旅の軌跡  
ユーラシア大陸横断!(目次
中国を縦横無尽に走破する(43項目
東南アジア(タイ・カンボジア・ ベトナム・ラオス  
中央アジア周遊、片道8000キロの旅 (目次
小寺祐介の情報ノート
2009年、バンコクより (不定ブログ) 
2010年、KL to BKK (マレー半島記09-10
2010年、ミャンマー訪問(ヤンゴン黄金街道を行く)
2011年、アジア回想録(目次)※ペナン島、更新しました
2012年、アジア回想録(目次)※現在、目次のみ公開
2012年、伝統的な日本の風景(夜景・神社・温泉・登山)※計画中
〜2016年、シーズン終了の御挨拶〜

街中はクリスマスの電飾で彩られ、正月用品が店頭に並ぶ季節に、夏山シーズン終了のご挨拶・・・なんて言っても怪訝な顔をされるかと思います。

私自身、10月16日の下山からもうすぐ3ヶ月、季節も1つ2つ進んだ段階で何を言ってるんだろう?と思わない無い訳ではありませんが、ホームページを訪問して下さった沢山の方々と、シーズンを支えて下さった多くの方々に感謝の気持ちを述べさせて頂きます。

噴火から2年目となる2016年は、昨年同様、女人堂のスタッフ兼、安全パトロール隊員として入山致しましたが、終わってみれば登山道整備、気象庁の観測機器設置補助、そして8年間勤めた二の池本館の解体工事など、多岐に亘って仕事をさせて頂きました。

それら一つ一つが、御嶽山への恩返しを誓った自分自身との約束を果たす結果に繋がり、非常に充実したシーズンでありました。

来年は木曽町による、シェルター機能を備えた二の池本館の再建が始まります。噴火災害の教訓を胸に刻み、御嶽山を訪れる全ての登山者が安全に登山出来るような環境作りを目指して尽力して参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

最後になりましたが、二の池本館が木曽町によって再建されるにあたり、当ホームページの名称を「二の池本館、公式ホームページ」から、

「御嶽山・二ノ池情報局」

というダサい名前に変更することにしました(号泣)。

名前がダサくなっても、内容はこれまで通り充実させて行く予定なので、どうか『お気に入り』フォルダーから削除しないよう、心よりお願い申し上げます。

師走半ば、寒波襲来の季節となりました。
どうか皆様、お風邪など召されませぬよう、温かくしてお過ごし下さい。

小寺 祐介
                                    2016.12.14

ga
ga
ga
ga
:ga
ga

大学卒業後、バックパッカーとして東南アジアへ飛び出す。ユーラシア大陸を西から東へ横断、これまでに訪問した38ヶ国の写真と体験談を紹介するページ。

海外通信事情

世界38ヶ国放浪旅行!

長野県、木曽・御嶽山にある山小屋の一つ、二の池本館で2014年まで支配人を務めていた筆者が独自の視点から雄大な御嶽山の魅力について語る!

御嶽山・二ノ池情報局

御嶽山(3067m)

※ご意見、ご感想などはasahikanno4me★hotmail.comまで・・・★は@に変えてください。

御嶽山の位置と地理
御嶽山へのアクセスと交通機関
御嶽山の登山道【王滝口】【黒沢口】
御嶽山を満喫するモデルコース所要時間【御嶽山・略図】
御嶽山の山小屋ガイド
御嶽山二の池本館・宿泊案内
御嶽山の高山植物花暦・【完全版】【簡易版】 
御嶽山の歴史人物編)&火山編
御嶽山の近代史覚明行者普寛行者
御嶽山の信仰御嶽信仰・夏山登拝・霊神碑
御嶽山の信仰(その2/その3/その4
御嶽山の焼印コレクション (続編) (続々編)
御嶽山の表情豊かな石仏たち
御嶽山の日帰り温泉
御嶽山の紅葉を楽しもう!
御嶽山の過去の天気記録
御嶽山から見た御来光夕日
御嶽山の二の池万年雪の変化
2008年二の池本館、展示写真の解説
2008年、二の池本館日記女人堂・紅葉シーズン
2009年、二の池オリジナルグッズの紹介
2009年2009年・二の池本館日記 
2010年、2010年、二の池本館日記 
2011年、2011年、二の池本館日記
2012年、2012年、二の池本館日記
2013年、2013年、二の池本館・歳時記
2014年、2014年、二の池本館・歳時記
2014年、2014年、御嶽山噴火 【当日編】
2014年、2014年、御嶽山噴火 【小屋閉め編】
2015年、2015年・御嶽山の見所紹介(目次)
2015年、2015年・御嶽山復興元年(目次)


2016年、2016年・御嶽山、復興二年目(目次)←2017.06.15完結