アヴァロンの鍵弐−THE KEY OF AVALON 2−ファンサイト 

デッキ

デッキは30枚で1組です。同じカードは1デッキに3枚までしかいれることができません。 勝ちをもらいに行くためのデッキから、趣味に走ったデッキまで、デッキ構築のしかたは人それぞれです。 みなさんもあれこれ頭を悩ませながら、自分なりのデッキを組み上げてみてください。

デッキ構築のポイント

デッキ構築のポイントは人それぞれで、「こう組むのが一番だ!」というようなものはありません。 ですが、ただ適当にデッキを組むのではなく、自分なりの「明確なコンセプト」を持ってデッキを組むと、良い結果になることが多いようです。

しかし、アヴァロンを始めたばかりの頃は、持っているカードも少なく、「自分なりのコンセプトで」と言われても、なかなか上手くいくものではありません。 そこで、とりあえず最初の頃(課題モードに取り組んでいる頃)は、以下の点に気をつけてデッキを組むといいでしょう。

初心者の頃は、操作に慣れていないため、行動に時間がかかります。配置後発動能力による手札操作などをしていると、 時間切れになることも多いです。 そのため、始めのうちは「チェイサー時には一番にホルダーに追いつくこと」「ホルダー時には1ターンでほこらにたどり着くこと」だけを考えて行動するといい結果になることが多いようです。

ゲームに慣れるまでは、戦闘支援用のカードと自分のいるマスに配置するモンスターだけを残して、後のカードは全て移動に使ってしまいましょう。 また、ホルダー時に、戦闘用のモンスターを使わないとほこらにたどり着けないような場合には、迷わず戦闘用のモンスターを使ってほこらまで行ってしまいましょう。 その方が得なことが多いです。

デッキ構築に迷ってしまう人は、『初心者でも使いやすいカード』も参考にしてください。


ホームページへ