ドラクエの1Gは日本円でいくら?



昔からドラゴンクエストをやっていて、ふと疑問に思った事があるだろう。
「果たしてゲーム中の1G(ゴールド)は一体いくらなのだろうか?」と。

この疑問にを解くにはまずドラクエに出てくるアイテムを知るべきだ。
第一作のドラクエから最新作のドラクエまで一貫して出てくる代表的な
アイテムは「やくそう」である。


やくそう 8G 仲間一人のHPを30〜回復


やくそうの効能は上記の通りだが、ここでHP(ヒットポイント)という概念があらわれる。
HPとは主人公の体力であり、モンスターから受けるダメージで無くなっていく。
このHPが無くなれば主人公は死んでしまうのだ。

HPは普通に考えて主人公の健康状態であり、傷が増えて出血が多くなれば
HPが無くなる。「HPが無くなる=ダメージを受ける」と定義すれば、
やくそうの果たす役割はモンスターから受けた傷を治す事にある。

やくそうとは一般的に考えれば漢方薬であると想像できる。
事実、薬草と検索すれば漢方薬がいちはやく検索される。

しかし、薬とは、ある一定の量以上摂取してしまうと体に毒であり、
非常に危険である。だがゲーム中では主人公にやくそうを何度使っても何も起こらない。
薬による過剰摂取のための副作用が現れないのだ。

となると、結果的にやくそうとは内服するものではなく、傷口に直接塗るような
薬用塗り薬であると想像できる。やくそうとは漢方薬とは異なるようだ。


現代において、傷口に効く塗り薬は「オキシドール」である。

「オキシドール 100ml」



傷の消毒・洗浄のための殺菌消毒薬。

\157

今ではこのようなモノが出回っているが、昔ではありえない。
ドラクエの時代設定は分からないが、途中で剣や盾などが平気で売られていて、
城などが建てられている事を想像すると、時代は中世ではないかと推定できる。

この時代にオキシドールのような薬用塗り薬が売られていたかは不明だが、
薬用塗り薬くらいは存在していただろう。

しかも品物が薬草であるため、少々値は張りそうである。
漢方薬の値段を例にとって見ると、漢方薬の処方は一回500円程度。
とすれば、この時代の薬草も500円程度と考えれば、自然と答えが出るのではないだろうか。


やくそう 8G 

日本円 500円 

1Gあたり 62,5円


1Gは62円という結果を得た。だがこれだけでは心もとない。
次は剣の値段を見てみよう。

日本の居合に使う模擬刀は一振り3万円程度だという。
模擬刀とは、その名の通り真剣ではないから、斬るのではなく叩くようにして扱う。
この模擬刀によく似た武器を知っている。


どうのつるぎ 270G 斬るために作られていない。一般的に叩くようにして扱う。


この銅のつるぎは名前からして銅で出来ているそうだ。模擬刀は銅ではないから
少々値段は下がる。幸い一振り1万円程度の模擬刀があるそうだ。
それを銅のつるぎと見立てたらどうなるか。


どうのつるぎ 270G

日本円 10000円

1Gあたり 37円


1Gは37という結果を得た。これではやくそうの時とだいぶかけ離れたものだ。
今度は真剣の場合を想像してみる。

真剣の一般的な相場は60万円程度だそうだ。これに見合うドラクエの武器は何か。


鋼鉄の剣 2000G 鋼鉄で出来ている。 


これならば真剣の刀と言っても言いすぎではない。何しろ鋼鉄で出来ているのだ。


鋼鉄の剣 2000G

日本円 600000円

1Gあたり 300円


今までの苦労を水の泡に帰すかのようにして出てきた驚くべき結果1Gが300円。
これではどうのつるぎが81000円になるではないか。

これではおかしいと思い、他の候補を探してみる。
・・・・あった、バスターソード。

「バスターソード」

剣の分類は未だ確定事項が出ていないことも多いが、このバスタードソードは、

長さは1.2m〜1.4mほど。
刃は狭い
などの特徴でもって分類される。

「雑種(Bastard)」の名が冠せられた理由にも諸説あるが、

「片手剣」と「両手剣」の間の剣である
切ることに適した「ゲルマン系の剣」と突くことに適した「ラテン系の剣」の間の剣である との説がある。

もう一つの説として従来のヨーロッパの剣は斬ることには適していなかったため
斬る刺すの両方が出来る剣のことを示しているという説もある。 これは鋼鉄の製造技術が伝わった
14〜16世紀のドイツで作られたとされ扱いも簡単かつ優秀であったため
それまでの剣と入れ替わって言ったといわれる。
そのため現代では普通にソードというとこのバスタードを示すことが多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


バスターソード 8800G

日本円 600000円

1Gにつき68円。


1Gは68円。今までの流れを汲むかのようなこの数字。
やはりバスターソードこそが日本刀に一番近いような刀なのだろうか。
さて、そろそろ1Gの日本円を割り出してみよう。

三つの出た答えを平均してみると1Gにつき55円



ってことは、村の宿代は550円くらいなんだー。安いなぁー。




ここまでひっぱっといてオチなし

戻る