名工大アイスホッケー部の歴史
創部…昭和29年(1954年)

昭和29年(1954年)
6月に名古屋工業大学を含め6校により、東海学生スケート連盟が設立される.
同時に今日の中部学生アイスホッケー選手権の礎となる東海学生アイスホッケー大会が開催される.名工大は2位.

昭和32年(1957年)
当時名古屋のスケートリンクは、「名古屋スポーツセンター」「名宝パレス」「今池スケートリンク」の3つがありました.部費の補いや滑走練習のため名宝パレスでアルバイトされてたそうです.

昭和36年(1961年)
夏の合宿を軽井沢で行うようになりました.

昭和39年(1964年)
この頃に白と青から白と赤が主体のユニフォームに変わりました.

昭和43年(1968年)
中日新聞スポーツ面トップに「いよいよ氷上シーズン」という見出しで、優勝候補同士の中京・名工大のリーグ戦初戦の写真が大きく掲載されました.

昭和44年(1969年)
この頃は有名な「東大安田講堂事件」から始まって「70年安保闘争」にかけてのいわゆる学園闘争が全国的規模で激しく行われていた時代です.
名工大は名古屋地区で最も学生運動の激しい大学であり、時には学内でバリケードが張られ、一時休講になったときもあった程です.

昭和45年(1970年)
学園紛争がやっと収まった年でありました.
入学試験は千種にある河合塾で行われたそうです.

昭和47年(1972年)
札幌オリンピックが行われたのがこの年です.そしてこの影響からか新入部員は多かったそうです.

昭和51年(1976年)
当時の部室は図書館の裏にあったそうです.(現在はそこが倉庫になり、部室は体育館の近くにあります.)

昭和53年(1968年)
この頃は「TITAN」のスティックが流行っていたそうです.





順次追加予定。しばらくお待ち下さい。