SRのCRキャブレター講座

まずはじめに、この講座は管理者の知識と経験をもって、CRキャブレターのデザインが好きな愛好家の為に
無料で公開しています。キャブレターはそれぞれのエンジンに対してのセッティングが必要です。
だから管理者のセッティングに合わしたからといって、必ずしも自分のSRにあっているとは限りません。
この講座はあくまでも管理者の調整法です。もし、このとうりにしてキャブレターがつぶれても責任は負えません。
もし、この中で間違っていることがあれば、管理者までご連絡ください。

うちのCRはSR用の単体35パイです。その為、SR用のK&Nエアフィルターをそのまま取り付けることが出来ます。
また、38パイのデーターではありませんのでご注意下さい。


参考になる他所のHPです。他にもいい所があればご紹介ください。

BARABARA CR   ヤマノウチキャブレター                    


    CRキャブレター講座コンテンツ


       CRキャブレター取付け改造点

       各ジェットの役割についての説明

      ニードルジェットのクリップ調整法

       各ジェットの場所、構造、現在の管理者セッティング

       原理的フロート調整法
       Tecnology room INDEXへ戻る              


CR スペシャルキャブレターうんちく

1956年に起された京浜精機製作所がホンダのCRレーサー用に開発された、吸入抵抗の少ないスムースボアのレーシングキャブレターが「CR」。

60年代に入りホンダのRCレーサーの進化とともにキャブレターも変更されフロート室も一体の円柱バルブ装備の現在のCRに近いスタイルになった。

又、この頃RC<ファクトリーレーサー>、CR<市販車>と区別され、市販モデルに装着、もしくはレーシングキットパーツとして量産型のCRキャブが生まれました。

81年からいよいよ新型CRキャブが市販されることとなり、新たにスターターバルブやアイドル機構を備え、変更式のマウントアダプターやピッチ変更の容易なプレート式連結を採用して幅広い機種に対応できるようになりました。

又、エンジン性能の向上にともないさまざまな要求を満たすために豊富なベンチュリーサイズが選択が可能になりました。

その新しいCRキャブレターはCR SPECIALと名を受け現在も多くの愛好家を魅了しています。

CRの側面にレバーがついていますが、あれはチョークではありません。

始動用のガソリン&空気を放入する「スターター」です。

一時的に油面を上昇させてガスを濃くする、というより、ガソリンを噴射させてしまう仕掛けです。

レバーを引いた状態でエンジンを掛けるとかぶってエンジンは掛りません。

始動前レバーを引き、デコンブを握りながら3回ほど空キックします。それからレバーを戻し、位置出しをしてエンジンを始動させます。

セッティングがかなり狂っていても何回かキックすればエンジンは掛りますので通常多くのCRユーザーはレバーを触る事はありません。