このページは、2004年10月の新潟中越地震で被災されたうさ飼いさんとうさぎさんたちのために開設しました。
しばらく放置状態でしたが、2007年7月16日に再び発生した新潟中越地震に伴い、情報提供を再開します
被災地支援のために何かしたいと思っておられる、全国のうさ飼いさんも、ぜひご覧下さい(La Cabane 管理人 きょろ)
ただし、現在までのところ、被災されたうさ飼いさんの状況は当サイトでは把握できておりません。
このページについてのお問い合わせ等は、S.O.S.新潟うさぎ!専用メールアドレスnigata_usagi@yahoo.co.jpまで

当サイトはリンクフリーですURL http://www.geocities.jp/nigata_usagi/. 
ただし、こちらで転載している情報については、当サイトを出自とはせず、
その情報を実際に発信しているサイトにてご確認いただいてから、引用して下さい。

*被災したうさ飼いさんとうさぎさん救援情報掲示板はこちら*

http://www4.rocketbbs.com/341/nigausa.html

*情報は下へ向かうほど古いものになっています
*特に被災されたうさ飼いさんとうさぎさんに重要と思われるものについては、赤字で示しました.
*被災地のうさ飼いさんからの、救援(支援)要請、相談、状況レポート等は、bbsまたはメールにていつでも受け付けております。
*このサイトで拾えていない情報や、ご意見など、上記のbbsやメールまでお寄せいただきますと幸いです。


2007.8.27*************************************************
新潟県中越沖地震動物救済本部の設置報告(第6報)〜募金の受付状況〜

平成19年8月27日
福祉保健部生活衛生課

〜募金の受付状況〜
新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、新潟県中越沖地震動物救済本部の
活動資金の募金を受け付けております。

これまでの受付状況は次のとおりです。(8月24日現在)
件数金額
411件8,623,195円


1 活動資金の使い道
避難した動物に対する餌や飼育用品の提供等、動物救済本部の事業に必要な経費に充てます。

2 募金の方法
1)口座振替による募金は、下記口座までお願いします。

郵便局【追加】
郵便振替口座名義
00560-5-96424 新潟県中越沖地震動物救済本部


銀行
銀行名支店名口座番号名義
第四銀行県庁支店(239) (普)1278325新潟県中越沖地震動物救済本部
北越銀行県庁支店(271) (普)254964新潟県中越沖地震動物救済本部

※ 各銀行とも本支店間における窓口での振込については手数料無料です。

2)現金・現金書留による募金は下記までお願いします。
名称住所電話
新潟県中越沖地震動物救済本部事務局〒950-8570 新潟市中央区新光町4-1(県庁生活衛生課内)025-280-5206
(社)新潟県獣医師会〒950-0965 新潟市中央区新光町15-2 新潟県公社総合ビル6階025-284-9298
(社)新潟県動物愛護協会〒950-0965 新潟市中央区新光町7-2 新潟県商工会館4階025-284-8201


本件についてのお問い合わせ先
生活衛生課動物愛護・衛生係
(直通)025-280-5206

2007.8.24*************************************************
8月24日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月27日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月24日午後6時現在)
・フード等の提供  犬92件、ねこ48件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬34件、ねこ26件、その他4件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬9件、ねこ1件
(合計) 犬171件、ねこ106件、その他10件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月24日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
31015221
ねこ2810011
その他000000
51825232


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 仮設住宅での動物飼育支援
仮設住宅での動物飼育が円滑に行えるよう、ペットフード等の提供、飼育ケージの貸出
などの支援の他、動物のしつけや飼い方の相談も受け付けています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.22*************************************************
8月22日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月23日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月22日午後6時現在)
・フード等の提供  犬93件、ねこ48件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬34件、ねこ24件、その他4件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬171件、ねこ103件、その他10件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月22日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
31015221
ねこ221005
モルモット000101
51226227


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 仮設住宅での動物飼育支援
仮設住宅での動物飼育が円滑に行えるよう、ペットフード等の提供、飼育ケージの貸出
などの支援の他、動物のしつけや飼い方の相談も受け付けています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.21*************************************************
8月21日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月22日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月21日午後6時現在)
・フード等の提供  犬91件、ねこ48件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬34件、ねこ24件、その他4件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬169件、ねこ103件、その他10件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月21日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
31015221
ねこ221016
モルモット000101
51226328


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.20*************************************************
8月20日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月21日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月20日午後6時現在)
・フード等の提供  犬91件、ねこ48件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬34件、ねこ22件、その他4件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬169件、ねこ101件、その他10件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月20日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
41015222
ねこ221016
モルモット000101
61226329


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.17*************************************************
8月17日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月17日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月20日午後6時現在)
・フード等の提供  犬91件、ねこ48件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬33件、ねこ20件、その他4件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬168件、ねこ99件、その他10件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月17日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
51115224
ねこ222017
モルモット000101
71336432


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.15*************************************************
8月15日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月15日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月15日午後6時現在)
・フード等の提供  犬90件、ねこ48件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬32件、ねこ17件、その他4件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬166件、ねこ96件、その他10件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月15日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
51116225
ねこ212027
モルモット000101
71237433


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.12*************************************************
8月12日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月13日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月12日午後6時現在)
・フード等の提供  犬90件、ねこ48件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬32件、ねこ17件、その他4件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬166件、ねこ96件、その他10件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月12日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
51217227
ねこ222028
モルモット000101
ウサギ010001
71538437


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.10*************************************************
8月10日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月10日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月10日午後6時現在)
・フード等の提供  犬90件、ねこ48件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬31件、ねこ17件、その他4件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬165件、ねこ96件、その他10件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月10日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
51117226
ねこ222028
その他010102
71438436


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.10*************************************************
仮設住宅における動物飼育の注意ポイント(新潟県中越沖地震動物救済本部)

仮設住宅で動物を飼う際の注意点について、動物救済本部がまとめました(写真あり)
被災者の方々はもちろん、現在、ペットと暮らしておられる方々も、備えのためにぜひご一読をおすすめします

2007.8.10*************************************************
仮設住宅での動物飼育を支援します(新潟県中越沖地震動物救済本部)

新潟県中越沖地震動物救済本部H19.8

仮設住宅に入居される皆様へ
仮設住宅で動物を飼育される方に次のような支援を行いますので、ご相談ください。

1 ペットフードなどの物資の提供
動物用緊急支援物資を提供します。(ペットフード、排泄物処理袋など)

2 ケージの貸出し
室内で飼育するためのケージの貸出しを行います。

3 動物の健康相談、ワクチンの無料接種
県と新潟県獣医師会の獣医師が、仮設住宅を巡回して動物の健康相談などを行います。
日時は、後日お知らせします。

仮設住宅で動物を飼育する場合は以下の点を守りましょう。
★室内飼育を原則とすること
犬を散歩などで外に連れ出す時は、必ずリードをつけましょう。

★感染症の発生を防止すること
ワクチン接種を受けましょう。

★繁殖を制限すること
できる限り不妊・去勢手術を行うことが望まれます。

★所有者を明示すること
脱出する場合もあるので、首輪などをつけて飼い主の名前と連絡先を明示しましょう。
動物のしつけや飼い方などのご相談は、下記で受け付けています。
また、必要な飼育物品等もお貸しできますので、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちらまで!

中越動物保護管理センター
(長岡市柿町字増沢1574-子)電話/0258-34-1416

柏崎保健所衛生環境課
(柏崎市鏡町11-9) 電話/0257-22-4180

2007.8.9*************************************************
8月9日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月10日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月9日午後6時現在)
・フード等の提供  犬88件、ねこ47件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬31件、ねこ17件、その他3件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬163件、ねこ95件、その他9件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月9日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
51117226
ねこ222028
その他000101
71338435


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.8*************************************************
8月8日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月9日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月8日午後6時現在)
・フード等の提供  犬86件、ねこ47件、その他1件
・飼育動物の健康 犬23件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬31件、ねこ17件、その他3件
・引取り 犬3件、ねこ4件
・脱出届 犬10件、ねこ20件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬161件、ねこ95件、その他9件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月8日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
51117226
ねこ222028
その他000101
71338435


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.8*************************************************
新潟県中越沖地震動物救済本部によって現地の写真が公開されました

@現時対策本部の様子 http://www.pref.niigata.jp/fukushihoken/seikatueisei/syokuinfo/08saigai/dobutsu/honnbusyasinn.html

A動物シェルターの様子(中越) http://www.pref.niigata.jp/fukushihoken/seikatueisei/syokuinfo/08saigai/dobutsu/honnbusyasinn2.html

2007.8.8*************************************************
新潟県中越沖地震動物救済本部の設置報告(第5報)〜募金の受付状況〜

平成19年8月8日
福祉保健部生活衛生課

〜募金の受付状況〜
新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、新潟県中越沖地震動物救済本部の
活動資金の募金を受け付けております。

これまでの受付状況は次のとおりです。(8月7日現在)
件数金額
326件6,010,230円


1 活動資金の使い道
避難した動物に対する餌や飼育用品の提供等、動物救済本部の事業に必要な経費に充てます。

2 募金の方法
1)口座振替による募金は、下記口座までお願いします。

郵便局【追加】
郵便振替口座名義
00560-5-96424 新潟県中越沖地震動物救済本部


銀行
銀行名支店名口座番号名義
第四銀行県庁支店(239) (普)1278325新潟県中越沖地震動物救済本部
北越銀行県庁支店(271) (普)254964新潟県中越沖地震動物救済本部

※ 各銀行とも本支店間における窓口での振込については手数料無料です。

2)現金・現金書留による募金は下記までお願いします。
名称住所電話
新潟県中越沖地震動物救済本部事務局〒950-8570 新潟市中央区新光町4-1(県庁生活衛生課内)025-280-5206
(社)新潟県獣医師会〒950-0965 新潟市中央区新光町15-2 新潟県公社総合ビル6階025-284-9298
(社)新潟県動物愛護協会〒950-0965 新潟市中央区新光町7-2 新潟県商工会館4階025-284-8201


本件についてのお問い合わせ先
生活衛生課動物愛護・衛生係
(直通)025-280-5206

2007.8.7*************************************************
8月7日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月7日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月7日午後6時現在)
・フード等の提供  犬83件、ねこ46件、その他1件
・飼育動物の健康 犬22件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬31件、ねこ17件、その他3件
・引取り 犬2件、ねこ3件
・脱出届 犬10件、ねこ18件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬156件、ねこ91件、その他9件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月6日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
51317228
ねこ222028
その他000101
71538437


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 避難所の巡回
随時巡回し、状況の確認・飼育相談等を行っています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.6*************************************************
8月6日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月6日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月6日午後6時現在)
・フード等の提供  犬82件、ねこ44件、その他1件
・飼育動物の健康 犬22件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬31件、ねこ17件、その他2件
・引取り 犬2件、ねこ2件
・脱出届 犬10件、ねこ18件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬155件、ねこ88件、その他8件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月6日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
51317227
ねこ222028
その他000101
71538437


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 避難所の巡回
随時巡回し、状況の確認・飼育相談等を行っています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.5*************************************************
8月5日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月5日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付
・フード等の提供 犬79件、ねこ44件、その他1件
・飼育動物の健康 犬22件、ねこ6件、その他4件
・一時預かり 犬30件、ねこ17件、その他1件
・引取り 犬2件、ねこ2件
・脱出届 犬10件、ねこ18件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬8件、ねこ1件
(合計) 犬151件、ねこ88件、その他7件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月5日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央 柏崎保健所合計
413172128
ねこ222028
その他000101
615384137


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 避難所の巡回
随時巡回し、状況の確認・飼育相談等を行っています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.3*************************************************
8月3日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月2日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月1日午後2時現在)
・フード等の提供 犬77件、ねこ39件、その他1件
・飼育動物の健康 犬21件、ねこ5件、その他4件
・一時預かり 犬27件、ねこ16件、その他1件
・引取り 犬2件、ねこ2件
・脱出届 犬10件、ねこ17件、その他1件
・ゲージ等貸出 犬7件、ねこ1件
(合計) 犬145件、ねこ80件、その他7件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月2日午後6時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
4 1416227
ねこ222017
その他000101
61637335


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 避難所の巡回
随時巡回し、状況の確認・飼育相談等を行っています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.8.1*************************************************
8月1日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年8月1日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年8月1日午後2時現在)
・フード等の提供犬74件、ねこ39件、その他1件
・飼育動物の健康犬20件、ねこ5件、その他4件
・一時預かり犬26件、ねこ15件、その他1件
・引取り犬1件、ねこ2件
・脱出届犬9件、ねこ17件、その他1件
・ゲージ等貸出犬7件、ねこ1件
(合計) 犬137件、ねこ79件、その他7件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年8月1日午後2時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
4 1138228
ねこ122016
その他000101
51359335


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 避難所の巡回
随時巡回し、状況の確認・飼育相談等を行っています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.7.31*************************************************
7月31日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年7月31日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年7 月31 日午後2 時現在)
・フード等の提供犬71件、ねこ39件、その他1件
・飼育動物の健康犬20件、ねこ5件、その他4件
・一時預かり犬26件、ねこ14件、その他1件
・引取り犬1件、ねこ2件
・脱出届犬9件、ねこ17件、その他1件
・ゲージ等貸出犬7件、ねこ1件
(合計) 犬134件、ねこ78件、その他7件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年7 月31 日午後2 時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
4 1138228
ねこ122016
その他000101
51359335


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 避難所の巡回
随時巡回し、状況の確認・飼育相談等を行っています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.7.27*************************************************
7月27日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年7月27日
福祉保健部生活衛生課

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と
「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年7 月26 日午後2 時現在)
・フード等の提供犬57件、ねこ29件、ウサギ1件
・飼育動物の健康犬17件、ねこ2件、ウサギ1件、ウズラ1件、
・一時預かり犬17件、ねこ10件、モルモット1件
・引取り犬1件、ねこ2件
・脱出届犬5件、ねこ16件、カメ1件
・ゲージ等貸出犬6件、ねこ1件
(合計) 犬103件、ねこ60件、その他5件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。

○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年7 月26 日午後2 時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
4 738022
ねこ012104
その他001001
4869027


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を
現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 避難所の巡回
随時巡回し、状況の確認・飼育相談等を行っています。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (直通)2680

2007.7.26*************************************************
7月26日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

平成19年7月26日
福祉保健部生活衛生課

新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について
県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、
以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 動物飼育に関する相談受付(平成19 年7 月25 日午後2 時現在)
・フード等の提供犬52件、ねこ27件、ウサギ1件
・飼育動物の健康犬13件、ねこ2件
・一時預かり犬19件、ねこ9件
・引取りねこ2件
・脱出届犬3件、ねこ15件、カメ1件
・ゲージ等貸出犬6件、ねこ1件
(合計) 犬93件、ねこ56件、その他2件

2 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。

○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年7 月25 日午後2 時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
4 738022
ねこ012104
その他000000
4859026


3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を
現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 避難所の巡回
20日までに全避難所の巡回を実施。11ヵ所で動物を確認し、飼育相談を行いました。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (直通)2680

2007.7.26*************************************************
<7月26日付毎日新聞記事>中越沖地震:ネコ消えた被災地 野生の本能で危険避け?

2007.7.24*************************************************
7月24日:新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について


平成19年7月24日
福祉保健部生活衛生課
新潟県報道資料
新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について

県では、新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、関係団体と「新潟県中越沖地震動物救済本部」を設置し、
以下のとおり被災者の支援を行っています。

1 被災動物の一時預かり
県内の動物保護管理センターで、被災により飼えなくなった動物の一時預かりを実施しています。
○ 被災動物の一時預かり頭数(平成19 年7 月23 日午後6 時現在)
動物保護管理センター上越 中越下越魚沼 県央合計
4 518018
ねこ000101
その他000000
4519019


2 動物飼育に関する相談受付(平成19 年7 月23 日午後6 時現在)
・フードの提供等犬43件、ねこ18件、ウサギ1件
・飼育動物の健康犬13件、ねこ2件
・一時預かり犬15件、ねこ3件
・引取りねこ2件
・脱出届犬2件、ねこ13件
(合計) 犬73件、ねこ38件、ウサギ1件

3 支援物資の提供
緊急災害時動物救援本部の協力を得て、ペットフードやペットシーツ、排泄物処理袋等の物資を現地対策本部(柏崎保健所内)を通じて提供しています。

4 避難所の巡回
20日までに全避難所の巡回を実施。11ヵ所で動物を確認し、飼育相談を行いました。

本件についてのお問い合わせ
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田
(直通)025-280-5206 (直通)2680

2007.7.21*************************************************
7月21日:動物救済本部の設置について(第4報)〜郵便局に募金口座を開設しました〜


平成19年7月21日
衛生・廃棄物班

新潟県中越沖地震動物救済本部の設置報告(第4報)〜募金の受付口座(郵便局)の開設〜

新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、新潟県中越沖地震
動物救済本部の活動資金の募金を始めていますが、郵便局の口座を追加で開設しました。

1 新潟県中越沖地震動物救済本部
新潟県地域防災計画に基づき設立され、新潟県、(社)新潟県獣医師会、(社)新潟県動物愛護協会で構成されています。(7/18設立報告済み)

2 活動資金の使い道
避難した動物に対する餌や飼育用品の提供等、動物救済本部の事業に必要な経費に充てます。

3 募金の方法
1)口座振替による募金は、下記口座までお願いします。

郵便局【追加】
郵便振替口座名義
00560-5-96424 新潟県中越沖地震動物救済本部

銀行
銀行名 支店名 口座番号

第四銀行県庁 支店(239) (普)1278325

北越銀行県庁 支店(271) (普)254964

名義: 新潟県中越沖地震動物救済本部
※ 各銀行とも本支店間における窓口での振込については手数料無料です。

2)現金・現金書留による募金は下記までお願いします。
名称 住所 電話

〒950-8570 新潟市中央区新光町4-1 新潟県中越沖地震動物025-280-5206
(県庁生活衛生課内) 救済本部事務局

(社)新潟県獣医師会〒950-0965 新潟市中央区新光町15-2
025-284-9298
新潟県公社総合ビル6階

(社)新潟県動物愛護協会〒950-0965 新潟市中央区新光町7-2
025-284-8201
新潟県商工会館4階

本件についてのお問い合わせ先
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕棚橋
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.7.19*************************************************
7月19日:新潟県中越沖地震動物救済本部の設置について(第3報)〜現地対策本部を設置しました〜(PDF)

新潟県中越沖地震動物救済本部の設置について(第3報)
〜現地対策本部を設置しました〜
新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため設置された新潟県
中越沖地震動物救済本部の現地対策本部が設置されました。

1 新潟県中越沖地震動物救済本部とは
新潟県地域防災計画に基づき設立され、新潟県、(社)新潟県獣医師会、(社)新潟県動物愛護協会で構成されております。

2 現地対策本部で行なう業務
1)ペットフード等支援物資の提供
2)被災動物の健康管理などの相談、応急措置
※(社)新潟県獣医師会の獣医師が無料で対応します(当面10:00−17:00)
3)被災地での適正飼育などの相談
4)被災のため一時的に飼えなくなった動物・迷子動物の一時預かり
5)仮設住宅等での動物の適正飼育のための支援

3 現地対策本部開設場所
柏崎地域振興局健康福祉部(柏崎保健所)駐車場内
(柏崎市鏡町11−9 電話0257−22−4180)

4 その他
現地対策本部以外でも、(社) 新潟県獣医師会では、各動物病院において、来週月曜日まで、
被災者の動物を対象に、地震に起因する応急的診療について無料で行います。

本件についてのお問い合わせ先
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕棚橋
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.7.19*************************************************
7月19日:動物救済本部の設置について(続報)−募金の受付口座開設
新潟県中越沖地震動物救済本部の設置について(続報)
〜募金の受付口座を開設しました〜
新潟県中越沖地震により被災した動物やその飼育者の支援を行うため、新潟県中越沖地震動物救済本部の活動資金の募金を始めました。

1 新潟県中越沖地震動物救済本部とは新潟県地域防災計画に基づき設立され、新潟県、(社)新潟県獣医師会、(社)新潟県動物愛護
協会で構成されております。

2 活動資金の使い道は動物救済本部の下記事業に必要な経費に充てられます。
1)避難した動物に対する餌や飼育用品の提供
2)負傷動物や飼い主不明動物などの保護
3)被災地での適正飼育などの相談窓口の設置
4)被災のため一時的に飼えなくなった動物・迷子動物の一時預かり
5)仮設住宅等での動物の適正飼育のための支援他

3 募金の方法

1)口座振替による募金は、下記口座をご利用下さい。

第四銀行県庁支店(239) (普)1278325
名義>新潟県中越沖地震動物救済本部

北越銀行県庁支店(271) (普)254964
名義>新潟県中越沖地震動物救済本部

名義>新潟県中越沖地震動物救済本部※ 各銀行とも本支店間における窓口での振込については手数料無料です。
※ 現在、郵便局にも口座開設準備中です。今しばらくお待ち下さい。

2)現金・現金書留による募金は、下記にて行っています。

新潟県中越沖地震動物救済本部事務局
〒950-8570 新潟市中央区新光町4-1
(県庁生活衛生課内) 025-280-5206

(社)新潟県獣医師会〒950-0965 新潟市中央区新光町15-2
新潟県公社総合ビル6階025-284-9298

(社)新潟県動物愛護協会〒950-0965 新潟市中央区新光町7-2
新潟県商工会館4階025-284-8201

本件についてのお問い合わせ先
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕棚橋
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.7.18*************************************************
7月18日:動物救済本部の設置について(PDF)
ペットフードの提供、動物の一時預かりなどの事業を行っています。

『新潟県中越沖地震動物救済本部事務局』
Tel 025-280-5206
Fax 025-284-6757
(新潟県福祉保健部生活衛生課動物愛護・衛生係)

2007.7.17*************************************************
7月17日:新潟県中越沖地震に係る被災動物の支援活動(PDF)
(相談窓口)
・中越動物保護管理センター TEL 0258-39-5261
・柏崎地域振興局健康福祉部(衛生環境課) TEL 0257-22-4180
・長岡地域振興局健康福祉環境部(生活衛生課) TEL 0258-33-4936
・魚沼動物保護管理センター TEL 025-792-8621
・上越動物保護管理センター TEL 025-525-9263
・福祉保健部生活衛生課動物愛護・衛生係 TEL 025-280-5206

本件についてのお問い合わせ先
生活衛生課動物愛護・衛生係〔担当〕木田主任
(直通)025-280-5206 (内線)2680

2007.7.16*************************************************
7月16日:新潟県中越沖にて地震発生

2005.03.24*************************************************
福岡県西方沖地震に関する福岡県消防防災安全課からの災害情報

現在までの所、被災動物に関する情報は入手できておりません。
ただし、今でも、玄海島では約350人、福岡市では1000人以上の方が避難されていることから、
家に残されたペット、避難所に同伴されているペット等、どの程度いるのかについて、
今後も、情報収集に努めます。

2005.03.20*************************************************
福岡、佐賀、長崎県などの九州北部地域を中心に、最大震度6弱の強い地震がありました。
気象庁の地震情報はこちらです

今後の被害の状況を見て、当サイトでも再び、情報提供および、要請に応じた救援活動を行いたいと思います。



2005.02.16*************************************************
毎日新聞が、2月16日付で「その手のぬくもりを:中越震災地から 愛犬も、我が家待ちわび−−長岡のペット仮設
と題する記事を発表しました。



2005.01.12*************************************************
日本愛玩動物協会のHPに、中越動物保護管理センターで保護されていたうさぎさんの写真が掲載されています。
新潟県中越地震被災動物救援義援金へのご協力のお願い」のページをご覧下さい。

掲示板に情報をお寄せ下さったパールさんに、この場を借りて御礼申し上げます。



2004.12.25*************************************************
毎日新聞が、12月25日付で「山古志村の老いた雌猫、2カ月ぶりに保護」と題する記事を発表しました。



2004.12.6*************************************************
魚沼動物保護管理センターに保護されていたうさぎさんについて、新潟県動物愛護・衛生係の方から
「本日、無事に飼い主さんのところに戻りました」とのお知らせをいただきました。
ご心配いただきましたみなさま、どうもありがとうございました。

2004.11.29(3)*************************************************
毎日新聞が、11月26日付で「新潟中越地震:盲導犬クララ、避難所でも鳴かずに支え 勇気くれた私の「目」
と題する記事を発表しました。

2004.11.29(2)*************************************************
新潟日報が11月28日付で「山古志ペット、ヘリで初救出」と題する記事を発表しました。



2004.11.29*************************************************
動物保護管理センターに保護されているうさぎについては、現在問い合わせ中です。詳しいことが分かり次第、ご報告します。



2004.11.23(2)*************************************************
動物保護管理センター別動物保護状況の発表によれば
11月22日現在、魚沼保護動物管理センターにうさぎ1匹が一時預かりされたもようです。
こちらの方で何かできることがあるかどうか、すぐに、関係機関に問い合わせる予定です。

掲示板に情報をお寄せ下さったパールさんに、この場を借りて御礼申し上げます。

2004.11.23*************************************************
新潟県保健福祉衛生課から出されていた「山古志村に残された犬ねこ等の救援について」
が更新されました。11月22日、村に残されていた動物達の収容活動が始まりました。
ハムスター2匹の収容が確認されています。


「平成16年新潟県中越地震 被災動物の支援活動について」
の11月22日のリンクから入って下さい。



2004.11.19*************************************************
新潟県保健福祉衛生課から出されていた「山古志村に残された犬ねこ等の救援について」
が更新されました。11月18日現在の最新情報をご覧になれます。


「平成16年新潟県中越地震 被災動物の支援活動について」
のリンクから入って下さい。



2004.11.17(2)*************************************************
毎日新聞が、11月15日付で「新潟中越地震:ペットにもPTSD症状? 一番の薬は飼い主と同居」と題する記事を発表しました。
地震のショックにより、動物たちも心身ともに傷ついています。
仮設住宅でのペット飼育を可能にすることで、この症状を改善できると考えます。
ぜひ、ご一読下さい。

また、要望書「仮設住宅でのペットとの生活について」へのWeb署名へ、引き続きご協力お願いいたします(11月末まで)。



2004.11.17*************************************************
新潟県保健福祉衛生課から出されていた「山古志村に残された犬ねこ等の救援について」
が更新されました。11月15日現在の最新情報をご覧になれます。


「平成16年新潟県中越地震 被災動物の支援活動について」
のリンクから入って下さい。



2004.11.13(2)*************************************************
要望書「仮設住宅でのペットとの生活について」へのWeb署名へ、ご協力お願いいたします。



2004.11.13*************************************************
読売新聞が11月12日付で、
山古志村で震災のため命を落としたニシキゴイと牛たちに関する記事を発表しました。
Topページの左上、「新潟中越地震」のコンテンツにある11月12日付の記事一覧からアクセスして下さい。
*リンク規制によりご不便をおかけします。



2004.11.12(2)*************************************************
山古志村緊急Blogの11日付投稿によりますと、新潟県と県獣医師会が、村に残されていたペットたちのうち、
引き上げられるものは全て一時預かりし始めたそうです。詳しくは、投稿をご覧下さい。



2004.11.12*************************************************
新潟動物ネットワークの方が、11月13日(土)、14日(日) 、避難所を巡回されるそうです。
詳しくは掲示板の11月12日付の投稿にてご確認ください。



2004.11.11*************************************************
新潟県の獣医さんたちが協力し合い、
仮設住宅でのペットとの生活について」と題する要望書を県や国の関係機関に提出しようとしています。
そして、同時に、この主旨に賛同して下さる方のWEB署名も募っています。
長岡市ではすでに仮設住宅でのペット可が認められたと報道がありましたが、他の市町村では確認されていません。
被災地のすべての動物の飼い主さんが、復興の道を力強く歩んでいくためにも、大切な家族であるペットとの同居は、
大切です。主旨にご賛同できる方は、ぜひご協力下さい。
(以上の情報をお知らせいただきましたみゆきさんに、この場を借りて御礼を申し上げます)



2004.11.10(2)*************************************************
新潟県保健福祉衛生課から出されていた「山古志村に残された犬ねこ等の救援について」
が更新されました。11月10日現在の最新情報をご覧になれます。


「平成16年新潟県中越地震 被災動物の支援活動について」
のリンクから入って下さい。



2004.11.10*************************************************
(株)レスキューナウ・ドット・ネット」のサイトに、
ペット防災ネットワークが提供している「ペットのための防災」のページが設けられています。
特に中越地震に限ったことではありませんが、それ以前から、ペットオーナーの危機管理について、
大変参考になる情報を提供しておられます。ぜひご覧下さい(リンク了承済)。



2004.11.9*************************************************
朝日新聞が、11月9日付で、「被災地のペット救え 中越地震で獣医師ら奔走
と題する記事を発表しました。かなり読み応えのある記事です。
また、11月8日付の「脱出の練習したワン!」と題する記事では、
東京で行われたペット同行の避難訓練について報じています。
それぞれの記事から、asahi.comの該当ページへリンクしております。ぜひご一読を。



2004.11.8*************************************************
時事通信社が、11月8日付けで、<「ペットと一緒にいたい」=テント、仮設住宅も同居可能に−新潟
と題する記事を発表しました。Yahoo!ニュースにリンクしています。



2004.11.7(2)*************************************************
読売新聞が11月6日付で、
被災地とペットに関する記事を発表しました。
Topページの左上、「新潟中越地震」のコンテンツにある11月6日付の記事一覧からアクセスして下さい。
*リンク規制によりご不便をおかけします。

2004.11.7*************************************************
2004.11.6(2)でご紹介した長岡市のペット用の避難所について。
毎日新聞の写真にて、その様子がごらんになれます。



2004.11.6 (2)*************************************************
新潟日報の最新情報によれば、長岡市の新産体育館に
ペット用の避難テントが設置されたことがわかりました。



2004.11.6 *************************************************
新潟県保健福祉衛生課から出されていた「山古志村に残された犬ねこ等の救援について」
が更新されました。11月5日現在の最新情報をご覧になれます。


「平成16年新潟県中越地震 被災動物の支援活動について」
のリンクから入って下さい。



2004.11.5*************************************************
共同通信社記事「ペット同伴OKのテントも 「心の支え」とケアの動き」(11月1日付)


共同通信社の新潟中越地震関係のリンクはこちら



2004.11.4 *************************************************
新潟動物ネットワークの方が、11月6日(土)、7日(日) 、避難所を巡回されるそうです。
詳しくは掲示板の11月3日付の投稿にてご確認ください。



2004.11.3 *************************************************
新潟県保健福祉衛生課から出されていた「山古志村に残された犬ねこ等の救援について」
が更新されました。11月3日16時現在の最新情報をご覧になれます。


「平成16年新潟県中越地震 被災動物の支援活動について」
のリンクから入って下さい。



2004.11.1(4) *************************************************
新潟県、日本動物愛護協会他、各組織が立ち上げた動物救援本部への義援金について、
口座名がより簡略化されました。よって、更新された文章を以下、全文転載いたします。


今般の新潟県中越地震における被災活動の一環として動物を救済すべく、
新潟県生活衛生課の要請にもとづき、昨日(10/27)、
政府認可の5法人(日本動物愛護協会、日本動物福祉協会、日本愛玩動物協会、
日本動物保護管理協会及び日本獣医師会)で構成される
緊急災害時動物救援本部と新潟県は、動物愛精神及び人と動物の絆を守る観点から、
「新潟県中越地震動物救済仮本部」を立ちあげました。
併せまして、資金援助と使途を正確に管理すべく、受け皿として下記の口座を開設いたしましたので、
皆様のご協力を衷心よりお願い申し上げます。


■ 口座 : 三井住友銀行麻布支店(店番号.270)普通預金口座
■ 口座番号 : 0964065
■名義 :「緊急災害時動物救援本部 新潟県中越地震動物救済基金」
新潟地震動物救済」という略称で対応していただけることになりました。

以上、転載終わり


2004.11.1(3) *************************************************
新潟県生活衛生課動物愛護・衛生係の方へ、
動物管理センターにおけるうさぎの預かり状況をお伺いしたところ、
以下のようなご返答をいただきました。以下、全文転載いたします(転載了承済み)。

当県では新潟県中越地震にかかる動物の預かりは、犬・ねこに限らず、
すべての愛玩動物について実施しておりますが、
今のところ犬、ねこ以外に預かりの依頼はございません。
また、フード等につきましてもこちらで十分対応できますので
ご安心ください。今後とも応援をよろしくお願いします。


以上、転載終わり。


2004.11.1(2) *************************************************
義援金について
義援金の募集についてのお問い合わせをいただいておりますが、
当サイトでは個別に募集をすることはありません。
義援金詐欺などの被害報告も多く出ておりますので、
篤志をお持ちの方は、何卒ご注意下さい。
なお、現段階で、被災動物救援のための、一番確実な義援金の振り込み先は、
新潟県と日本動物愛護協会が立ち上げた
緊急災害時動物救援本部 新潟県中越地震動物救済基金
です。以下、動物救援本部のホームページより、全文転載します。


◆ 新潟県中越地震動物救済基金・ボランティアの受付窓口の開設

 [開設基金]
 口   座  三井住友銀行麻布支店(店番号.270)普通預金口座
 口座番号  NO.0964065
 名   義  緊急災害時動物救援本部 新潟県中越地震動物救済基金

上記基金及びボランティア活動に関するお問い合わせは  
新潟県中越地震動物救済仮本部 (財団法人日本動物愛護協会内)    
〒107-0062 港区南青山7ー8ー1小田急南青山ビル6F   
 TEL/FAX 03-3409-1868   
※日本動物愛護協会ホームページ → http://www.jspca.or.jp/

(以上、転載終わり)


また、上記の記述によって、ここでご紹介しているNPOなど民間団体への
義援金寄付を警告するものではけっしてありませんが、その内容、信頼性
については、各自、ご確認の上、自己責任にて行っていただけますようお願いいたします。


2004.11.1 *************************************************
新潟県福祉保健部生活衛生課から
山古志村に残された犬ねこ等の救援について」の情報が公表されました(10月31日公表)
ウサギ2匹についても、犬猫とともに報告されています。

[2004.11.3追記]リンク切れを起こすようなので、
「平成16年新潟県中越地震 被災動物の支援活動について」
のリンクから入って下さい。
2004.10.31(6) *************************************************
「中越元気村」の方々が、小千谷高校避難所にて、
ペットと住むこともできるテントの仮設など、ボランティアに取り組んでおられます。
くわしくは、『緊急!新潟中部地震災害支援情報』をご覧下さい。

また、この「中越元気村」を拠点として、西湘どうぶつ愛護会の方々も、
被災動物支援活動に参加されています
ブログでは、こうした彼らの活動が紹介されており、
山古志村にて救出した動物などの情報についても随時報告されています。
ぜひご覧下さい。


2004.10.31(5) *************************************************
新潟日報の最新情報によれば、山古志村に取り残された動物たちの中に、
うさぎも含まれていることがわかりました。


2004.10.31(4) *************************************************
時事通信社が、新潟地震・避難所で共に暮らすペットの写真を公開しました. 
避難所で、自宅で、動物たちを守りながら過ごしているみなさん、がんばれ!
(出自:Yahoo News 写真)


2004.10.31(3) *************************************************
新潟県の平成16年新潟県中越地震に関する情報から、
平成16年新潟県中越地震被災動物の支援活動について


2004.10.31(2) *************************************************
(社)新潟県獣医師会では動物病院に診療依頼のあった被災動物のうち、
応急手当を行った動物の診療費を無料としているそうです
(出自:新潟県福祉保健部生活衛生課)。


2004.10.31 *************************************************
「動物救済本部」設置についての毎日新聞の報道(Yahooニュースより)


2004.10.30 (6)*************************************************
新潟動物ネットワークの方が、10月31日(日)、長岡を中心とした被災地域を巡回されるそうです。詳しくは掲示板にてご確認ください。


2004.10.30 (5)*************************************************
クロネコヤマトが、被災地域への荷受けを一部再開しました。


2004.10.30 (4)*************************************************
新潟県福祉保健部生活衛生課より
平成16年新潟県中越地震 被災動物の支援活動について


2004.10.30 (3)*************************************************
現地の情報が非常によくわかるブログです
1.新潟中越地震「現地発」情報 地域別整理blog

2.新潟中越地震 被災者救援本部@2chの中の情報で、被災ペットに関する最新情報が公開されています。

3.Doogy ワンだー!ランド被災動物支援情報のまとめ


2004.10.30 (2)*************************************************
日本動物愛護協会のホームページより
新潟県中越地震動物救済 仮本部が設立されました

平成16年新潟県中越地震の被災動物への対応について




2004.10.30*************************************************

「箱うさぎ」さんで、現地の方からのSOSが来ていることが報告されています。



2004.10.29(3)*************************************************
新潟動物ネットワークの掲示板で、被災地域のペットたちの状況が寄せられています。



2004.10.29(2)*************************************************
日本動物愛護協会:平成16年新潟県中越地震の被災動物への対応について


2004.10.29****************************************************
被災したうさ飼いさんとうさぎを救うための情報掲示板を設置しました

私たちうさ飼いが、最低限やれることを考えてみました。

*現地ボランティア

○生存しているうさぎさんたちについて

a.飼い主さんが避難所または家屋にて、うさぎと共に避難している場合
→ペレット、牧草、ペットシーツの配給
→一時預かりの希望があるかどうかアンケート

b.倒壊した家屋に残されてしまったうさぎさんたちについて
→水、ペレット、牧草の配給
→トイレの世話
→必要があれば獣医さんでの治療
c.飼い主さんの生活困難により、一時預かりの必要がある子について
→一時預かり先との橋渡し。搬送。

以上の活動は、いずれも、動物愛護協会の災害対策本部を拠点として行う。

○亡くなった子たちについて
命を失ったうさぎさんについては、本当にお気の毒ですが、なるべく早く正確な数と死因をリストアップすること。
これは、今後の防災の教訓になると思います。

*自宅ボランティア(最低必要人数)
○HPおよび情報掲示板開設、総合管理者 1人
○義援金募集に関わる呼びかけと事務連絡、会計、報告担当 1人
○物資提供の募集に関わる呼びかけと事務連絡担当 1人
○現地ボランティアの募集に関わる呼びかけと交通機関、宿泊先の紹介等、事務連絡担当 1人
○一時預かり先の募集に関わる呼びかけと事務連絡担当 1人
****************************************************************