10円ガムの当たりの比率を調べる


今回はこれを更新するのが久しぶりなので、気合いをいれていきたいと思います。

それでは、タイトルを見て分かると思いますが、10円ガムが当たる確率を
調べる事にしました。そのために、合計100個の10円ガムを集めます。
その集める時に注意する事。

・箱ごと購入するのでは無く、ランダムに混ぜてから、適当に選ぶ。

・同じ店から購入するのでは無く、何軒かの店で少しづつ買う。


注意事項はこの二つだけ。

箱ごと買わないというのは、1箱に当たりの数が決まっているので、適当に掴んで買います。
同じ店から買わないというのは、同じ店だと、当たりの確率が決まってしまうので、
10円ガムを売っている店を何軒か回って、買うという事です。

























(そんな中で集められた勇士の10円ガムの山↓)





合計100個です。

それでは参りましょう。当たりを調べる作業開始です。
一人で全ての10円ガムを調べるので、相当時間がかかるでしょう。
それでもやります。頑張ります。




















作業開始。




























作業開始 5分後・・・・。

意気揚揚と10円ガムを開け続けます。まだ体力的に大丈夫。


























作業開始 15分後・・・・・。

さっきから黙々と調べているが、全くガムの山が崩れない。



























作業開始 20分後・・・。

疲労と面倒臭さが手伝って、やる気が出ない。そろそろ腰が痛くなってきた。






























作業開始 30分後・・・・。

慣れてきたから段々10円ガムを開けるのがプロくなってきた。
内職のオバサンの気持ちが良く分かる。






























作業開始 40分後・・・・。

やっと全ての10円ガムを調べる事が出来た。

























それでは作業の結果発表です。































ハズレの数が92個。

当たりの数が8個。


合計100個。

〜計算上、13個買えば、1個当たりが出る〜





























いよいよトリビアの種らしくなってきたね。


戻る