クラッセル

 エゴン・フォン・クラッツァー E ・V ・KRATZER

国籍 オーストリア

ドイツ商社シーメンスの日本駐在員として明治42年、26歳で来日した。
同じころ来日したレルヒ少佐、上智大学でドイツ語講師のレオポルド・ウインクラーの三人は、アルペンスキーの元祖でオーストリア人のマチアス・スダイルスキーの高弟であった。
翌43年のはじめ早速横浜でスキーを作らせ、ドイツ語、英語のパンフレットを刷り、外国人相手に販売を始めている。
昭和16年に北安曇野郡簗場に疎開し、昭和31年に一度帰国したが「昔の友人が一人もいなくなってしまった。」と、半年ばかりでまた戻ってきた。35年頃帰国しインスブルック郊外の老人ホームに入り、その後の消息は不明。

スキー滑走年表