スカウト活動の紹介

rb13.gif スカウト活動のはじまり rb13.gif

ボーイスカウトは、1907年、イギリスのブラウンシー島で行なわれたキャンプからスタートしました。都会育ちの少年たちにとって、このキャンプは夢と冒険にみちた初めての体験でした。

かねてから少年たちの教育問題に大きな関心をもち、このキャンプを主催したベーデンーパウエル卿(B-P卿)は、この体験をもとに翌年「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を著し、少年たちの旺盛な冒険心や好奇心をキャンプ生活や自然観察、グループでのゲームなどのなかで発揮させ、「遊び」をとおして少年たちに自立心や協調性、リーダ−シップを身につけさせようと説たのです。

これがボーイスカウト運動の始まりで「スカウト」とは「先駆者」のことでボーイスカウトとは「自ら率先に幸福な人生を切り開き、社会の発展の先頭に立とうとする少年」という意味をもっています。


rb13.gif 学校以外の場がボーイスカウトの教室です rb13.gif

現代の子どもたちは、受験勉強や塾通い、稽古ごとにおわれ、大人並の忙しさもまれではないといわれます。また、近所の子どもたちや学友と誘いあっていっしょに遊びまわることも少なくなりました。これでは、たとえ学力、知力が向上しても、人間にとって大切な、バランスのとれた人格を形成するためには問題があるといわざるを得ません。

ボーイスカウトの活動では、年齢のちかい仲間たちと共に、大自然の中で思い切り楽しく遊びながら、多くのことを自らの心とからだで体験学習してゆきます。

その過程で将来実社会で必要となる体力や健康、協調佳やコミュニケーションの能力、リーダーシップといった、大きく見れば 「共生の能力」 の基礎と ノウ・ハウを、ごく自然に身に付けることができる活動です。


rb13.gif 対象年齢 rb13.gif

bflw213.gif ビーバースカウトbflw213.gif

小学生になったら、元気なビーバー

ビーバースカウトは、ボーイスカウトで最少年の就学前9月〜小学2年生を対象としています。
「みんなとなかよく遊ぶ」「自然に親しむ」「楽しみや喜びを分かち合う」の3つをねらいに置いています。

bflw213.gif カブスカウトbflw213.gif

カブスカウトになったらなんでも、自分でできるよ。

カブスカウトは小学2年生9月から5年生を対象としています。
活動の目標は自分で考え、自分のことは自分ですること。
みんなでルールを作って仲良く遊ぶこと。自然や社会と触れ合うこと。
こうして、自立心や創造力を養います。



but30blh.gif