソコンのほうが得だ。 そう言われるだけ、評価されているということだ。 相手にしてくれるだけいいよ。      角が丸くなっただけ、持ち運びに便利な形になった。      ここにあるだけ、全部使ってしまおう。      まだ余力を残しているだけ、こちらに勝ち目がある。  同じ動詞が「だけ」の前後に使われる形があります。最大限という意味合い になります。前の動詞が可能形や「V−たい」の形をとることが多いです。   「のこと+助詞」が「だけ」の後ろに入ることもあります。 手に持てるだけ持った。 やれるだけ/できるだけ(のことを)やってみろよ。 言いたいだけ言えばいいさ。  次は「最大限」ではなく、「ちょうどその分」です。      こんな本でも、出せば出しただけの価値はある。      やるだけ(のこと)はやった。  違う動詞の例。      カバンに入るだけ詰め込んだ。      欲しいだけあげるよ。      要るだけ持っていっていいよ。  後の動詞が「V−てみる」になる場合も多くあります。こちらは最低限です。 ただし、否定的な意味合いはありません。      会うだけ会ってみてください。      どんなものか、見るだけ見てみよう。      話を聞くだけ聞いてみよう。 一応、見るだけは見たけどね。あまり大したことはないね。  「V−ばVほど」の文型の「ほど」のところに「だけ」を使ってほぼ同じ意 味を表すことができます。      やればやるだけ上手になる。      使えば使うだけ少なくなる。 「すればするほど」「すればするだけ」を比べると、ほぼ同じように思いますが、いろいろ違った語や形式にすると、多少の違いが現れるようです。  まず、「〜ほどのN」は言えそうにありませんが、「〜だけのN」は言えます。 その場合、「しただけの」のように過去形が使えます。     努力すれば努力しただけの効果があるものだ。    ×努力すれば努力したほどの(努力するほどの)効果があるものだ。  この例から感じられると思いますが、「AほどB」のほうは、Aの程度が増すとBの程度も増す、それが一方向的であり、「どんどんそうなる」ということを強める言い方であるのに対して、「AだけB」のほうは、Aの程度の変化の分に「相当する分」、Bの程度も変化する、というような意味合いなのではないでしょうか。 これは、「だけ」が「限定」であるということによるのだろうと思います。    金があればあるだけ使ってしまう。(その分全部) 「あっただけ」も可    金があればあるほど使ってしまう。(「どんなに多くても」多さを強調)    金が入れば入るだけ(入っただけ)、その日のうちに使ってしまう。   ?金が入れば入るほど、その日のうちに使ってしまう。    この例の場合、「程度」と言うより「分量の多さ」と言ったほうがいいでしょうか。    この女優、見れば見るほど、いい女だねえ。   ?この女優、見れば見るだけ、いい女だねえ。      これが変なのはなぜでしょうか。「見る」ことの分量に対応する「いい女だという思いの強さ」が想定できないからでしょうか。

[〜だけに/だけあって]

 「18.副助詞」でも「Nだけに/だけあって」の形を出しましたが、それが 節を受ける例です。  「AだけにB」は、特徴のあるAという事実から、当然の結論としてBとい う判断が出てくる、という意味を表します。「〜からこそ」にほぼ置き換えら れます。 話が急に決まっただけに、準備が大変だ。 なかなかおいしかっただけに、閉店とは残念だ。 あと少しで同点、というところだっただけに、惜しかった。      内情を知っているだけに、批判はしにくい立場だ。      最重要の課題であるだけに、慎重な対応が必要だ。 同じ名詞を繰り返して、「NがNだけに」という形で、「そのNが特別なN だから、当然〜」という意味を表します。 昨日の事件は起きた場所が場所だけに、日本中の注目を集めている。      この映画は、主役が主役だけに大当たり間違いなしだ。  「〜だけあって」は、あるNに関して、その程度が高いことを予想させる評 判や様子があることを示し、主節のほうは実際にその通りであることを表しま す。「〜だけのことはある/あって」の形も使われます。「さすが(に)」がよ く一緒に使われます。      この画家はさすがに有名なだけあって、高い値段が付いているね。      偉そうなことを言っているだけあって、確かに実力はあるねえ。      さすが才能のある作家が長い年月をかけただけあって、いい作品だ。 なるほど、自慢するだけのことはある。最高にうまいラーメンだ。

53.3.2 ばかり

    基本的には「だけ」の,汎韻犬茲Δ瞥冕,任后「〜ばかりだ」はそれ以外 のことが起こらない、という否定的な意味を表します。「〜ばかりで、〜」の 形も多いです。その場合、主節にも否定的な内容が来ます。過去形・否定形は 使いません。      単身赴任の日曜日、ただ家族のことを思うばかりだ。      彼は文句を言うばかりで、ちっとも仕事をしない。      シルクロード。ただ砂漠が広がるばかりだったが、感動した。      こうなったら、後はひたすら祈るばかりだ。 ただ見ているばかりで、何もできなかった。 これは安いばかりで、性能は良くない。      楽な仕事だけれども、退屈なばかりでいやになってきた。  主節に命令や意志などは来ません。推量は使えます。      どうせ人が多いばかりで、面白いことはないだろう。     ×ちょっと見るばかりで、すぐ帰ってきなさい/来よう。(○だけで)  「〜ばかりでなく」の形があり、「〜だけでなく」とほとんど同じ意味で使 われます。「〜ばかりか」の形でも同じ意味で、少し書きことばです。いいこ とにも悪いことにも使えます。主節に「Nも」がよく使われます。 この果物はおいしいばかりでなく、香りもいい。      いつも顔を出すばかりでなく、必ずおみやげを持ってくる。      彼女は、テニスが得意なばかりか、スキーも一級の腕前だ。      顔を出さないばかりか、電話もしてこない。  「〜ばかりが(〜ない)」の形もよく使われます。あとに否定的な内容が来 ます。「〜だけが」に置き換えられます。     早いばかりがいいとは言えない。       目立つばかりが個性じゃない。 このトランクは大きいばかりが取り柄で、かさばって困る。  「V−ばかりだ」はいくつかの意味があります。前に「24.10 V−たばかり だ」という文型をとりあげました。それと形の上で対応する「V−るばかりだ」 には、3つの用法があります。  まず、最初に出した「〜だけだ」に近い意味のもの、次に、ある方向への変 化ばかりが起こる、という用法があります。悪いことが多いようです。      毎年、トシと体重が増えるばかりだ。      考えれば考えるほど、わからなくなるばかりだ。      この地区の人口は減って行くばかりで、高齢化が進んでいる。  もう一つの用法は、「外の準備は終わって、残っているのはこのことだけだ」 というような意味を表します。あまり多くは使われません。   準備は全部終わって、後は始めるばかりだ。      留学の手続きをみなすませ、後は出発の日を待つばかりだ。     豪華な料理が並べられ、乾杯の合図を待つばかりになっている。  「〜ばかりに」の形で「理由」を表す用法は「50.8.1 〜ばかりに」で説明 しました。「そのほかのことのためでなく」というような意味合いが、限定と 関係するのでしょう。  「V−てばかりだ/ている」という形もありました。これも「外のことはせ ずに」という限定の意味合いがあります。「44.2(複合述語と)他の要素との 関係」というところでかんたんに触れました。  最後に、ちょっと特別な形で「V−んばかりに」というのがあります。大げ さな、古い言い方という感じがします。この「ん」は否定の「ぬ」で、「V− ぬばかりに」でも使われます。動詞の形は「V−ずに」の場合と同じです。 「ほとんどそれに近い状態だ」という意味です。 まるで「お前のせいだ」と言わんばかりの言い方だった。      その時、核弾頭ミサイルはまさに発射せんばかりになっていた。

53.3.3 しか

 「動詞+しか」の形は用法の狭いものです。他に取り得る選択肢がない、と いう場合に使われます。文末の否定は「〜しかない」または「〜しか〜Nがな い」という形になります。             もう会社をやめるしかなかった。      ただ謝るしか(しかた/方法 が)なかった。      その山道を行くしか逃げる道はなかった。  次の例は、「人に頼ることを考える」という「〜こと」の名詞節を使った文 に「しか」を使っただけで、ここで取り上げた「動詞+しか」の例とは違う文 型です。      彼はいつも人に頼ることしか考えない。 [参考文献] 野田時寛2001「複文研究メモ(5) 程度・比較構文」『中央大学論集』22 井本亮1999「「ほど」構文の解釈と主文の有界性について−述語動詞句の動詞分類を中心に−」『筑波日本語研究』4 井本亮2000「連用修飾成分「ほど」句の用法について」『日本語科学』8 安達太郎2001「比較構文の全体像」『広島女子大学国際文化学部紀要』9