秋の草花10月10月 
10月へ戻るハ行へ戻る
ベニイタドリ (紅虎杖)
 花期…8月〜10月  果期…月〜月   【 別名…メイゲツソウ】 
ベニイタドリ
在来の固有種で山野に生える(写真は雌株で海岸の崖縁で撮影)多年草。草丈50a〜2bになり、茎は太く中空で若い茎は紅紫色の斑点がある。葉は互生し、長さ6a〜15aの卵形〜狭卵形で先は尖る。葉腋から枝をだし、円錐状に小さな花を多数つける。雌雄異株。花色は紅色で5裂する。花のあと雌花の外側の花被片3個は翼状に張り出し、そう果を包む。変化が多く当種のように色づくものは稀で、果実期に入っても美しさは長く続く。
     イタドリ   
ベニイタドリA
葉は互生し長さ6a〜15aの卵形〜狭卵形で先は尖る (これほど美しい個体は稀です!)
ベニイタドリB
花のあと雌花の外側の花被片3個は翼状に張り出し そう果を包む
ベニイタドリC
葉腋から枝をだし 円錐状に小さな花を多数つける (すでに果期に入っている)
ベニイタドリD
草丈50a〜2bになり 茎は太く中空で若い茎は紅紫色の斑点がある
ページの頭へ
ページの頭へ