春の樹木4月4月の花
樹木の部屋4月へ
モチツツジ 
(糯躑躅) 花期…4月〜6月 果期…9月〜10月
モチツツジ
雑木林や林道脇などに多く生える樹高1.5b〜2bの半落葉広葉低木。葉は互生し長さ3a〜6aの広楕円形で先端部は尖り、新芽の部分や萼、花柄は細かい腺毛が無数に生えベタつく。花と同時に展開する新葉は両面に毛が生え、質は薄く木の葉のくずなどで汚れやすい。花は淡紅色で枝の先に2個〜4個つき、花冠の直径5a〜6aの漏斗状で5中裂する。上部花弁には濃赤紫の斑紋が入り、雄シベは5本で雌シベ1本。果実は刮ハで長さ1a〜1.5aの楕円形、先は尖り全体に毛が生える。
シャクナゲ  キレンゲツツジ  ヒラドツツジ
キリシマツツジ キリシマツツジ  コバノミツバツツジ  オンツツジ  サツキ  オオムラサキツツジ  
モチツツジA
花は淡紅色で枝の先に2個〜4個つき 花冠の直径5a〜6aの漏斗状で5中裂する
モチツツジB
花冠の直径5a〜6aの漏斗状で5中裂する 上部花弁には濃赤紫の斑紋が入り 雄シベは5本
モチツツジC
葉は互生し長さ3a〜6aの広楕円形で先端部は尖る (上部に輪生状に集まるが互生している)
円内…新芽の部分や萼 花柄は細かい腺毛が無数に生えベタつく
モチツツジD
果実は刮ハで長さ1a前後の楕円形 先は尖り全体に毛が生え 熟すと裂開して種子を飛ばす





ページの頭へ
ページの頭へ