会則
ホーム
会則
日韓ネットは、朝鮮半島の平和と統一を願い、日韓の民衆連帯と交流をすすめている市民グループです。
ほぼ70年代から、韓国滞在中に不当逮捕された在日韓国人政治犯の救援運動(おかげさまで現在、在日の政治犯は0になりました)や、韓国の反独裁民主化、平和・統一運動、民主的労働組合運動との連帯をすすめてきたグループや個人を中心として、97年以降、韓国・民主主義民族統一全国連合と共催で東京とソウルで交互に開催した「アジアの平和と朝鮮半島の統一のための日韓共同シンポジウム」を契機に、各地のグループ・個人があらためて連携を強めようと、99年春、全国ネットワークとしてスタートしました。
日韓ネットは、どの政党にも属さない市民グループです。趣旨に賛同される方はどなたでも会員になれます。ぜひ、あなたも会員に!
会費       個人・月500円/年6000円 
          団体・月1000円/年12000円 
          ニュース購読会員・年2000円

会費・カンパ等の送り先:郵便振替 001100-8-140618
日韓民衆連帯全国ネットワーク連絡先

〒112-0002 東京都文京区小石川1−1−10−105 
TEL/FAX 03-5684-0194
会則
1 目的 
日韓民衆連帯全国ネットワーク(略称・日韓ネット)は、1997年におこなわれた第1回(東京)、第2回ソウル日韓共同シンポジウムの成果を踏まえ韓国民衆と連帯しながら、日本の軍事大国化に反対し、日本の植民地支配の過去清算の実現と、朝鮮半島の平和と統一に寄与していく。

2 組織 
目的実現のため結成の趣旨に賛同する者を会員とする。会員総会と事務局を機関として置く。会員総会は年1回程度開催する。事務局は、事業の効果的な執行のために活動する。会員の中から代表を選び、会員総会で承認する。代表は共同代表制とする。その中から代表世話人を選出する。

3 財政 
会費・寄付金・その他適正な資金をもって充当する。会費は、個人会員は年額6000円、団体会員は年額12000円とする。この他ニュース購読会員は年額2000円とする。

4 事業 
目的実現のため各種事業をおこなう。
@日韓共同シンポジウムの開催および日韓民衆間の必要な連帯事業の推進。
A各種事業を通して、国内各地の交流と連携を図る。
B広報活動 ニュースの発行、リーフレットの配布、パンフレット等の普及・販売など。
C教育活動 各種の問題と情勢に対応した学習会、勉強会の開催。
D行動集会・デモなどの大衆行動、署名活動、街頭宣伝などに取り組む。特に各地で日常的に継続して宣伝活動や大衆行動に取り組む。
E各級議会への働きかけと日韓両政府との交渉、行動に取り組む。
Fその他の目的実現のために必要な事業をおこなう。
共同代表

 天野恵一(反天皇制運動連絡会)
 伊藤晃(千葉工業大学教授)
 太田武二(命どぅ宝ネットワーク代表)
 奥村悦夫(自由空間創楽邑)
 表秀孝(長野大学教授)
 片平博(カトリック正義と平和協議会会員)
 北川広和(『日韓分析』編集)
 佐方満智子(蓮塾代表)
 坂野哲也(元全国港湾議長)
 佐々木秀典(衆議院議員)
 信太正道(不戦兵士の会)
 柴田高好(東京経済大学名誉教授)
 武田隆雄(日本山妙法寺僧侶)
 常岡雅雄(現代研究所・朝鮮問題研究会議)
 中北龍太郎(弁護士)
 西尾正二(カトリック玉造教会神父)
 藤原学(全水道徳島水道労働組合委員長)
 前野良(政治学者)
 武藤一羊(ピープルズブラン研究所)
 矢田部理(前参議院議員)
 山本三四年(全水道高知水道労働組合委員長)
*吉松繁(日本キリスト教団王子北教会牧師)
 渡辺一夫(韓国良心囚を支援する会全国会議代表)
 渡辺健樹(日韓民衆連帯懇談会事務局長) 

         50音順、*印は代表世話人
日韓民衆連帯全国ネットワーク
〒112-0002 東京都文京区小石川1−1−10−105 TEL/FAX 03-5684-0194