春の樹木5月5月の花
樹木の部屋5月へ 10月へ
ノイバラ (野茨) 花期…5月〜6月 果期…10月〜11月
ノイバラ

日当たりの良い原野や河原などの、湿り気のある場所に生育する半ツル性落葉低木で鋭い棘がある。普通1.5b前後に延び(高い木のない平地では地を這う)、葉は奇数羽状複葉で小葉は5枚〜9枚(頂小葉が最大)、小葉は長さ1.5a〜5aの卵状楕円形で光沢はない。葉の縁は細い鋭鋸歯があり先は鋭く尖り、葉柄の基部にある托葉は柄の付け根に合着して粗く櫛状に突き出る。枝先に円錐花序をつくり直径2a〜2.5aの5弁花を多数咲かせ、雄シベ多数で黄色の葯が良く映る。ノイバラの名の由来は野の荊(イバラ)⇒「低木のトゲを持つ植物の総称」で、野原に生えるトゲのある植物と言う意味から名付けられる。果実は偽果で直径7_〜8_の球形、秋に赤い実を多数つける。漢方薬の利尿剤に、また生け花等に利用されます。

ミヤコイバラ ナニワイバラ モッコウバラ テリハノイバラ ヤブイバラ ヤマイバラ
ノイバラA
日当たりの良い原野や河原などの 湿り気のある場所に生育する半ツル性落葉低木
ノイバラB
枝先に円錐花序をつくり直径2a〜2.5aの5弁花を多数咲かせ 雄シベt多数 花柱に毛がある
注…珍しい淡紅色の花 (希だが別種の花のように見える)
ノイバラ
葉は奇数羽状複葉で小葉は5枚〜7枚 長さ1.5a〜3.5aの卵状楕円形で光沢はない
ノイバラD
葉は奇数羽状複葉で小葉は5枚〜9枚 長さ1.5a〜5aの卵状楕円形で光沢はない
円内左上…葉柄の基部にある托葉は柄の付け根に合着し 粗い櫛状に突き出て腺毛が多い
円内右下…枝には鈎状の鋭い棘がある
ノイバラE
果実は偽果で直径7_〜8_の球形 秋に赤い実を多数つける
ページの頭へ
ページの頭へ