主要目次へ


7. 格助詞のまとめ

7.1 が 7.2 を 7.3 に 7.4 へ 7.5 で 7.6 と 7.7 から 7.8 まで 7.9 より 7.10 格助詞の重なり   補説§6.2 格助詞参考資料   補説§7                      補説§7  §7.1 高橋のニ格 §7.2 『日本語文法ハンドブック』 §7.3 「時の名詞+デハ」 これまでは、述語の方から考えて、その述語がとる補語についてみてきましたが、 ここで、逆にそれぞれの格助詞の用法をかんたんにまとめておきましょう。後で複合 述語とともに使われる場合の用法も参考までにあげておきます。

7.1 が

 最も基本的な格助詞です。動詞文・形容詞文・名詞文のすべてに使われます。 ー臑痢  ‖減漾状態・動き(動作)・変化などの主体      人がいる   人が転ぶ   雨が降る   色が変わる      空が赤い   桜がきれいだ    対象(一部の述語) 「は・が文」で動詞は状態性      英語が分かる/要る   スキーができる/好きだ/上手だ      漢字が読める(複合述語 →「25.3 可能」)      スキーがしたい(複合述語 →「37.希望」)  Bμ      彼女は色が白い。      このひもはちょっと長さが短い。  名詞文に使われる「が」をどう考えるかは難問です。(→ 6.1.1)

7.2 を

 動詞文に特徴的な格助詞です。形容詞文・名詞文には原則として使われません。 ‖仂檗 (理的・抽象的な働きかけの対象(→ 6.2.1))      本を読む   嘘を言う   物を壊す   穴を掘る           人を愛する   足の骨を折る   風邪を引く 移動の場所  移動の自動詞      道を渡る   歩道を歩く  出発点  移動の自動詞      国を離れる   部屋を出る   大学を出る  せ般鬚梁仂檗 (9臀匕譴梁仂檗 腹「25.2 使役」)      子供をあそばせる   人を笑わせる   腕をぶらぶらさせる  例外的に形容詞文や名詞文で使われるのは、次のような場合です。      私は彼女のような有能な人を秘書に欲しい。      今、ワープロソフトをインストール中です。(→ 2.9)

7.3 に

 用法の広い格助詞です。基本的な意味は何らかの意味での「点」を示すことでしょう。 形容詞文にも多く使われます。「受身」や「使役」という「ボイス」にも使われます。 〔榲地・到着点  物理的・抽象的移動  「へ」に近い      家に帰る   部屋に戻る   いすに座る      家に呼ぶ/招待する   棚に置く/並べる   部屋に運ぶ      上に伸びる   天井に届く   駅前に止める  家に泊める 存在の場所 物理的・抽象的      家にいる   結論に問題がある        この病気は子どもに多い B仂檗 崚着点」と同じ方向性がある      人にかみつく   人に頼る 仕事に慣れる      人に親切だ   仕事に熱中する   地理に詳しい    ち蠎蝓‖仂櫃痢孱里髻廚ある場合 「到着点」と同じ方向性がある      人にものをあげる/文句を言う/手紙を書く   ゲ舷諭 孱里ら」とも言える       人にもらう/借りる/教わる 時点 時間の一点(長くても)      2時に会う   縄文時代に発達した Ц彊  生理的・心理的な原因が多い      物音に驚く   酒に酔う   雨に濡れる ┫霆      親に似ている   服に合う   仕事に要る/必要だ      私には難しい   この仕事に適当だ   駅に近い 変化の結果        赤に変わる   病気になる        円をドルに替える   服を背広に着替える 使役の対象 (→「25.2 使役」)      子供に行かせる   国に補償金を払わせる    受身の「元の文」の動作の主体(→「25.1 受身」)      親に叱られる   雨に降られる   スリに財布をすられる

 

7.4 へ

 方向を示します。用法の狭い格助詞です。到着点の「に」と重なります。   方向 行く・来る・帰る   戻す・置く

7.5 で

 用法の広い格助詞で、様々な副次補語を形作ります。 ‘虻遒両貊      学校で勉強する   道で遊ぶ   ベッドで寝る 道具・手段      ペンで書く   車で通う   日本語で話す  H楼蓮θ楼呂僚わり      世界で最初だ   この中で選ぶ      3時間でできる   3時で締め切る ご霆燹      規則で決める   日本円で千円    ジ彊・根拠      風邪で休む   声でわかる ν融辧      浮かない顔で   はだしで  Ъ臑痢      私のほうでやっておきます  ┷猯      木でいすを作る

7.6 と

 〜蠍澳愀検腹 2.6、3.6.3、6.8)      彼と会う 話す 約束する 結婚する 等しい 同じだ 仲間      彼と行く  子供と風呂に入る 「相互関係」の方は名詞文・形容詞文・動詞文のすべてに使われます。「仲間」は 動詞文だけです。  並列助詞の「と」との違いに注意が必要です。(→「5.名詞・名詞句」)

7.7 から

 基本的には何かが発するところです。 ―佝点・開始点      外国から来る   部屋から出る   最初からやり直す そこから動かす   棚から戻す       1時から始める   ∩蠎      先輩から買う   店員から受け取る  2舷 「に」でも言える       親からもらう   知人から借りる じ粁      牛乳からチーズを作る  ズ拠     このことからわかる/明らかだ  Ψ侏嚇      窓から庭に出る   Ъ臑      妹から送ってきた ┝身の「元の文」の動作の主体      先生から誉められた(→「25.1 受身」)

7.8 まで 

 「から」との組み合わせで、ある範囲の終わりを示します。場所と時の場合は 「終点・終了点」と呼んでおきました。 範囲    所 東京から京都まで     時  2時から3時まで  朝から晩まで(一日中)     その他  大金持ちから貧乏人まで(みんな)          素粒子から銀河系まで (すべてのもの) 副助詞の「まで」は別です。(→「18.副助詞」)

7.9 より

よく使われるのは比較構文です。その場合、他の格助詞とは性質が違うところが あります。くわしくは「17.比較構文」で述べます。 “羈咾隆霆      漢字はかなより難しい ∋賄澄塀颪言葉)      これより始める  「文法辞典」より

7.10 格助詞の重なり

格助詞は基本的には相互に重ならないのですが、何ごとにも例外はあります。  範囲の「NからNまで」は「が/を/と」の前に来ることができます。      ここからが難しいのです。      5ページから8ページまでをコピ−しました。      この生地の長さは、テーブルの端から端までとちょうど合います。  ただし、次の「と」は並列助詞の「と」です。      AからBまでと、CからDまでは同じ長さです。 また、次の「と」は、連用修飾語を作るための「と」(「ゆっくりと歩く」の「と」と同じ)でしょう。      西へ西へと歩いていった。  格助詞の「と」は「が」の前に使われることがあります。何らかの動詞が暗示されます。      決勝戦は彼とがいちばん多かった。(彼と戦う/試合をする)  比較の「より」は、「が/を」以外の格助詞に接続することがあります。 (→「17.比較構文」)      家からより学校からのほうが近いです。 なお、「の」はふつう格助詞とされますが、この本では名詞と共に補語となるものを 格助詞としたので、ここでは扱いません。分類上、名前を付けるとすれば「連体助詞」 でしょうか。「が」「を」「に」以外の格助詞と自由に接続できる点でも他の格助詞と 違っています。      Nへの/での/からの/までの/との [補説§6.2]格助詞参考資料 補説§7 目次へ
主要目次へ