元気になれるジョーク集

(その1)

ひと笑いして、元気になりましょう!

第1章                        

 

1)風邪に

祖母が、風邪をひいたと言って、トイレに入って出て来ない。

「オバー、トイレ長いね大丈夫?」

「風邪にベンザ(便座)て言うから、治療してるところ」

 

2)投 書

先日、娘と一緒にヨーカドーに行った時のこと

娘が、突然、箱の穴を覗き込んで叫んだ「ハーイ、おげんきー♪」

「どうしたの」と娘に聞くと、

「だって、あなたの声を聞かせてくださいと書いてあるもの♪」

 

3)根 本

ある偽札作りの名人が、完璧な偽札を作った。

町で使うとなぜか逮捕されてしまった。

犯人:「どうして偽札と分かったのですか?」

警察:「残念だったね。君が見本にしたのは偽札だったんだよ」

 

4)歩き方

おばあさんが、腰を振って小粋に歩いていると、

粋なおじさんが、一声かけた、

「よっ! モーロー、ウォーク!」

 

5)求 婚

モテそうもない女性が、

「わたし、毎日のように結婚してって、頼まれてるのよ!」

「すごい、ほんと、ところで、誰から頼まれてるの?」

「お父さんとお母さんからよ!」

 

 

第2章                        

 

1)猛 暑

山田「暑いな〜、ジージー鳴いてるセミも服を脱ぎたくなるだろうな!」

中村「分った、半分脱いで、○○ヌードだろう?」

 

2)電気店

「バージョンアップ」と貼り紙がしてあった新型テレビに、「バーチャンがアップ」で映っていたので、一人で笑っていたら、店員に変な目で見られました。

 

3)情報源

古賀「いつも町の噂に早耳の君が、この情報を知らないなんて驚いたな!」

藤井「実は、女房がここ3日間、里帰りしてたんだ!」

 

4)誤 差

母親「お前また予備校サボって、映画見てたんだろう?」

息子「何言ってんだい、僕はちゃんとカラオケで歌うたってたんだよ!」

 

5)有 効

友人「あなた、あれほどひどいご主人の夜遊びをどんなにして止めさせたの?」

婦人「毎晩、寝言の振りして男性の名前を呼んだだけよ!」

 

6)酔っ払い

A嬢「ごめん、あの寝てるお客さん、そろそろ5回目、起こさなくっちゃ!」

B嬢「そんな客、無理にでも帰したらいいじゃないの?」

A嬢「何言ってるのよ、起こす度にチップくれるのよ!」

 

7)比 較

隣人前「奥さんが隣に住んでて下さって助かってますわ!」

隣人後「まあ、そんなお上手言わないで、あたし何もしてあげてませんのに?」

隣人前「いいえ、お世話になってますって!主人が、隣の奥さんを見ればお前もまだまだ見れたもんだって!」

 

8)跡継ぎ

夫「今度こそ男の子を頼むよ?」

妻「そんなこと無理よ!」

夫「何でもすべて自由にしているお前でもそれは無理か!」

 

9)記憶力

井上「僕は、頭に入れたことは絶対忘れないんだ!」

河合「じゃ、この前君に貸した五千円覚えてるだろう?」

井上「いいや、あれはポケットに入れたからね!」

 

10)街角の看板

@「不審者は届け出てください!(町内会)」(俺も届け出るべきかな!)

A「ブドウのアントシアニンは体に良い!」と聞いて(白ワインばかり飲んでました!)

B「アンミン豆腐あります!」(暑くて眠れないもんね!)

 

第3章                        

 

1)証 言

裁判官「灯りを点けて、泥棒の正面にいたのに顔はほんとうに見なかったんですね?」

証 人「裁判官、やはりほんとうのことを言わなければいけないのでしょうか?」

裁判官「裁判所では、すべてほんとうのことを言う決まりです!」

証 人「実は、わたし、家内の後ろに隠れていましたので・・・」

 

2)静 寂

大家「坊や、今度お隣に引っ越してきた人はどうだい?」

坊や「静か過ぎて、僕大嫌いなんだ!」

大家「静かだったら良いのじゃないの?」

坊や「いや、ママがお隣の声が聞こえないから静かにしなさいって、僕を叱ってばかりで嫌になるんだ!」

 

3)ボーイ

レストランでボーイを呼んで文句を言った。

「このステーキ、靴底のように硬いじゃないか!」

すると、ボーイから、「お客さんは、ときどき靴底を召し上がるんですか?」と逆襲された。

 

4)最 悪

私「立ち聞きしたんだが、近所ではお前のことをラジオって呼んでるぜ!」

妻「私ってそんなにお喋り?」

私「うん、それに、顔が見られないってさ!」

 

5)理 容

妻が長い髪を切ってきたので、

夫が「どうして、俺に黙って長い髪の毛を切ってしまたんだ!」と怒ると、

妻は「あなただって、私に黙って禿げてしまったじゃないの!」と言い返してきた。

 

6)価 値

中村婦人「この大きなダイヤの指輪、どれ位の値打ちがあるか分かる? たった一度のキスよ」

田中婦人「まあ、あなたのキスにそんな値打ちが有るの?」

中村婦人「いいえ、主人が女中にしたキスなのよ!」

 

7)理 科

先生が、「モグラは、毎日、自分の体重と同じ量だけ食べるんですよ」と言うと

すかさず、生徒が「先生、モグラはどうして自分の体重が分るんですか?」と聞いた。

 

8)祖 母

祖母「孫のお前がかわいくて、もう、食べてしまいたいくらいだよ!」

坊や「何言ってんだい、歯が1本もないくせに!」

 

9)夫のこと

主婦A「あたしの主人は、酒も飲まないし、ギャブルも、煙草もやらないのよ!」

主婦B「ほんと、煙草も吸わないの?」

主婦A「うん、煙草は、美味しい夕食の後に限って、一日に一本吸うだけなのよ! だから、ここ数ヶ月間で、2本とはたぶん吸って無いわ!」

 

10)街角の看板

@「ハリウッド(針灸院)」(!)

A「ビールは通風に悪い!」と聞いて(発泡酒ばかり飲んでいます! 意味無いジャン?)

B「ミッキーマウス型PC発売」(ワリトー出ズニー!?)

 

 

第4章                        

1)頭の鍛え方

「頭も鍛える空手教室(極深会)」という貼り紙があったので、文武両道かなと思って、道場を覗いてみました。

すると、みんな布を巻いた柱に頭をぶつけて、頭を鍛えていました。

 

2)当 然

彼女にキスを迫ったら、

「男の人って、どうして女性にキスを求めたがるのかしら?」と聞いて来たので

私は、思わず「俺が男にキスを迫ってもつまらないだろう」と答えたところ、

彼女に笑われて、チャンスを逃してしまいました。

 

3)時間つぶし

劇場に出掛けた2人の主婦が、開演まで2時間ほどあったので、時間をつぶしの為、パチンコをすることにした。

主婦A「どの台がでるかしら?」

主婦B「分らないから、自分の年齢と同じ番号の台に座りましょうよ!」

主婦A「そうね」と言って、38番に座った。

数千円使ったとき、横を見ると、42番台に知らない人が座り、いきなり連続当たりとなった。

主婦A「ああ、正直に座ればよかった!」と悔やみに悔やんだ。

 

4)牧場で

北海道を観光しているとき、ある若妻が、牧場主に「この雄牛には、沢山の子供が居るんでしょうね?」と聞いた。

牧場主は、「奥さん、それはもう数え切れない位居ますよ。何しろ週に4、5回種付けしてますからね!」

すると、奥さんは旦那に向かって「ねぇ、あなた、すごいわね。1週間に4、5回ですって!」と言った。

うなだれている旦那に向って、牧場主は、「もちろん相手は同じ雌牛じゃないですけどね。」と付け加えた。

 

5)かがみ

校長の「生徒のかがみになるような行動をしなさい!」という訓示に従い、

生徒のスカートの中を見るカガミになった教授がいました。

 

6)お出かけ

女って出掛ける前の化粧や準備が、どうしてあんなに長いんでしょう?

女房「さあ、準備できたわよ。あら、まだ、髭を剃ってるの?」

旦那「何言ってるんだい、お前が準備する間に生えてきた髭をまた剃ってるんだよ!」

 

7)質 問

患者「先生、どうしてわたしの右ひざはこうも痛むんでしょうか?」

医者「なあに、年のせいですよ」

患者「でも、なぜ、左ひざは同じ年なのに痛まないんですか?」

医者「・・・・・」

 

8)意味が違う

取調官「お前は、金に困った末にここに来ることになったんだろう?」

犯罪者「旦那、いくらなんでも、警察には盗みには来ませんよ!」

 

9)思い出

はじめて子供が出来た時のこと、

妻が「今日、マタニティドレスを買ってくるね」というのを聞いて、

無知なわたしは、「股に手を入れるドレス」を想像しました。

 

10)街角の看板

@「資金流用(丸石自転車)」(自転車操業でした!)

A「国に金繰り(カネボウ化粧品)」(鬼にカナボウではない!)

B「リコール隠し(目つぶし自動車)」(?)

04.5.31.

 

第5章

1)最近の天気予報

テレビの天気予報を聞いていて、最近の予報士も大変だなと感じた。

天気予報士は、「過去20年間の巨人が優勝した年の平均気温を調べてみると、0.2度高くなっています。従って、今年は暖冬なので、巨人が優勝する可能性がかなり高いのではないでしょうか。」と言っていた。

 

2)相撲中継を聞いていて

「朝青龍、500勝目を白星で飾りました!」

それを聞いて、当たり前じゃないかと思った。

 

3)効果有り

   Oゾーンと言うパチンコ屋の前の家を通りかかったら、おもしろい看板が

掛けてあった。

「ここで小便する人は、負けます!」

 

4)政治家志望

   政治家になるのは簡単です。だって、次の言葉を使うだけで済むんですから。

@「粛々として」         D「遺憾である」

A「という認識のもと」      E「善処します」

B「いかがなものか」       F「前向きの姿勢で」

C「不退転の決意で」       

そして、窮地に陥ったら、「国民の審判を仰ぐ」を使えば良いだけ。

 

5)有名な関西弁

花子「あれ、ちゃうちゃうちゃう?」

京子「ちゃうちゃう! あれ、ちゃうちゃうちゃう。」

 

6)名前

中村「うちの家内が、こんど飼った子犬に俺と同じ「たか」って名前付けたんだ!」

井上「それじゃ、どっちが呼ばれてるか分からないじゃないか?」

中村「イヤ、それが分かるんだ。犬を呼ぶときには、優しい声で呼ぶんだよ!」

 

7)負けず嫌いなお隣さん

山田「お宅の犬が私の庭をイジって困ります。放し飼いはやめてください!」

中村「お宅の不細工な奥さんこそ、放し飼いにしてたら保健所がほっとかない

でしょう?」

 

8)有名な鹿児島弁

鹿児島「ケ、ケ、ケ、ケ!」

訳は、「ケ」(貝を)、「ケ」(採取)、「ケ」(に)、「ケ」(おいで)。以上。

 

9)間抜け

男「僕が、君とこうして一緒に食事をしたって中村が聞いたら、ヤツは怒るだろうな?」

女「いいえ、彼とは、結婚するために、できるだけ節約しようと約束しているの!」

 

10)街角の看板

@「危険ですから、運転手にみだらに話しかけないでください!」(淫らに?)

A「短期アルバイト募集(できるだけ長く働ける方)!」(どっちなんや!)

 

第6章

1)ハローワークで

求職者「私には子供が5人いて、6人目が生まれる予定なんです。

何とか職を貰えませんか?」

職 員「ほかに何か能力はないのですか?」

 

2)女同士

花子「京子、男ってみんな同じって思わない?」

京子「だったら、どうして次々に男を替えるのヨ?」

 

3)男同士

男同士が喧嘩をしていた。たまりかねた女の子は、警察に「お父さんが喧嘩してるの」と通報した。

やって来た警察官が、「どっちが、きみのお父さんなの?」と聞いた。

女の子は、「2人は、それが分からなくて喧嘩してるのよ!」と答えた。

 

4)悪夢?

妻「あなた、最近よく、寝ながら歯ぎしりなさるわヨ?」

夫「あぁ、毎晩、お前の夢を見るんだ!」

 

5)外見

妻が、「ねぇ、あなた、あたしって45にはとても見えないでしょう?」と聞いたので、

私は、「とても、そうは見えないネ。昔はその位に見えたけどネ!」と答えた。

 

6)合言葉?

この前、観光バスのツアーに参加したとき、

バスガイドさんが、「運転手さん、会社に連絡を入れに行ってきます。」と言っているのを聞いた後、バスガイドさんとトイレで必ず会った。

 

7)検算

責任者「この伝票の合計欄に違う数字が5列書いてあるけど?」

事務員「わたし、4回も計算し直したんです!」

 

8)宝くじ

「もし、100万円当たったら、おまえならどうする?」と妻に聞いたら、

「まず、あたし、数えてみる!」と言われた。

 

9)人口調査

中村「お前、福岡には、男性と女性のどっちが多いと思う?」

田中「俺、道を歩いていると、女性しか目に入らないよ!」

中村「あぁ、そう言えばそうだな女性ばかりが目につくね!」

 

10)街角で偶然に見つけた看板

@「店に入る時は、ヘルメット、サングラス、覆面を取ってください。」(えぇ?)

A「当店の割引券に有効期限はありません」(じゃ、使えるの?)

2004.1.11.

 

    

テキスト ボックス:  「TOP」
 


                へ戻る