あなたは 無料カウンター 人目のお客様です。    Up date   2016. 5. 27.     
     (since2002.4.29) 


トピックス


6月4日[土]、5日[日] 11:00〜 13:30〜 ダヤンとの握手&撮影会
を開催します。
 

わが家のダヤン入賞・入選作品展 5月28日[土]〜6月26日[日]開催
              

平成28年度春季特別展
ダヤン、新見へ!
池田あきこ原画展-タシルの街とフォーンの森−
2016年4月16日(土)〜6月26日(日)

池田あきこ 《郵便の仕分け》  2015年

美術館周辺地図はこちら≫≫
新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫
休館日/月曜日(但し、5/2[月]開館)
開館時間/午前9時30分〜午後5時
        
 (入館は閉館30分前)
観覧料
/一  般700円(600円)
      大学生500円(400円)
      中高生300円(250円)
       小学生200円(150円)

( )内は15人以上の団体料金
障がい者手帳などをお持ちの方は半額
※市内小中学生は観覧無料

※高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料 

新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫

 池田あきこさんが作りだした架空の国「わちふぃーるど」。この不思議な世界で繰り広げられる、ねこのダヤンと仲間たちの物語は1983年に誕生し、「ダヤン誕生33年」を迎えた現在でも、絵本やグッズを通してたくさんのファンに愛され続けています。2010年からは、多様な動物たちの暮らす森に魅せられ、ボルネオの森の保全活動に協力を始めました。活動を通じて保護された熱帯雨林は「ダヤンの森」と名付けられ、2014年には「ダヤンの森U」も取得。現在は「ダヤンの森V」獲得に向け、活動を継続中です。
 本展では、『タシルの街とフォーンの森』をはじめ、目線を動かすと絵の中の建物も動いて見える「動く街角」や4枚の絵と鏡で構成された不思議な立体絵「スウィングタシル」や『ダヤンのめいろ』など、最新作の原画約100点に映像も加え、不思議の国「わちふぃーるど」とダヤンの魅力をたっぷりとお届けいたします。

 

 
■関連イベント

  ■ベイビーダヤン、新見のある場所に登場! 終了
   4月15日(金) AM7時50分〜AM8時30分ころまで  場所=J○新見○周辺 

  ■池田あきこギャラリートーク&サイン会 
  
4月16日(土) トーク=10:00〜 サイン会=10:30〜  終了
  
5月21日(土) トーク=14:00〜 サイン会=14:30〜   終了
  5月22日(日) トーク=11:00〜 サイン会=11:30〜
  終了
  
※サイン会は、図録、書籍、版画をご購入いただいた方が対象になります。
  詳細はHPでご確認ください。


  ■ねこのダヤン サイン会  14:00〜 
   
月16日(土)終了 、5月22日(日)終了
  
※当日の開館時から、ダヤングッズをご購入の方先着30名様に色紙をご
   用意させていただきます。

  ■ねのダヤン 握手&撮影会 各11:00〜 13:30〜 詳細はコチラ>>>
  
月17日(日)、5月21日(土)、6月4日(土)、5日(日)
  
6月25日(土)、26日(日)
  
※登場時刻になりましたらエントランスホール周辺にお集まりください。
  
登場は30分程度を予定しております。詳細はHPでご確認ください。

  ■絵本よみきかせ会 各11:00〜 14:00〜(約30分程度)
  
 5月14日(土)終了
   6月18日(日)

    対象:小学生以上 
    会費:無料(要観覧料)
    協力:新見子ども読書会 新見読書ボランティアの会


  ■わが家のダヤン 募集終了
   

 新見日帰りドライブコースはこちら≫≫
 

平成28年度夏季特別展
キルトに魅せられて
2016年7月1日(金)〜8月21日(日)

藤代郁子 《ミモザの花の降る如く》 (部分)
2003年


美術館周辺地図はこちら≫≫
新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫
休館日/7月4日(月)、7月11日(月)
開館時間/午前9時30分〜午後5時
        
 (入館は閉館30分前)

観覧料
/一  般700円(600円)
      大学生500円(400円)
      中高生300円(250円)
       小学生200円(150円)

( )内は15人以上の団体料金
障がい者手帳などをお持ちの方は半額
※市内小中学生は観覧無料
※高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料 

新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫
 1970年代にアメリカからやってきたキルトは、裁縫や手芸が身近だった当時の日本の女性に大きな影響を与え、日本でもキルトブームを巻き起こしました。40年余り経った現在もその人気は衰えることなく、キルトは今や日本の文化として完全に定着しています。
 キルトは時代を超えて受け継がれ、時代とともにその役割を変化させてきました。もともと実用性に根差して作られたものに様々なデザインが施され、現代では、自己表現のためのキルト作りへと変化しています。
今回紹介する岡野栄子、小西春江、道正千晶、中山弘子、藤代郁子の5人は、いずれも日本のキルトの草創期となる70−80年代にキルトに出会い、キルトに自身の表現を託し、キルトとともに歩む彼女たち5人のキルト表現を通し、キルトの持つ表現の幅広さ、豊かさ、そして魅力を紹介します。
平成28年度秋季特別展T
安野光雅 
御所の花
2016年8月25日(木)〜10月10日(月・祝)

安野光雅 《バラ(プリンセスミチコ)》 

美術館周辺地図はこちら≫≫
新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫
休館日/月曜日
       (但し、9/11[月]、10/10[月]開館)
開館時間/午前9時30分〜午後5時
        
 (入館は閉館30分前)

観覧料
/一  般700円(600円)
      大学生500円(400円)
      中高生300円(250円)
       小学生200円(150円)

( )内は15人以上の団体料金
障がい者手帳などをお持ちの方は半額
※市内小中学生は観覧無料
※高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料 

新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫

 島根県津和野町に生まれた安野光雅(1926-)は、絵本作家、画家、装丁家として幅広い活躍を続けています。好奇心と想像力に富んだ細やかで淡い色合いの作品は、多くの人々を惹きつけ、国内のみならず海外からも高い評価を受けており、国際アンデルセン賞画家賞をはじめ数々の賞を受け、2012年には文化功労者に顕彰されました。
 安野は天皇皇后両陛下の本を装丁したご縁から、20111月から翌年4月にかけて1年以上にわたって、一般には非公開の御所の庭の草花を写生する機会に恵まれました。花をテーマとして描いた作品は、従来の作品とは一味違った世界を見せています。

 
本展では、御所に咲く四季おりおりの草花を題材とした130点の水彩画を一堂に展示し、御所の豊かな自然をご堪能いただけます。繊細な筆致と優しい色彩で描かれた安野光雅の世界を、この機会にぜひご覧下さい。
平成28年度秋季特別展U
箱根・芦の湖 成川美術館所蔵
華麗なる美の競演 現代女流日本画展

2016年10月14日(金)〜12月4日(日)

森田りえ子 《バリの踊り娘》  1995年

美術館周辺地図はこちら≫≫
新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫
休館日/月曜日
開館時間/午前9時30分〜午後5時
        
 (入館は閉館30分前)
観覧料/一  般700円(600円)
      大学生500円(400円)
      中高生300円(250円)
       小学生200円(150円)

( )内は15人以上の団体料金
障がい者手帳などをお持ちの方は半額
※市内小中学生は観覧無料
※高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料 

新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫

さまざまな分野で女性の社会進出がめざましい昨今、現代日本画壇においてもその活躍は顕著で、女流画家たちの台頭が注目されています。しかし、保守的な日本画壇の中にあって女性の立場が確立されたのは近代に入ってからで、それまでは自立が困難で、社会的な立場や活動の場は限られていました。女性たちは激動の時代の流れの中で、男性たちと同じ舞台に立ち切磋琢磨しながら、女性ならではの豊かな感性、きめ細やかな筆致と鮮やかな色彩により、時にたくましく、時に華麗に独自の世界を創りあげてきました。
 本展では、箱根・芦ノ湖 成川美術館の協力により、現代日本画壇の最高峰である堀文子(1918-)四季を彩る花々をはじめ、舞妓やエキゾチックな女性像など卓越した描写で平成日本画壇を牽引する森田りえ子(1955-)の二大女流画家を中心に、たおやかに、そして、あでやかに輝く女流日本画家たちの華麗なる美の世界を紹介します。

平成28年度特別企画展T
華麗なる新美コレクション
2016年12月10日(土)〜2017年2月5日(日)

石田宗之 《受其瓔珞分作二分》  1994年

美術館周辺地図はこちら≫≫
新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫
休館日/月曜日(但し、1/9[月]開館し、翌日休館)
        
年末年始(12/26[月]−1/4[水])
開館時間/午前9時30分〜午後5時

        
 (入館は閉館30分前)
観覧料/一  般500円(450円)
      大学生400円(350円)
      中高生250円(200円)
       小学生150円(100円)

( )内は15人以上の団体料金
障がい者手帳などをお持ちの方は半額
※市内小中学生は観覧無料
※高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料 

新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫

199011月、横内コレクションを中心とした所蔵品456でスタートした新見美術館は、開館26年を迎え、現在所蔵品は富岡鉄斎を中心に、日本画、洋画、彫刻、工芸、刀剣、書、写真など1100点余りとなっています。毎年、テーマを設定し、所蔵コレクションを紹介してきましたが、今年度は、全館を使用し、各分野の代表作60点余りをセレクトし、ご紹介します。

平成28年度特別企画展U
華第3回 もっと伝統工芸 備中漆展

2017年2月11日(土・祝)〜4月2日(日)

塩津容子《乾漆描蒟醤箱「春の足音」》 2014年 
撮影:古川克之

美術館周辺地図はこちら≫≫
新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫
休館日/月曜日(但し、3/20[月]は開館し翌日休館)
開館時間/午前9時30分〜午後5時
        
 (入館は閉館30分前)
観覧料/一  般600円(500円)
      大学生400円(350円)
      中高生250円(200円)
       小学生150円(100円)

( )内は15人以上の団体料金
障がい者手帳などをお持ちの方は半額
※市内小中学生は観覧無料
※高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料 

新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫

新見市周辺は古くから漆の産地として知られ、良質の漆が取れていました。中世の時代、新見は京都・東寺の荘園、新見庄として栄えたところで、大量の漆を年貢として納めていたことが、ユネスコ世界記憶遺産に認定された「東寺百合文書」にも記載されています。また、備中漆は質もよく、仏像の修復にも使われたことが記録に残されています。
 本展は、備中漆復興20年を記念し、平成26年からはじまった展覧会の第3回展として、日本伝統工芸中国支部の漆芸、木竹会員を中心に、新見市で活動する漆芸の「地域おこし協力隊」3作家も加え、総勢およそ35作家に制作を依頼し、その成果発表展を備中漆のおひざ元、新見市で開催します。

平成29年度公立美術館共同巡回展 
日本画山脈 再生と革新〜逆襲の最前線
2017年4月13日(木)〜5月28日(日)
(予定)













美術館周辺地図はこちら≫≫
新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫
休館日/月曜日(但し、5/1[月]開館)
開館時間/午前9時30分〜午後5時
        
 (入館は閉館30分前)
観覧料
/一  般700円(600円)
      大学生500円(400円)
      中高生300円(250円)
       小学生200円(150円)

( )内は15人以上の団体料金
障がい者手帳などをお持ちの方は半額
※市内小中学生は観覧無料
※高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料 

新見駅から美術館までの地図はこちら≫≫


平成29(2017)年度の展覧会案内は2017年3月上旬にアップします。

       

ホ-ムへ


   Copyright© 2016 新見美術館 All Rights Reserved.
       Template design by Nikukyu-Punch
このホームページに掲載されている情報の著作権は新見美術館が有しています。
 また、画像については、著作権者のご協力により掲載されています。
       無断で転用・引用することを禁止します。