「邪馬台国(女王国)」より北の国々の比定

 

さて、「魏志倭人伝」には、女王国より北は、その戸数、道里を略載できるが、その余の旁国は、遠くはなれていて、記載することが出来ないと書かれており、略載されている女王国より北の21ケ国は、次の表2.に示した順序で記載されています。

ここでは、「邪馬台国」=「宮崎平野」とした場合のそれら「邪馬台国(女王国)」の北の国々について具体的に比定します。

 

 

表2.「魏志倭人伝」の「女王国より北の国々」

斯馬(しま)国

巳百支(いはき)国

(ひはき、みわき)

伊邪(いや)国

(いさ)

都支(とき)国

(とし、つし)

弥奴(みな)国

(みぬ)

好古都(ここつ)国

(はかつ、ここと)

不呼(ふこ)国

(ほこ)

姐奴(そな)国

(しゃな、さぬ)

対蘇(ついそ)国

(つそ、とさ)

蘇奴(そな)国

(そぬ)

呼邑(こゆ)国

(こお、こゆう)

華奴蘇奴(かなそな)国

(かぬそな)

鬼(き)国

為吾(いご)国

(いが)

鬼奴(きな)国

(きぬ)

邪馬(やま)国

躬臣(くし)国

巴利(はり)国

支惟(きい)国

(しい)

烏奴(うな)国

(うぬ)

奴(な)国

-

-

-

 

          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「魏志倭人伝」には、「次に○○国、次に○○国、・・・」なる記載がなされており、これらの国々が順番に並んでいるように記載されています。なお、「魏志倭人伝」には、「倭国海中洲島の上に絶在し、あるいは絶えあるいは連なり、周旋5,000余里と推定される。」と記載されています。

さて、「魏志倭人伝」の「奴国」の説明書きには「ここは女王の境界の尽きる所、此の南に狗奴国有り」という表現があり、奴国は、倭国のどの方角かは分からないが少なくとも倭国の端であると言えます。さらに、「後漢書の東夷伝」の「倭の奴国は倭国の極南界」という記載は、これと同様な意味を成しています。

この「奴国」は、邪馬台国に至る旅程の一国として現われ、略載されている21ケ国の最後の国としても再び「奴国」が登場しますが、この2つの「奴国」の意味は明確にされていません。

ここでは、「女王国の北に有る21カ国」を順次、比定しながら、記述の最後に登場する「奴国」が、「邪馬台国」に至る旅程で登場した「奴国」と同じかどうかも、数学における別の式で解を求める意味合いで検証してみたいと思います。

 

 

「魏志倭人伝」の記述に忠実に従うと、邪馬台国は宮崎平野に比定されました。その宮崎平野をスタート地点として現存している地名をもとに、表2.の「女王国より北にある国として略載されている21ヶ国の比定を試みることにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


上の図に示した「女王国の北の国々」を比定するに当たっての前提条件を次に示します。

 

@「魏志倭人伝」に記載されている里程から、特に明確に計測できる、狗邪韓国、対馬国、一大国の間が各々1,000余里であることから、1里は約100mという短里を用います。

A 21ヶ国は、基本的に「魏志倭人伝」に記載されている順番になっている。

B 女王国より北の21ヶ国のうち7ヶ国に「奴」という文字が使われています。この「奴」は「灘」に通じると考え、「奴」は「灘=港=みなと」を意味し港湾または河川に船()が停泊できる港のある国として比定することにします。

Cの付与された国名が見られるが、これは阿蘇山」に関連しているとすることが妥当と考え、阿蘇山の近辺に比定します。つまり、「蘇奴国」を例に取ると、「蘇」は阿蘇を指し、「奴」は港を指すことになるため、「蘇奴国」は、「阿蘇の港の国」を意味するということになります。

 

以上の前条件と現在の地名から推定した「女王国より北の21ヶ国」の比定地を表3.に示します。

 

そして、表3.に示した邪馬台国の北の21ヶ国の比定地(I〜30)の配置を図2.に示します。

 

表3.女王国より北の国の比定結果の一覧

 

No.

女王国の北の国

現代地名の比定地

比定地の県

I

斯馬(しま)国

椎葉(しいば

宮崎

J

巳百支(いはき)国

岩屋(いわや

宮崎

K

伊邪(いや)国

いさ

高千穂町・岩戸(いわと

熊本

L

都支(とき)国

(とし、つし)

曽木(そぎ

五ヶ瀬川中流

宮崎

M

弥奴(みな)国

(みぬ)

三輪(みわ

(五ヶ瀬川河口)

宮崎

N

好古都(ここつ)国

(はかつ、ここと)

津久見(つくみ

大分

O

不呼(ふこ)国

迫(さこ)・延岡

大分

P

姐奴(そな)国

(しゃな、さぬ)

挟間(はさま

(大分川上流)

大分

Q

対蘇(ついそ)国

竹田市

熊本

R

蘇奴(そな)国

(そぬ)

一ノ宮町

(黒川沿い)

熊本

S

呼邑(こゆ)国

(こお、こゆう)

河陽(こうよう

熊本

21

華奴蘇奴(かのそな)国

(かぬそな)

 阿蘇町(乙姫)

(黒川沿い)

熊本

22

鬼()国

宇佐市

大分

23

為吾(いご)国

橋市

福岡

24

鬼奴(きな)国

鬼津(おにず

(遠賀川河口)

福岡

25

邪馬(やま)国

(やま)国町・耶馬溪町やばけい

大分

26

躬臣(くし)国

玖珠町くす)・日田

大分

27

巴利(はり)国

杷木町はき)・甘木

福岡

28

支惟(きい)国

基肄(きい)城下

筑紫野市から太宰府市

福岡

29

烏奴(うな)国

(うぬ)

鳥栖市とす

(筑後川中流)

佐賀

30

奴()国

八女市筑後市

(筑後川下流)

福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「邪馬台国」を「宮崎平野」とし、「魏志倭人伝」に記載された順を追って「女王国の北にある国々」を比定すると、現在の地名と多くの国で一致を見ました。

 

さらに、表3の「女王国の北の国々の比定地」を地図上に示します。

 

図2.女王国の北の21ヶ国の比定地図

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


次に、これらの「女王国の北の国々」の比定地に関して幾つかの点を説明します。

 

「蘇奴国」は、阿蘇山の麓の「一ノ宮町」に比定しました。一ノ宮町は、黒川が廻る広大な田園地帯であり、その東北部には、4〜7世紀に作られた円墳12基、前方後円墳2基から成る中通(ナカドオリ)古墳群があり、その中の長目塚からは銅剣、銅鏡等が出土しています。

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿蘇火口

 

阿蘇外輪山内麓の中通古墳

 
 


          

 

また、「姐奴国(挟間)」は、「蘇奴国」と同じ発音になるため、区別する理由から「姐(そ)」の漢字を用いたと考えられます。

阿蘇山では砂鉄(サナ)がとれたため、鉄器を作るための原料として、阿蘇の西の川港である「蘇奴国」と「華奴蘇奴国」から、そして阿蘇の東の川港である「姐奴国」の3つの川港から船で各地に積み出されたと考えられます。

 

また、「鬼国宇佐市)」は、鬼の伝説が多く、鷹栖観音の鬼会が毎年開催され、また鬼落山等の地名があることから比定しました。

鬼奴国鬼津)」は、遠賀川河口にある「鬼津」の「津」が「津=奴(港)」であることから「鬼津=鬼奴国」としました。

 
 

支惟きい)国」に関しては、大宰府一帯を守るために

665年に、基肄城(きいじょう)や大野城が築城されました。

右地図に示したように、当時は、防衛の堤である「水城」

からそんなに遠くない所まで海が迫っていることが分かります。

つまり、基肄城(きいじょう)下は、基山から太宰府市

かけた地域であったと推定されます。

支惟(きい)」は、その「基肄(きいじょう)」の地名

から基山町から筑紫野市太宰府市に比定しました。

恐らく中心地は、「隈、西小田遺跡」地域だったのでしょう。

 

大野城市HPより

 
 

 


ここで、「女王国の北の国々」の一番最後に「奴国」が、なぜ再登場するか図2.で、検証して見たいと思います。

最後の方の「邪馬(ヤマ)国;耶馬溪(やばけい)町・山国」から辿ってみますと、次に「躬臣(クシ)国;玖珠(くす)町」があり、次に「巴利(ハリ)国;杷木(はき=杷木町から甘木市)」、次に「支惟(キイ)国;基肄城下(きいじょうか)=(基山から太宰府市)」、次に「烏奴(ウナ)国;鳥栖(とす)市」と続きます。

 

魏志倭人伝

邪馬国

躬臣国

巴利国

支惟国

烏奴国

比 定 地

耶馬溪

玖珠町

杷木町

基肄城下

鳥栖市

 

 

 

この国々の記載順序(耶馬溪町・山国⇒玖珠町杷木町筑紫野市鳥栖市)から考えて、「鳥奴国=鳥栖市」の次の国として女王国の北の国々の最後に記載されている「奴国」は、「筑後川下流域」と推定されます。

また、「奴国」を「筑後川下流域」に比定すると、末盧国から東南へ500(50km)陸行して伊都国に到る。」「伊都国から東南へ100(10km)進むと奴国に到る。」の記載に、方角も距離も記載に正確に合致します。この場合、陸行しなければならない必然性も納得できます。

さらに、「後漢書の東夷伝」には「奴国は倭国の極南界」という記載があります。この時代の中国における「奴国」の認識は、倭国の海が南に迫った国です。従来説の「奴国(福岡市)」は、北側に海が迫っており「極北界」ということになります。

そして、「奴国=筑後川下流域」であると言う決め手は、「魏志倭人伝」の「・・・・、次に鳥奴国有り、次に奴国有り。此れ女王国の境界尽きる所。其の南に狗奴国有り、男子を王と為す。其の官に狗古智卑狗有り。女王に属さず。」と言う記述です。

「奴国」の南に「狗奴国」があり、その上、「狗奴国」の官名が「狗古智卑狗」と「菊池()」を思わせる名前です。菊池市、菊水を含む熊本平野一帯を「狗奴国」に比定せざるを得ません。女王国に対抗する強靭な広大な国として、ふさわしいと考えられます。

「奴国=筑後川下流域」、「狗奴国=熊本平野」とすると奴国は女王国の境界が尽きる所となり、「・・・、次に奴国有り、此れ女王国の境界尽きる所。其の南に狗奴国有り」の記述に合致します。

 

これらに加え、「蘇奴国」に見られるように同じ発音の国を区別できるように「華奴蘇奴国」、姐奴国」と言う表記をして、国名が重複しないようにしており、2度登場する「奴国」は同一国と考えるのが妥当です。

 

従って、「邪馬台国」へ至る旅程にある「奴国」と「女王国の北の国々の最後の国」の「奴国」とは、同一国(筑後川下流域)であるという結論になりました。

 

 

ところで、ここまで比定した国に、従来説の重要な国である「伊都国(糸島)」、「奴国(福岡市)」が含まれていません。それに加え、鞍手郡から飯塚市にかけた地域が含まれていません。

なぜ、これらの国が、倭国に含まれていないかと言う問題が残ります。

その理由の一端となる記述がなされた史書があります。

それは、「桓檀古記(ハンダンゴギ)の次の記述です。

 

テキスト ボックス: 「 時狗奴人與女王相争。索路甚厳。其欲往狗邪韓国蓋由津島、加羅山、志加島、始得到末盧戸資之境。其東界、則及狗邪韓国也。」
 

 

 

 

 


(時に狗奴人は、女王と相争っている。航路を探すのが非常に厳しかった。狗奴人で狗邪韓国に行こうとする者は、津島、加羅山、志加島を経て、始めて末盧戸資の外れに到達する。其の東側が、即ち、狗邪韓国である。)

 

「狗奴国(熊本)」が女王国と争っていた頃、狗奴人が、狗邪韓国に行こうとすると、倭国連合国は通れないので、西回りで、津島(津の地名の多い島原付近の島)、加羅山(糸島半島の可也山)、志加島(志賀島)を経て、末盧戸資(松原の香椎)の郊外に到着する。その東側一帯が、狗邪韓国である。・・・と理解されます。

つまり、北九州の一部に朝鮮半島南端と同じ狗邪韓国系の国があったことになり、その国は、「従来説の伊都国(糸志摩)+奴国(福岡市)=委奴国」および志賀島から香椎、宗像、鞍手郡、飯塚にかけた地域を含むと推定されます。これらの地域は、漢鏡、後漢鏡の出土が多く、狗邪韓国からの渡来人が多く居住していたのでしょう。

倭国連合に対抗して、「委奴国」と「狗奴国」は結びついていたと考えられます。

また、倭国連合が、「末盧−壱岐−対馬−狗邪韓国西」の航路を専用していた時期に、狗邪韓国系の国は、「志賀島沖ノ島−対馬−狗邪韓国東」の航路を使用していたと推定されます。

この航路の使用時に志賀島で金印を使用していたことから、後に志賀島で金印が発見されたと考えられます。

 

 

「魏志倭人伝」の記載にある100余りの国に「倭国=九州」が分かれていた当時は、従来説の「委奴国」や「奴国(筑後川下流)」などが中国とそれぞれ交流していましたが、その後、倭国が乱れ、図2で比定した約30の国に統合されたと考えられます。

30の国々は、卑弥呼を共立、つまり、卑弥呼を「倭国」の君臨者(王)に決定して、「倭国連合国九州島全体(狗奴国を除く))」を形成し、中国との往来、倭国(九州)の統治を行ったと考えられます。

そして、軍隊「一大(壱岐)(イキソツ)」を中国との往来時の護衛と倭国の統治のために最適な「伊都国(佐賀市近辺)」に置いていたと考えられます。

倭国の女王が中国から入手した銅鏡などは、この連合国の約30の国に分配されたのではないでしょうか。

 

 

ここまでに示したように、「邪馬台国」を宮崎平野として、「女王国の北の国々」を3つの連続の国の流れで比定すると、宮崎、大分、北九州、南福岡、佐賀、鹿児島を含む九州のほとんどを網羅(周旋5000(外周500km))することになります。

 

ここまで、「魏志倭人伝」に忠実に沿って、「邪馬台国」へ至る経路の国々と、「女王国の北の国々」の位置を比定しましたが、2度登場する「奴国」は筑後川下流域の1国のみとなり、九州の北部に渡来人を主体にする国(委奴国)が存在したと言う結果になりました。

 

 

次のページでは、なぜ、「邪馬台国」を「宮崎平野」に比定したかの情報を「比定の理由」のページで示したいと思います。

さらに、「比定の理由」のページの次で、「従来説への考察」を加えたいと思います。

 

作成04.01.05.

改定07.04.23.

   

つづきは、

テキスト ボックス: 比定の理由テキスト ボックス: Top  

               進む        へ戻る