華麗なる新見美術館コレクションを紹介する平成29年度の展覧会。本展では、昨年3月、広島県庄原市の株式会社山崎木材より寄贈を受けた美術品153点の中から、後期は日本洋画と陶磁器を中心とした工芸作品を紹介します。
 また特集展示では、平成29年11月に94歳で亡くなった岡山洋画壇の第一人者、能登靖幸氏の平成はじめころから平成12年までの作品を紹介し、点描風なタッチで知られ、日展や東光展を舞台に活躍し、岡山洋画壇を牽引した能登氏の画業を偲びます。


 
展覧会名   華麗なる新美コレクション2017/2018

 会   期   2018年2月9日[土]−4月8日[日]

 休 館 日   月曜日(但し、月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)

 観 覧 料   一般400円(350円) 中学・高校生250円(200円) 
       小学生150円(100円)
       ※( )内は15人以上団体料金



Copyright© 2017 新見美術館 All Rights Reserved.
 Template design by Nikukyu-Punch
このホームページに掲載されている情報の著作権は新見美術館が有しています。
 また、画像については著作権者のご協力により掲載されています。
       無断で転用・引用することを禁止します。