日本茶道塾 茶の湯劇 台本 パターン1(英語版)

亭主(茶を点てる人)

正客(一番上座に座る客)茶人

次客(二番目に座る客)初心者の設定

 

茶会の正客と亭主の会話を切り取り、ステージで行われる劇のように、茶道とは何か、茶会の進行を見ていただきながら、客に感じていただく形。

 

(パターン1)

亭主「どうぞお楽に」

Please make yourself comfortable.

(正客は、それに合わせて、足を崩す)

 

次客「ありがとうございます、でも、茶道はとても作法に厳しく、覚えることがたくさんあって難しいと聞いているので、少し緊張しています」

Thank you, I will but I thought, in the Japanese tea ceremony, we have to behave very formally with strict and complicated manners. So I feel a little bit nervous.

 

正客「大丈夫ですよ。お茶では素直になって正直に自分を出していく、ということが大切なのですから」

Don’t be nervous. One of the purposes of the tea ceremony is that we try to be honest with ourselves.

 

次客「自分に正直に・・・?」

Honest with myself?  What do you mean?

 

亭主「そうです、ご自身の思い込みを捨て、本当の自分自身を見つけることが茶道の目的の一つなのです」

We mean free from prejudice, to find the ‘real me’

 

次客「え?本当の自分自身・・・ですか?」

The real me?

 

正客「いろいろな作法があるからたいへんだと言われましたが、実は、それらは、私たちの心を育てる助けになるものなのですよ」

You said there are so many complicated manners, but it is through this that we try to enlighten ourselves, in other words, to cultivate our mind.

 

次客「え?作法を通して、私たちの心が育っていくのですか?」

I don’t Understand. How do we cultivate our mind?

 

正客「そうです。私たちの心を育ててくれるのです。例えば、今、ご亭主が茶道具を清めている動作をしていますが、同時に私たちの心も清めているということなのです。ただの型として、しているのではありません」

Well, for example, the host is wiping the tea utensils. That is not only for practical purposes. It is also for spiritually purifying our minds.

 

次客「道具が清められているのを見て、自分の心も清めていく、ということですか、、、なるほど」

Watching the utensils being purified, we come to feel our mind is cleansed? Is that right? I think I can understand a little.

 

(中略)

 

次客「お茶を飲むときは、作法としてお茶碗を回さなくてはならないのですか?」

Do I have to turn the tea bowl before drinking?

 

亭主「無理にしなくても結構です。これは亭主が客のために用意した茶碗でありますので、正面から飲むのを遠慮するという気持ちが自然に現れた所作でもあります」

You don’t have to. Considering that the tea bowl is prepared by the host for the guests. They would naturally be modest and avoid drinking from the front of the tea bowl.

 

次客「右、左どちらに回したほうがいいですか」

Which direction should I choose?

 

正客「正面を遠慮する気持ちがあればどちらでも良いのですが、そこがわかったら、今度は亭主が次に何をするか思いやることもできます。客が茶を飲み終われば、亭主は茶碗を湯でゆすぎ、建水にこぼします。そのとき、客の「飲み口」から湯を落とせば効率よくすすげる。亭主の点前と同化する気持ちあれば、左に90度回します。」

After the guests drink tea, the host will rinse the tea bowl with hot water, and discard it into the container. If you turn it 90degrees clockwise, you can drink tea where the host will discard it, cooperating with the host.

 

次客「それは、すごい無言のコミュニケーションですね」

That is great communication without words!

c)nihonsadojuku 日本茶道塾 2002

英訳協力 英国Japan Center


 

 日本茶道塾 海外での茶道点前デモンストレーション 
スクリプト ダイジェスト1
(英語版)

(全文は会報でお送りします)

抹茶道・煎茶道の両方を舞台等の点前デモンストレーションにて行う”日本茶”文化を紹介する機会に用いたスクリプトの一例(ダイジェスト)です。

(抹茶道、煎茶道同時の点前デモンストレーションでの解説ダイジェスト)

〜日本緑茶文化の紹介を目的としたとき〜

*煎茶道も含めた全文は会報に掲載します。

 

日本茶道の歴史は、中国より禅の文化が入ってきたときから始まります。

Cha-do, Japanese tea ceremony was formed after Zen Buddhism was introduced to Japan.

 

禅は、出家し、厳しい修行が課されます。

In Zen practices, students must leave their home to enter into monkhood.

They went through hard trainings

 

しかし、500年前の日本人は、茶を飲むことを通して、日常生活の中で、自らを高めていくという、禅と同じ境地を実践できる「茶道」を考え出しました。

However, about 500 years ago, people of Japan created “Tea ceremony” to experience the same enlightened state by drinking Japanese green tea in their daily life.

 

茶を飲むだけで、だれでも、悟れるという、すばらしい方法論です。

It was groundbreaking and superb idea that anybody could experience enlightenment only by drinking green tea.

 

日本茶道では、「その場にいるだけで、客も禅の境地に達することができる」ということですので、今日、この場にいらしてくださる皆様も、点前の所作を見ていただくことを通して、悟りを開けるかもしれません。

In Japanese tea ceremony it is believed that only by watching the ceremony, you can get into the same kind of enlightenment. So you might have one today.

 

 

一同、礼。(ステージに数名客を上げてもよい。また、観客全員で茶席に同座する気持ちで、全員で一礼していただく)

Before staring the tea ceremony, as a sign of start of the ceremony, I would like all of you to make a vow when I say “rei”.  Ready?

 

(点前)〜中略〜

 

茶道は言葉で説明するとその本質からかえって外れてしまうため、その場に同座して「感じて」いただくものです。そのため、説明は最小限にいたします。どうぞ、ご自身で見て、感じてください。

In Japanese tea ceremony, there are no words exactly express each manner or movement. From now on, I want to make my explanation as little as possible. I’d like you to watch the ceremony and feel it by yourself.

 

〜煎茶道の解説は中略〜

 

(抹茶がたち、客に茶碗が出る)

一番最初のお客様は、このお茶碗を取りに来てください。

茶道では、お客様も(心の)「修行者」ですので、自分で茶碗を取りに出ます。

Now Matcha is ready.  The first person, please, come to receive the tea bowl.

In “Sado”, guests are treated as students.  Students must go to receive the tea bowl.

 

(飲み方)

茶碗を高く上げ、自分を下げて一礼します。これは、茶を作られた方だけではなく、天の恵み、地の恵み、そして、自分が今、この世に生を得て、ここに座っている縁など、すべてへの感謝の意味です。

First, you must raise your tea bowl higher than yourself and make a bow like she is doing.  It represents you are lowering yourself and show your respect and appreciation to everything surrounding you.  To your tea master who makes the tea for you, to the blessing from the sky, to the blessings from the earth, to the fate that you are given  birth and sitting here among us.

 

森羅万物の恵みを、お茶に重ねて見せているわけです。

The tea you are holding represents the blessing from the universe.

 

〜中略〜

 

(客が飲んでいる時の説明)

一口為断一切悪(いっくいだんいっさいあく)一口飲めば、一切の悪から離れ、

二口為一切善(にくいいっさいぜん)もう一口飲めば、すべての善を行う、

三口為度衆生(さんくいどしゅじょう)三口飲んだら、世界のすべての人々を救う「私」となる

The first sip makes you separate from all the evil,The second sip makes you do all the good deeds,The third sip gives you the power to save the world.

 

「日本茶を飲む」ということは、そのような禅の教えに通じます。

This is the Zen teaching in drinking Japanese green tea.

 

これから御仕舞(片づけ)の点前に入ります。

When you finish, please return your bowl to where it was.

 

客前で片づけるというのも、客は、飲んだままで片づけもせずに帰るのは心が残るという、相手を思いやる心があるので、(実際は見ているだけでも)片づけの時間を共にすることで、その心を解放してあげることができます。

Cleaning tea equipment in front of the guests is also a way of showing consideration to the guests.  If the guest leaves the ceremony without watching this, the guest might feel bad to leave the dirty equipment to the tea master. The tea master and the guests are collaborating and showing consideration to each other.

 

すべての道具が清められ、最初の位置に戻ります。

All the tools are cleaned and placed exactly where they were.

 

これは、自然を使わせていただく人間が、使えばまた自然の通りに戻しておくべきであるという考えの実践にもつながります。

It represents, you are returning everything you borrowed from the nature.

 

一同礼。

Let’s make a vow together.

 

皆様、一回の会を終え、一段、心が清まったのを感じていただけたら幸いです。茶道とは何も特別なことではなく、その心で日常を生きる、それが茶道です。

Hope this presentation gave you a good experience to learn the way to appreciate Japanese green tea.  It is said, once you experience Japanese tea ceremony, your mind gets cleaner in one layer. It shouldn’t be something so special and extraordinary but something we can incorporate in our daily life.

 

ありがとうございました。

Thank you.

(以上ダイジェスト)

(c)nihonsadojuku日本茶道塾 2011
翻訳ご協力    SA(杉本製茶アメリカ

 皆様の国際交流の一助となればと公開申し上げます。
ご批正等いただけましたら、大変ありがたく存じます。

日本茶道塾HPへ