マクドナルドでスマイルLサイズを注文




この企画は当初、自転車でドライブスルーをするものでした。

この企画は公開する前から人気がある!!これはイケるぞ!!
そう思い、喜び勇んで実行してみました。
























店員「はい、どうぞ。ご注文はお決まり・・・ぶふっ」

調査員の果敢な自転車姿を見た店員はいきなり笑って、しばらく時間が経った。


調査員「・・・すいません、注文はいいでしょうか?」

店員「自転車でのご来店は大変危険ですので、ご遠慮下さい」







何ッ!!






























マジデスカ?





























完璧な負け戦です。自転車は車だろ?ドライブだろ?
だったらドライブスルーとか出来んだろ??

様々な反論や不満が浮かんできますが、ここは引かねばなりません。
なんせ後ろが詰まってますからね。




予想だにしない展開に混乱しながら、一つの答えを出しました。

だったら直接店内でスマイルを注文しようじゃないか。



調査員の目が光ります。

そして、再び勇んで店内へ。これなら断られずに済みます。




店員「ご注文はお決まりでしょうか?」

調査員「ハンバーガーと、ドリンクSと、スマイルLをお持ち帰りで

店員「はい、かしこまりました(ニコッ)」


何ッ!!反応が普通過ぎる!!


またスマイルか、仕方ないな。というような感じで、店員はスマイルをしました。
多分、過去にも同じようにスマイルを注文した人がいるのでしょう。
これではリアクションとしては薄すぎます。

店員「合計、180円になります」


渋々この結果に不満を抱きながらも、お金を出そうとしましたが、
1円玉の実験でまだ1円の束が残っていたので、それで支払う事にしました。

















1円玉の束×3 10円玉×3 合計180円。


店員「!!」


ん?店員さんの顔がハトが豆鉄砲を食らったような顔をしています。
あれ?俺なんか変な事したか?


店員「ちょ・・・ちょっとお待ち下さい」


店員さんはそう言うと、奥の方に行って、店長さんらしき人を呼んできました。
何?何?何が始まるの??


店長「こ・・・これは・・・」

店長はいぶかしげな顔をして1円玉の束を掴み取りました。
他の店員さんも集まってきて、1円玉の束にみんな驚いた表情をしていきます。
明らかに困惑しています。明らかにこれはさっきのリアクションより数倍良い。


店長「アンタが初めてだよ、こんな事をしたのは」

そりゃぁ、そうでしょう。誰が1円玉150枚なんて出すんですか。



調査員「すいませんが、スマイルLサイズをお持ち帰りしたいのですが・・・」


僕が店員さんに頼み、スマイルLサイズをお持ち帰らせて頂きました。























(スマイルLサイズお持ち帰り) 

やったね☆












店員さんがノリノリで助かりました。あの1円玉の束が効きましたね。
そして注文して出された品がこれ。





ん、右上に何か書いてありますね。拡大しましょうか。




















スマイルキターーーーーーーー!!!!!11






ありがとうマクドナルド

ありがとう店員さん

ありがとうスマイル。



僕はこれがきっかけで、大切な何かを忘れていた事に気づきました。
お客様全てのニーズに応える。その精神が大事なのだと。改めて知る事が出来ました。


もう一度言います。

僕達に夢を与えてくれて、どうもありがとう。





戻る