2005年5月



とげ、トゲ、棘!


下駄を脱いで脚立に乗って撮影中。


右側の美しいぎざぎざの葉はGalactites tomentosa 。上側はオオヒレアザミOnopordum acanthium。
大きい方の株は去年は咲いてないので2年草ならぬ3年草^^;です。そしてマリアアザミ Silybum marianum 。トゲがすごい。皮手袋でも突き刺してしまいそうです。
すこし立ち上がってきました。

マリアアザミがぐんぐんとのびてきました。薔薇は赤く写ってるけどルイ14世です

紫の花、バーバスカム・ビオレッタ出てlきました。

マリアアザミとオオヒレアザミの絡み。

ジギタリス・アプリコット。この場所が毎年定位置で今年はトゲ一族に絡まれて災難かもしれない。


5月末の全景。マリアアザミは2mに近くなり、オオヒレアザミも花穂が上がってきました。手前は原種ペチュニア、完全に野生状態、こぼれてここに居ついています。Galactitesにも花がさいて、このころになると姿が乱れがちに。
奥は失敗したホワイトガーデン。白の質感が花によってとても違い、白ばかりの中ではペンキーでうるさく感じるものもありました。咲き終わった花柄がとても汚く見えるので、うちのような放任ガーデナーには無理だと実感しました。それと花時期も微妙で組み合わせが難しいし。最後のタチアオイのW白が神々しく咲いたのですが、ほかの花はすでによれよれで、調和も何もなかったです。残念。


そのペンキーなやつ。この画像の外周りは実はもうよれよれぐちゃぐちゃです。

グチャグチャになる前の自称ホワイトガーデン。



back

top

next