雲龍渓谷雲龍瀑見物(表日光)

date 2014/10/25 快晴のち曇
コース 林道ゲート〜林道終点〜獣道〜大岩滝(往復)
実働 往き:2h45m、帰り:2h55m、計:5h40m(偵察時間を除く)。
概要 右岸獣道を辿り、雲龍瀑・大岩滝見物。
メンバー ふたちゃん、あっきーさん、すうじい
行程 →:林道・踏跡、\\:藪漕ぎ・獣道、:溯行、=:車
【10月25日】 快晴のち曇
自宅5:30=7:50林道ゲート8:30→林道終点10:20\\10:35雲龍瀑展望小尾根11:10\\(偵察)\\雲龍瀑展望小尾根11:40\\大岩滝右岸テラス11:50\\(偵察)\\大岩滝右岸テラス14:20\\14:40雲龍瀑展望小尾根14:45\\15:20林道終点15:30→17:30林道ゲート17:55=20:50自宅
使用装備 軽登山靴、ヘルメット、ストック、スリング、カラビナ、ハーネス、8環、アイスハンマー、ザイル
GPS、コンデジ、E-P2、ED14-150mmF4-5.6
不用装備 三脚、ED9-18mmF4-5.6
記録  ふたちゃん企画の雲龍渓谷偵察ツアー。右岸の獣道を利用して、無雪期の雲龍瀑(虹付き)を堪能した。

【10月25日】 快晴のち曇
 寝坊したため、出発点の林道ゲートにかなり遅れて到着する。ふたちゃんとあっきーさんは、まだそこにいた。急ぎ支度して、歩き始める。次第に荒れて来る林道を、2時間弱歩いて、終点近くまで登る。

 いい加減な獣道を、これかな・・・と辿ることにする。かなり悪い道だが、辿れないこともない。15分ほど獣道を行くと、雲龍瀑が正面から展望出来る小尾根に至る。虹まで出てるじゃないか。三脚を立てたりして、撮影を始める。見上げれば、青空。なんて良い天気なんだ。

 さて、この小尾根の先だが、ガレ小沢を横断せねばならない。小尾根を少し登り、ガレ小沢の涸れ滑滝状を斜上して、上の岩壁岩根沿いの獣道を進む。途中から、極めて悪くなる。これは無理だ。トラバースを諦めて、先程の小尾根まで引返す。

 今度は、小尾根を下り気味にガレ小沢へ降りて、ゴーロを少し下降し、対岸の獣道を辿る。その先も、薄い獣道は続くので、さらにトラバースを続ける。展望小尾根から10分ほどで、大岩滝らしき滝の右岸テラスに至る。

 この先は、大側壁に阻まれて、進めない。悪い踏まれ跡を登って、高巻くルート工作を試みたが、十分な支点が得られないため引返す。テラスで休憩し、雲龍瀑を左下から見上げて撮影する。本流の大岩滝?も、登るのが大変そうだ。

 この後、ふたちゃんが見つけた、少し戻ったガリーを古いロープ沿いに登るルートを偵察する。こちらも、全員で苦労して登ったが、先に進むのは無理そうだった。

 元来た獣道を戻り、例のガレ小沢を少し登り返して展望小尾根に乗る。雲龍瀑は、既に日陰となっていた。岩根沿いの獣道は、やはり結構不安定だ。 林道跡に戻り、林道終点を偵察すると、シッカリとした踏跡があった。

 帰りの林道歩きも、2時間かかった。途中、何でも無い所で足首を捻挫してしまう。その後3週間ほど、山歩きが不可能となった。

アルバム

左の表題をクリックすると「北関東の山と沢」のブログにジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

その1:
林道ゲート〜
雲龍瀑展望小尾根
林道ゲート 右岸獣道を辿る 雲龍瀑 雲龍瀑 雲龍瀑全景
その2:
大岩滝右岸
右岸獣道を辿る 雲龍瀑 雲龍瀑 雲龍瀑 大岩滝?
その3:
帰路
雲龍瀑 右岸獣道 右岸踏跡

の表紙へ
本館トップページへ