夏の草花6月8月 
8月へ戻る(草花)名前文字で検索
サワオトギリ (沢弟切) 花期…8月〜9月 
サワオトギリ
山地の湿り気のある林下などに生える、草丈10a〜40aの多年草。茎は直立し上部で枝分かれする。葉は対生して長さ2a〜3aの倒卵形〜長楕円形で葉先は丸い、葉縁は全縁で縁にわずかに黒点があり、葉表には明点が多数みられる。茎の先や枝先に2出集散花序を出し、直径約1aの黄色の5弁花をまばらに咲かす(花弁の縁にはわずかに黒点が入る)。萼片は4個からなる楕円状で先端は鈍頭、長さ約5_の緑色で黒点が多数入る。果実は刮ハで長さ約7_の卵状楕円形、熟すと3裂して種子を散布させる。
サワオトギリは分類上で 日本海側に生える種をサワオトギリとし 
太平洋側に生える種をナガサキオトギリとする
とあるので ナガサキオトギリ と思われる!
コゴメバオトギリ オトギリソウ ミヤコオトギリ ナガサキオトギリ アゼオトギリ
サワオトギリA
山地の湿り気のある林下などに生える 草丈10a〜40aの多年草 茎は直立し上部で枝分かれする
サワオトギリB
茎の先や枝先に2出集散花序を出し 直径約1aの黄色の5弁花をまばらに咲かす
サワオトギリC
葉は対生して長さ2a〜3aの倒卵形〜長楕円形で葉先は丸い
サワオトギリD
果実は刮ハで長さ約7_の卵状楕円形 熟すと3裂して種子を散布させる
円内…萼片は4個からなる楕円状で先端は鈍頭、長さ約5_の緑色で黒点が多数入る
ページの頭へ
ページの頭へ