CUSCO 強化スタビリンク取り付け

プローバのスタビリンクは以前から欲しいパーツだったんですが、高価なため手が出ずにいたんですが、クスコから安価な強化リンクが出たと知り、思わず買ってしまいました・・・・・が、注文した後HPを見たら
ースタビライザーの効きを良くする為の強化リンクでは有りませんーだったんです・・・安いはずだ(泣)

特徴
ラリー、ダートラ、ジムカーナなどの競技やサーキット走行、ハイグリップタイヤを使用しての縁石カットなどのハード走行時に威力を発揮!!サスペンションの動きが激しく、瞬間的に大きな入力が入るハード走行を繰り返していると、スタビリンクの端末部が破損してスタビが利かなくなってしまうことがあります。新開発のクスコ強化スタビライザーリンクは純正品の弱い部分を強化し破損頻度を大幅に少なくします。
だそうです。
まーキャンセルできないので付けてみるか (;^_^A
必要工具  14mmメガネレンチ、5mmヘキサゴン

1、リンク取り付け部分(ロアアーム又は、スタビエンド)のナットにメガネレンチを
 掛けます。
2、スタビリンクのボルト先端に5mmヘキサゴンを差し込みます。
3、ヘキサゴンでボルトを固定し、14mmメガネレンチでナットを緩めて取り外しま
 す。
4、取り外し手順と逆順序で取り付けます。

注意
ヘキサゴンを回そうとすると、なめてしまう可能性があるので、ヘキサゴンはあくまでも固定用に使ったほうがいいと思います。
部品は、機能をよく確かめてから買いましょう。衝動買いは厳禁?(爆)

インプレ
長さ(非調整)は純正と同じです。
純正(青い点々が付いてる方)に比べると取り付け部分が強化されてます。
ダストブーツも純正と違い、ワイヤーで固定されてます。
取り付け後の感覚は・・・・・若干ハンドリングがしっかりしたかな??(気のせい?)
サーキット走行などで、スタビリンクを破損した経験のある人にはお勧め (;^_^A







Prova ピロボールスタビリンク取り付け

クスコの強化スタビリンクから、より効果(高価でもある。。。)のある、Provaのピロボールスタビリンクに交換しました。

特徴

純正スタビライザーが遅れなく反応し、純正スタビライザーの効きをリニアに100%引き出すことがで、ステアリングの操舵に対するコントロール性の向上、ロールの遅れ感の低減、より自然で気持ちよいハンドリングを実現。
ピロボールは最高級の自己潤滑式・高荷重タイプを採用し、高い耐久性を備えているそうです。
しかし値段が高いね〜〜(;^_^A
写真左側がリア用、右側がフロント用です。

必要工具  
14mmメガネレンチ、14mm+17mmスパナ、5mm+8mmヘキサゴン

フロントリンク交換作業

1、リンク取り付け部分(ロアアーム又は、スタビエンド)のナットにメガネレンチを
 掛けます。
2、スタビリンクのボルト先端に5mmヘキサゴンを差し込みます。
3、ヘキサゴンでボルトを固定し、14mmメガネレンチでナットを緩めて取り外しま
 す。
4、ピロボールスタビリンクを、外した純正リンクと同じ長さに調整し固定します。
 (17mmスパナ使用)
5、取り付けは、スタビリンクの頭の部分を8mmヘキサゴンで固定し、純正ナットを
 使用し取り付けます。


注意
ヘキサゴンを回そうとすると、なめてしまう可能性があるので、ヘキサゴンはあくまでも固定用に使ったほうがいいと思います。

取り説にも書いてありますが、取り付けに上下があり、外形の大きい方(金色側)が上側にくるように取り付けます。

付属のカラーも、取り付け向きと上下で大きさが違うので注意が必要です。
カラーの平坦になっている方がナット側で、テーパー部分がピロ側です。

















リアリンク交換作業

1、リンク取り付け部分(ラテラルリンク又は、スタビエンド)のナットにメガネレンチを
 掛けます。
2、スタビリンクの根元部分(ゴムブッシュの所)がコの字型になっているんで、共回
 りしないように14mmスパナで固定し取り外します。
3、ピロボールスタビリンクを、外した純正リンクと同じ長さに調整し固定します。
 (17mmスパナ使用)
4、取り付け、スタビリンクの頭の部分を8mmヘキサゴンで固定し、純正ナットを
 使用し取り付けます。

注意
ヘキサゴンを回そうとすると、なめてしまう可能性があるので、ヘキサゴンはあくまでも固定用に使ったほうがいいと思います。

取り説にも書いてありますが、リア側は取り付けに上下はありません。
しかし、ジョイント部分にみぞがついてる方とついてない方があり、溝がついてる方は、逆ネジになってます。
左右で、逆ネジ側を上にするとか下にするとか統一した方が良いと思います。

付属のカラーも、取り付け向きあるのでで注意が必要です。
カラーの平坦になっている方がナット側で、テーパー部分がピロ側です。


フロント側のスタビリンクは錆びもほとんどありませんでしたが、リア側はやけに錆びていたので、潤滑スプレーを使った方が確実だと思います。

インプレ
長さは調整式ですが、基本的に長さは純正と同じにするように書かれています。
只、極端にサスストロークが短くなっている車両はショートスタビリンクに交換した方が良いと思いますが、この製品は調整式でもネジの関係上ほとんど短く出来ません。(;^_^A
ショートスタビをご希望の方には不向きだと思います。

取り付け後は、ハンドルリングが軽い?様な感じで、ハンドリングに対しての車の反応がかなりクイックになったように思えます。ロールの遅れが少なくなりコーナーにスーと入ってける感じがしました。その効果は街乗りでも十分体感でき、リアの反応もかなりよくなりました。その分、乗り心地は若干の硬さを感じると思います。